意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「たゆまぬ努力」とは?意味や使い方!例文や解釈

「たゆまぬ努力」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「たゆまぬ努力」という言葉を使った例文や、「たゆまぬ努力」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「たゆまぬ努力」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「たゆまぬ努力」とは?
  • 「たゆまぬ努力」を使った例文や短文など
  • 「たゆまぬ努力」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「たゆまぬ努力」の反対語
  • 「たゆまぬ努力」を続けるコツ


「たゆまぬ努力」とは?

「たゆまぬ努力」という言葉を知っているでしょうか。

現在も仕事や趣味に対して、「たゆまぬ努力」を続けている人がいるかもしれません。

一方で、「たゆまぬ努力」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「たゆまぬ努力」という言葉の意味を紹介します。

  • 「たゆまぬ努力」の読み方
  • 「たゆまぬ努力」の意味

「たゆまぬ努力」の読み方

「たゆまぬ努力」「たゆまぬどりょく」と読みます。

「努力」「どりょく」と読みます。

また「たゆまぬ」を漢字にすると「弛まぬ」という漢字表記になります。

「たゆまぬ努力」「弛まぬ努力」と表記されることもあるため、知っておきましょう。

「たゆまぬ努力」の意味

「たゆまぬ努力」という言葉の意味を紹介します。

「たゆまぬ努力」には「途切れなく続いている努力」「努力を緩めることなく常に努力すること」という意味があります。

例えば受験勉強のために、毎日怠けずに、一日2時間から3時間勉強できる人は、「弛まぬ努力」を続けられる人と言えるでしょう。

このように「たゆまぬ努力」には、「怠けることなく、常に努力すること」という意味があります。



「たゆまぬ努力」を使った例文や短文など

「たゆまぬ努力」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「たゆまぬ努力」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「たゆまぬ努力」を使った例文1
  • 「たゆまぬ努力」を使った例文2

「たゆまぬ努力」を使った例文1

「Aさんは『たゆまぬ努力』を続けて弁護士になった」

この例文のように、司法試験のための勉強を長年続けて、晴れて弁護士になった人もいるでしょう。

一時的に勉強を頑張ることは誰にでもできても、数年間努力を続けることは、簡単ではありません。

「たゆまぬ努力」を使った例文2

「Bさんは夢を叶えるために、仕事と勉強の両面で『たゆまぬ努力』を続けた」

この例文に登場するBさんのように、仕事をしながら、夢の実現のための勉強を続けた人がいるかもしれません。

夢の実現に絞るより、仕事をしながらの方が体力的にも精神的にも大変かもしれません。

「たゆまぬ努力」の類語や類似表現や似た言葉

「たゆまぬ努力」の類語や類似表現を紹介します。

「たゆまぬ努力」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「長年の努力」
  • 「努力の蓄積」
  • 「コツコツ頑張る」

「長年の努力」

「長年の努力」という言葉には、「長い間、努力を続ける」という意味があります。

ちなみに「努力」には、「目標を達成するため、心や体を使って努めること」という意味があります。

人は10年間本気で取り組むと、何者にでもなれると言われています。

「長年の努力」はきっと、目標を達成するための力になるでしょう。

「努力の蓄積」

「努力の蓄積」には、「努力を積み重ねること」という意味があります。

毎日のように、努力を続けることで、何かを達成することにつながるでしょう。

毎日1の努力でも、一年間で365の努力になるため、毎日少しずつ、努力を続けることが大切になるでしょう。

「コツコツ頑張る」

「コツコツ頑張る」には、「地道に諦めず、少しずつ物事を進められるよう頑張ること」を言います。

決して派手ではありませんが、毎日10分でも努力することが、何かを達成する力になるでしょう。

例えば素敵な笑顔を作るために、鏡の前で毎日少しずつ口角を上げることは、数年後、誰にも負けないような笑顔につながるかもしれません。



「たゆまぬ努力」の反対語

続いて「たゆまぬ努力」という言葉の、反対語を紹介します。

「たゆまぬ努力」の反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「三日坊主」
  • 「飽きやすい性格」

「三日坊主」

「三日坊主」には、「非常に飽きっぽく、長続きしない」「三日で飽きる」という意味があります。

例えばダイエットをして、夏までにボディラインを整えようとしたのに、ダイエットが三日しか続かない時、「三日坊主」と言われてしまいます。

また「三日坊主」の言葉の由来は、坊主になるために、出家したのは言いものの、坊主の厳しい生活に耐えられず、三日で俗人に戻ってしまう人がいたためです。

このように、「三日坊主」「坊主」はお坊さんというのは、知っていると面白いかもしれません。

「飽きやすい性格」

「飽きやすい性格」には、「すぐに飽きてしまう性格」「興味が長続きしない性格」という意味があります。

「英会話の勉強をしよう」と思ったものの、すぐに勉強に飽きてしまい、英会話の勉強をしようと思ったことすら忘れてしまうような人がいます。

このような人は「飽きやすい性格」と言えるでしょう。

「たゆまぬ努力」を続けるコツ

「たゆまぬ努力」を続けようとして、途中で挫折してしまう人がいます。

「たゆまぬ努力」を続けるためには、どのようなコツが必要になるでしょうか。

  • 「目標を決める」
  • 「無理のないスケジュールを組む」
  • 「休養日を作る」

「目標を決める」

「たゆまぬ努力」を続けるためには、モチベーションを維持する必要があります。

そのために、「目標を決める」といいでしょう。

明確な目標があれば、努力の先にご褒美が待っています。

そのため、モチベーションを高く維持したまま、努力を続けられます。

逆に無目的で「たゆまぬ努力」を続けるのは難しいでしょう。

「無理のないスケジュールを組む」

「無理のないスケジュールを組む」ことも大切です。

例えば、一日2時間の努力のための時間を作ることはできても、5時間毎日時間を作るのは難しいかもしれません。

それなのに、「毎日5時間頑張ろう」と無理なスケジュールを組んでしまうと、長く続けるのが困難になります。

長期的に「たゆまぬ努力」を続けるためには、確実にこなせるスケジュールを組むようにしましょう。

「休養日を作る」

「たゆまぬ努力」を続けるためには、休養日も必要になります。

例えば月に一度は完全な休養日にするなど、休みの日を作ると、その日があるため努力を続けやすくなります。

icon まとめ

「たゆまぬ努力」という言葉について見てきました。

これから何かを達成するためには、「たゆまぬ努力」が必要になるかもしれません。

明確な目標を立てて、無理のないスケジュールを組み、コツコツと継続的に努力を続けましょう。