意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「たゆまぬ情熱」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、「弛まぬ情熱」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、どのような場面で耳にしたことがあるか覚えているでしょうか? この言葉は、人の感情の表わす言葉の1つですが、このような思いを体現している人は、常識では考えられないような素晴らしい結果をもたらすこともあります。

そこで、ここでは「弛まぬ情熱」について説明していくことにします。

たゆまぬ情熱

Meaning-Book
「たゆまぬ情熱」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「弛まぬ情熱」とは?
  • 「弛まぬ情熱」の表現の使い方
  • 「弛まぬ情熱」の「弛まぬ」とは?
  • 「弛まぬ情熱」を使った例文と意味を解釈
  • 「弛まぬ情熱」の類語や類義語・言い換え

「弛まぬ情熱」とは?

「弛まぬ情熱」を解釈するは、「物事に対して激しく燃え上がる感情が、ずっと続いていること」「絶えることのない熱した感情」という意味があります。

「弛まぬ情熱」の表現の使い方

「弛まぬ情熱」「終わることのない熱い思い」という意味を持つことから、何かの目標に向かって必死で努力しているような時に使われています。

普通であれば、到底成功することができないような困難なことでも、「成功する」という強い思いを持って突き進んでいる人などを指して言う場合があります。

「弛まぬ情熱」の「弛まぬ」とは?

「弛まぬ情熱」で使われる「弛まぬ」はマ行五段活用動詞の「弛む」の未然形の「弛ま」に、否定形の助動詞「ぬ」が付いた形の表現です。

意味としては、「途絶えることのない」「着実な」という意味になります。

「弛まぬ情熱」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「弛まぬ情熱」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみましょう。

  • 「弛まぬ情熱」を使った例文1
  • 「弛まぬ情熱」を使った例文2

「弛まぬ情熱」を使った例文1

「弛まぬ情熱があったからこそ、あの難しい問題も何とかクリアすることができたのです」

どんなに難しい課題があったとしても、「弛まぬ情熱」「成功の鍵であると言うこと」ができます。

目標に向かって努力を続けている人は、その胸に内に熱い思いを秘めています。

その思いを消すことなく持ち続けて、努力を積み重ねていくことで、大きな成功を手にすることができるのです。

「弛まぬ情熱」を使った例文2

「担当者の弛まぬ情熱のおかけで、私達は何とか、イベントを実施することができました」

「弛まぬ情熱」はこの例文でも見ることができますが、ここでは開催が難しいと思われていたイベントも、担当者の「弛まぬ情熱」のおかげで何とか開催することができたのです。

「弛まぬ情熱」の類語や類義語・言い換え

「弛まぬ情熱」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉で表現することができるか見ていくことにしましょう。

  • 「尽きることのない情熱」
  • 「熱い思いが続く」
  • 「消えることのない思い」

「尽きることのない情熱」

「尽きることのない情熱」という言葉が、「弛まぬ情熱」の類義語として挙げることができます。

この言葉には「情熱が終わることがない」「途絶えることがない情熱」という意味があり、このような気持ちを持っている人は、強い信念を持っている人と言えるでしょう。

「熱い思いが続く」

「熱い思いが続く」も類義語の1つとして扱うことができますが、「弛まぬ情熱」より、ストレートで素直な言い回しになっています。

「熱い思いが続く」ということは、ある物事に対して注がれる思いが、それだけ強いということです。

「消えることのない思い」

「消えることのない思い」「弛まぬ情熱」に近い意味も持っている表現ですが、「人に対する思いが強い」というイメージがあります。

icon まとめ

「弛まぬ情熱」という言葉には、人の強い意志と力強さを感じさせるものがあります。

このことは、何か目標を持っており、必死で頑張っている人の姿を如実に表していると思いますが、常にこのような思いを持っておくことが大切です。

ビジネスの世界では、「強い信念」「弛まぬ情熱」を持っている人が、大きな成功をもたらしています。

しかし、大きな成功だけでなく、小さな成功でも「弛まぬ情熱」を持ち続けていることが、人生の励みにもなるわけです。