意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「よりを戻す」とは?意味や類語!例文や漢字も解釈

「よりを戻す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「よりを戻す」という言葉を使った例文や、「よりを戻す」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「よりを戻す」とは?意味や類語!例文や漢字も解釈>


目次

  • 「よりを戻す」とは?
  • 「よりを戻す」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「よりを戻す」を使った例文や短文など

「よりを戻す」とは?

みなさんは「よりを戻す」という言葉を知っているでしょうか。

「彼女とよりを戻した」という経験がある男性もいるでしょう。

一方で、「よりを戻す」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「よりを戻す」という言葉の意味を紹介します。

  • 「よりを戻す」の読み方
  • 「よりを戻す」の意味

「よりを戻す」の読み方

「よりを戻す」「よりをもどす」と読みます。

また「より」「縒り」という難しい漢字で表記できます。

これを機会に、「よりを戻す」「よりをもどす」と読み、「より」「縒り」と表記できることを知っておきましょう。

「よりを戻す」の意味

「よりを戻す」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「よりを戻す」には、「物事を元通りにする」という意味や、「男女の仲を元通りにする」という意味があります。

特に「よりを戻す」は後者の意味で使われることが多くなっています。

「彼女とよりを戻す」という言葉には、「別れた彼女と、男女の仲に戻る」という意味があります。

カップルが別れて、普通の友達に戻ってしばらく経ってから、再び恋心を抱き、カップルに戻る時、「よりを戻す」という言葉を使います。

「よりを戻す」の類語や類似表現や似た言葉

次に「よりを戻す」の類語や類似表現を紹介します。

「よりを戻す」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「復縁する」
  • 「元のさやに納まる」

「復縁する」

「復縁する」には、「離婚した夫婦が、再び結婚し、元の関係に戻ること」という意味があります。

「Aさんは、前の奥さんと復縁したらしいよ」という時、Aさんが、前の奥さんと再び婚姻関係を結び直し、夫婦になったという意味になります。

「元のさやに納まる」

「元のさやに戻る」には、「いったん仲たがいした同士が、元の関係に戻ること」という意味があります。

仲の良い友達同士に使うこともありますが、ほとんどの場合、恋愛関係の男女に対して使われます。

例えばケンカをして、一か月ほど会っていなかったカップルが、仲直りをした時、周囲の人は「元のさやに納まったね」などと言って安堵します。

「よりを戻す」を使った例文や短文など

次に「よりを戻す」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「よりを戻す」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「よりを戻す」を使った例文1
  • 「よりを戻す」を使った例文2

「よりを戻す」を使った例文1

「彼が転職したのを機に、『よりを戻す』ことになった」

この例文には、別れたカップルが再びもとの関係に戻ったという意味があります。

彼が以前の会社で忙しく、彼女にかまう時間が無かったことが別れた理由なら、彼が転職したことがきっかけで、「よりを戻す」こともあるでしょう。

「よりを戻す」を使った例文2

「DVをする彼氏と『よりを戻す』のは反対だ」

この例文のように、「よりを戻す」ことが良いことというわけではないケースもあります。

DVをして彼女を傷つけるような男性と別れた時、周囲の人は嬉しく思うでしょう。

しかし、元の関係に戻ると聞けば、必ず反対するはずです。

別れてしばらく経ってしまうと、「なぜ別れたか」を忘れてしまうことがあります。

楽しかった思い出だけを思い出して「よりを戻し」、その後、同じようにDVを受けて、後悔することになるかもしれません。

「よりを戻そう」と思った時は、「なぜ別れたか」に注目してみましょう。

icon まとめ

「よりを戻す」という言葉について見てきました。

別れた男女が元の関係に戻る時などに、「よりを戻す」という言葉を使ってみましょう。