意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「毒気を抜かれる」の慣用句での意味とは!類語や言い換え!例文や表現の使い方

「毒気を抜かれる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「毒気を抜かれる」という言葉を使った例文や、「毒気を抜かれる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「毒気を抜かれる」の慣用句での意味とは!類語や言い換え!例文や表現の使い方>


目次

  • 「毒気を抜かれる」とは?
  • 「毒気を抜かれる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「毒気を抜かれる」を使った例文や短文など

「毒気を抜かれる」とは?

「毒気を抜かれる」という言葉を知っているでしょうか。

怒っている時に、相手の泣き顔を見て、「毒気を抜かれる」という人もいるでしょう。

一方で、「毒気を抜かれる」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「毒気を抜かれる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「毒気を抜かれる」の読み方
  • 「毒気を抜かれる」の意味

「毒気を抜かれる」の読み方

「毒気を抜かれる」「どくけをぬかれる」と読みます。

「毒気」「どくけ」「抜かれる」「ぬかれる」という意味があります。

これを機会に、「毒気を抜かれる」「どくけをぬかれる」と読みましょう。

「毒気を抜かれる」の意味

「毒気を抜かれる」という言葉の意味を紹介します。

「毒気を抜かれる」には、「攻撃的な気持ちが衰えること」または、「びっくりさせられて、呆然とすること」という意味があります。

本格的に説教しようとしていたのに、部下の女性社員が泣き出してしまったため、攻撃的な気持ちが衰えることを、「泣き顔に毒気を抜かれる」と表現できます。

このように、「毒気を抜かれる」には、「攻撃的な気持ちが衰えること」「びっくりさせられて呆然とすること」という意味があります。

「毒気を抜かれる」の類語や類似表現や似た言葉

次に「毒気を抜かれる」の類語や類似表現を紹介します。

「毒気を抜かれる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「唖然とする」
  • 「開いた口がふさがらない」

「唖然とする」

「唖然とする」「あぜんとする」と読みます。

「唖然とする」には、「感動や衝撃などにより、言葉が出ない様子」という意味があります。

「西の空にUFOを見て、唖然とする」などという使い方をします。

「開いた口がふさがらない」

「開いた口がふさがらない」には「呆れ果てて、呆然とすること」という意味があります。

例えば勤務時間になっても出社しない後輩社員に電話をすると、まだ家で寝ていた時、呆れ果てて呆然とするため、「開いた口がふさがらない」かもしれません。

「毒気を抜かれる」を使った例文や短文など

「毒気を抜かれる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「毒気を抜かれる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「毒気を抜かれる」を使った例文1
  • 「毒気を抜かれる」を使った例文2

「毒気を抜かれる」を使った例文1

「夜道に後ろから大声で呼びかけられ、『毒気を抜かれる』」

夜道を歩いているだけで怖いのに、大声で呼びかけられたら、呆然としてしまうほどショックでしょう。

このような時の呆然とした様子を、「毒気を抜かれる」と言います。

「毒気を抜かれる」を使った例文2

「イノシシ狩りをしていたが、イノシシの子供の姿を見て、『毒気を抜かれる』」

この例文は、イノシシ狩りをしていた時、その後ろに子供のイノシシを見つけてしまい、射撃をする気持ちがなくなったという意味があります。

このように敵だと思っていた相手に、家族愛などを見出すと、攻撃的な気持ちが失せてしまうことがあります。

icon まとめ

「毒気を抜かれる」という言葉について見てきました。

びっくりして呆然とした時、攻撃的な気持ちが萎えた時、「毒気を抜かれる」という言葉を使ってみましょう。