意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「才気煥発」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「才気煥発」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「才気煥発」という言葉を使った例文や、「才気煥発」の類語を紹介して行きます。

才気煥発

Meaning-Book
「才気煥発」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「才気煥発」とは?
  • 「才気煥発」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「才気煥発」を使った例文や短文など

「才気煥発」とは?

みなさんは「才気煥発」という言葉を知っているでしょうか。

誰かに対しての褒め言葉として、「才気煥発」という言葉を使った経験があるかもしれません。

一方で、「才気煥発」という言葉をまるで、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「才気煥発」という言葉の意味を紹介します。

  • 「才気煥発」の読み方
  • 「才気煥発」の意味

「才気煥発」の読み方

「才気煥発」「さいきかんぱつ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「才気煥発」の意味

「才気煥発」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「才気煥発」には、「優れた才能が外にあふれ出る様子」という意味があります。

見るからに才能があふれている人を見た時、「才気煥発」という褒め言葉を使えます。

人より秀でた活躍を続けている若いアスリートを見ると、「才気煥発」という言葉を使いたくなるかもしれません。

「才気煥発」の類語や類似表現や似た言葉

次に「才気煥発」の類語や類似表現を紹介します。

「才気煥発」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「脱俗超凡」
  • 「逸材」

「脱俗超凡」

「脱俗超凡」「だつぞくちょうぼん」と読みます。

今回初めて目にした四文字熟語という人が、多いかもしれません。

「脱俗超凡」には、「世俗を超越していて、凡人をはるかに超えていること」という意味があります。

並大抵の才能の持ち主にはふさわしい言葉ではなく、かなりの天才や能力者に対して、「脱俗超凡」という言葉を使えそうです。

「逸材」

「逸材」には「抜きん出た才能」という意味があります。

また「抜きん出た才能の持ち主」という意味もあります。

「彼は百年に一度の逸材だ」という場合、100年に一度しか現れないような抜きん出た才能の持ち主だという意味があります。

「才気煥発」を使った例文や短文など

続いて「才気煥発」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「才気煥発」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「才気煥発」を使った例文1
  • 「才気煥発」を使った例文2

「才気煥発」を使った例文1

「今年のドラフト一位選手は、『才気煥発』」で、活躍も目覚ましい」

この例文に登場するのは、見るからに才能に満ち溢れたアスリートです。

実際にドラフトで一位になるような選手は、「才気煥発」という言葉がふさわしい存在かもしれません。

さらにこの選手は、一位の期待に応えて活躍しているようです。

監督から見ても、チームメイトから見ても、ファンから見ても「この選手は物が違う」と思うような選手に対して、「才気煥発」という言葉を使いましょう。

「才気煥発」を使った例文2

「小さな頃から『才気煥発』と呼ばれているが、ひるむ様子もない」

この例文は、小さな頃から「この子は逸材だ」などと言われて育った人が、いつまでも堂々としている様子を文章にしたものです。

あまり褒められると、照れたりプレッシャーに感じたりしてしまいがちですが、本当に才能がある人は、「才気煥発」と呼ばれてもひるんだりせず、まるで気にしないのかもしれません。

icon まとめ

「才気煥発」という言葉について見てきました。

優れた才能にあふれていて、そのことを外から見てもすぐに理解できるような人を見た時に、「才気煥発」という言葉を使ってみましょう。

特にスポーツ選手の中で、優れた才能の持ち主に対して、「才気煥発」を使ってみましょう。