意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「顔を赤める」とは?意味!徹底解説

「顔を赤める」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「顔を赤める」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「顔を赤める」とは?意味!徹底解説>


目次

  • 「顔を赤める」とは?
  • 「赤める」の類語
  • 「顔を赤める」を使った例文と意味を解釈

「顔を赤める」とは?

「顔を赤める」という言葉を知っているでしょうか。

誰かに告白されて、「顔を赤めた」経験があるかもしれません。

一方で、「顔を赤める」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「顔を赤める」の意味を紹介します。

  • 「顔を赤める」の意味1
  • 「顔を赤める」の意味2

「顔を赤める」の意味1

「顔を赤める」には、「恥ずかしくて顔が赤くなる」という意味があります。

このように「顔を赤める」には「恥ずかしがる」という意味があります。

告白された時に、「顔を赤めた」人は、恥ずかしくなり赤面したのでしょう。

「顔を赤める」の意味2

「顔を赤める」には、もう一つの意味があります。

「顔を赤める」には、「腹を立てて、顔が赤くなる」という意味があります。

このように「怒っている」時も「顔を赤める」という言葉を使えます。

「赤める」の類語

「顔を赤める」の類語には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「顔を赤める」と言い換えられるような言葉を紹介します。

  • 「顔から火が出る」
  • 「鬼の形相」

「顔から火が出る」

「顔から火が出る」には、「恥ずかしさなどにより、顔が赤くなる」という意味があります。

例えば失敗した場面を他の人に見られた時、「顔から火が出る」ように、顔が赤くなるかもしれません。

「鬼の形相」

「鬼の形相」には、「怒りなどの感情で、顔が鬼のようになること」という意味があります。

例えば生徒を叱る先生の顔が、優しい表情から、徐々に「鬼の形相」になるかもしれません。

また試合をする前のボクサーなどは、「鬼の形相」を作るかもしれません。

「顔を赤める」を使った例文と意味を解釈

最後に、「顔を赤める」を使った例文を紹介し、意味を解釈して行きます。

「顔を赤める」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「顔を赤める」を使った例文
  • 「顔を赤める」を使った例文

「顔を赤める」を使った例文

「大好きな男性と部屋で二人きりになり、『顔を赤める』女性」

この例文のような経験をした女性は多いかもしれません。

クラスや職場などで、たまたま好きな人と二人きりになると、恥ずかしくなり顔が赤くなってしまうかもしれません。

嬉しいのですが、恥ずかしすぎて、声が出なくなってしまうかもしれません。

「顔を赤める」を使った例文

「敬語を使えない社員を見て、社長が『顔を赤める』」

この例文は、社会マナーのひとつ、慶賀尾を使えない社員がいることを知り、社長の顔色が赤く変化した場面になります。

この後、この社員の上司や教育係が呼び出されて、説教が始まるかもしれません。

このように「顔を赤める」「恥ずかしい」気持ち、「怒り」の気持ちのどちらでも、仕える便利な言葉になります。

icon まとめ

「顔を赤める」という言葉について見てきました。

恥ずかしさで顔が赤くなった時、怒りで顔色が赤く変化した時は、「顔を赤める」という言葉を使ってみましょう。