意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熱を入れる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「熱を入れる」という表現を知っているでしょうか。

例えば部活や受験等で熱を入れた経験を持つ人もいるかもしれません。

ここでは「熱を入れる」、という表現について紹介します。

熱を入れる

Meaning-Book
「熱を入れる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「熱を入れる」とは?
  • 「熱を入れる」の表現の使い方
  • 「熱を入れる」を使った例文と意味を解釈
  • 4「熱を入れる」の類語や類義語・言い換え

「熱を入れる」とは?

「熱を入れる」という表現は熱意を込める、一生懸命に取り組む、熱心に取り組む、という意味になります。

誰でも何かに夢中になった経験はあるのではないでしょうか。

例えば、高校生の時は部活に熱を入れた、あるいは友人の試合で熱を入れて応援した、という人もいるかもしれません。

受験などに一生懸命になった場合も熱を入れたと表現できます。

「熱を入れる」の表現の使い方

人間は誰しも何かに夢中になった経験を持ちますよね。

資格の獲得に夢中になった、ゲームのクリアに夢中になった、など、その経験は様々かもしれませんが、何かに打ち込んだ経験はあるのではないでしょうか。

そのような時に「熱を入れる」という表現が使えます。

ダイエットに熱を入れた、という人もいるかもしれませんね。

ダイエットがなんとなくうまくいかず、いつまでもダイエットに熱を入れているという人もいるのではないでしょうか。

  • 「熱の入れよう」とは?

「熱の入れよう」とは?

熱の入れよう、という表現は大変に愛着を持っている様子、という意味もありますが、ここでも熱を上げている、という意味があります。

それ以外にも「結構な熱の入れよう」「熱の入れようが半端でない」などと表現されることもあります。

相当程度に熱中している、マニアックである、などという場合にも使われます。

「熱を入れる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「熱を入れる」を使った例文1
  • 「熱を入れる」を使った例文2

「熱を入れる」を使った例文1

「入社当初は大変そうでしたが、息子は仕事に熱を入れて取り組んでいます」

仕事が楽しくなると、一生懸命頑張ろうと思いますよね。

入社した時はミスをしたりして苦労することもあったでしょう。

しかし、徐々に自分で仕事ができるようになると楽しく感じるものですし、頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

責任を持って仕事をこなしていきたいですね。

「熱を入れる」を使った例文2

「好きな人ができたみたいで、娘はファッションに熱を入れている」

誰かが好きになると、ファッションなどの見た目も気になりますよね。

「恋人ができたのかな?」などと周りに悟られることもあります。

特に女性が男性を好きになった場合、ファッションなどに関心を持つようになるとも言われていますし、ダイエットに興味を持ったという人もいるかもしれません。

相手に合わせる必要はありませんが、好かれたいと努力することは重要です。

4「熱を入れる」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「一生懸命になる」【いっしょうけんめいになる】
  • 「熱中する」【ねっちゅうする】
  • 「身が入る」【みがはいる】

「一生懸命になる」【いっしょうけんめいになる】

一生懸命になる、というのは物事に一身に集中するという意味であり、熱中するということです。

諦めずに努力することを指す場合もあります。

「熱中する」【ねっちゅうする】

熱中するというのはあるものに対して魅力を感じ、熱心に行うという意味があります。

魅力に取り付かれる場合も熱中するという表現を使います。

「身が入る」【みがはいる】

身が入るという表現には一生懸命になる、真剣になる、という意味があります。

夏場になると暑くて仕事に身が入らないと悩む人もいるのではないでしょうか。

icon まとめ

何かをする時、ぜひ熱を入れて行動したいものです。

しかし頑張りすぎもよくないですので、適度に休みながら前進していきましょう。