意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「信用を得る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

人が生きていく上で最も大切なことの1つに「信用を得る」ということがあります。

このことは、普段の生活の中ではあまり意識することがないかもしれませんが、仕事をする上では非常に重要なことです。

そこで、今回はこの「信用を得る」について説明をしていくことにします。

信用を得る

Meaning-Book
「信用を得る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「信用を得る」とは?
  • 「信用を得る」の表現の使い方
  • 「信用を得る」の英語と解釈
  • 「信用を得る」を使った例文と意味を解釈
  • 「信用を得る」の類語や類義語・言い換え

「信用を得る」とは?

「信用を得る」とは、「信頼に足るという評価を得て仲間とみなされること」「人に信用されること」という意味がある言葉です。

「信用を得る」の表現の使い方

「信用を得る」は、ビジネスの場面で、社内の後輩や同僚、上司から信用される時や取引先の相手から信頼される時に使われることになります。

しかし、ビジネスの場面だけでなく、日頃の生活の中でも友人、隣人、家族とのつながりの中でも出て来る言葉です。

「信用を得る」の英語と解釈

信用を得る meaning in english

「信用を得る」を英語で訳すと、“build credibility”“convey credibility”などの言葉で表現することができます。

「信用を得る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「信用を得る」を使った例文を2つほど挙げてみますので、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「信用を得る」を使った例文1
  • 「信用を得る」を使った例文2

「信用を得る」を使った例文1

「相手から信頼を得たいと思うなら、まずは自分から相手を信用することです。自分が心を閉じているうちは、相手も信頼することがありません」

自分から心を開くことで、相手も自分に好意や信頼の気持ち持つようになってきます。

人は自分に好意を寄せてくれる人に対しては、信頼を持とうする傾向にあるもで、こちらが心を閉じている間は、「信用を得る」ことはありえません。

「信用を得る」を使った例文2

「仕事において信頼を得るためには、専門的な知識が必要不可欠です」

ビジネスにおいては、この例文の内容は非常に重要なポイントと言えます。

取引先の担当者が知識のない人に仕事を頼もうすることはないでしょうし、商談の時の会話の中でも、専門知識を持っている人は説得力が変わってきます。

したがって、日々の仕事の中で学ぶ姿勢と気持ちを常に持ち続けておくことが大切です。

しかも、プロフェッショナルとしての意識も持ちつつ、新しい知識を積極的に取り込んでいく向上心も大事です。

知識を深めていくことで、さらに、人からの「信用を得る」ことになっていきます。

「信用を得る」の類語や類義語・言い換え

「信用を得る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉が使えるかを見ていくことにしましょう。

  • 「信頼を勝ち取る」
  • 「頼りにされる」
  • 「信望を受ける」

「信頼を勝ち取る」

「信頼を勝ち取る」「信用を得る」と近い意味で類義語として挙げることができます。

「信頼を恵る」より、「信頼を勝ち取る」の方が、「信頼獲得」の重みが強く響いてくる感じがします。

長い時間を掛けて人間関係を構築して、やっと相手から信用されたようなニュアンスが伝わってきそうです。

「頼りにされる」

「頼りにされる」「信用を得る」に類義語として扱うことができます。

まさに「他人から頼られる」という意味で理解することができますが、人から「頼りにされる」ことは、とても嬉しいことですし、それだけ自分がしっかりしなくてはならないという自覚を持てるようになります。

「信望を受ける」

「信望を受ける」という表現もありますが、「人々の信用と人望を集める」という意味で解釈することがでいます。

icon まとめ

「信用を得る」という言葉は、仕事を円滑に進めていく上で必要不可欠なことです。

このことを考えると、「信用を得る」ことが、とても難しく思えてくるかもしれませんが、日頃の生活態度、仕事をする姿勢をキチンとしているだけでも、自然の「信用を得る」ことにつながっていきます。