意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一家を支える」とは?意味!類語や言い換え

「一家を支える」という表現を知っているでしょうか。

どこの家族にも「一家を支える」人がいますよね。

ここでは「一家を支える」という表現について紹介します。

一家を支える

Meaning-Book
「一家を支える」とは?意味!類語や言い換え>


目次

  • 「一家を支える」とは?
  • 「一家を支える」の表現の使い方
  • 「一家を支える」を使った例文と意味を解釈
  • 「一家を支える」の類語や言い換え

「一家を支える」とは?

「一家を支える」という言葉には主に家庭や家族の暮らしを維持するだけの収入を稼いでいる、という意味になり、世帯主や一家の大黒柱、働き手、などと言われます。

一般的には父親たる男性が一家を支えますが、場合によっては母親たる女性も共働きで働いていることもありますし、男性よりも女性の方が多い収入を得ている場合もあるため、男性が必ずしも一家を支えているとは限りません。

シングルマザーの場合は、その母親が「一家を支える」ということになります。

  • 「一家を支える」の読み方

「一家を支える」の読み方

「一家を支える」という表現は「いっかをささえる」と読みます。

日常的にも使える言い回しですので、ぜひ覚えておきたいものです。

「一家を支える」の表現の使い方

「一家を支える」、という表現は日常的にも使える言い回しです。

例えば、母親が子供に、「お父さんが一家を支えてくれている」と表現することもありますし、「夫が怪我をしてしまったから、私が一家を支えなければいけない」などということもあります。

確かに男性が「一家を支える」というケースが多いですが、もしもその男性が病気になったり怪我をしたりして仕事ができない状態になった場合女性が一家を支えなければいけないこともあるでしょう。

その一方で、たとえ共働きだったとしても女性が仕事をやめたり、妊娠や出産などで職場を離れなければならない場合は男性が「一家を支える」ケースもあります。

「一家を支える」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「一家を支える」を使った例文1
  • 「一家を支える」を使った例文2

「一家を支える」を使った例文1

「特に子供がいる場合、一家を支えるのはなかなか大変です」

子供がいると、とにかく色々とお金がかかりますよね。

教育費のみならず、部活などでお金がかかることもありますし、塾や習い事でお金を払わなければいけない場合もあります。

子供だからといってお金がかからないなどという事はありませんし、子供がいると特に出費が増え、働き手は大変な思いをするのではないでしょうか。

そのため、子供がいると一家の大黒柱はなかなか大変になります。

「一家を支える」を使った例文2

「お父さんが一家を支えてくれているため、感謝をしなければいけません」

お父さんであれお母さんであれ、一家を支えてくれている人に対してはぜひ感謝の気持ちを示したいものです。

その一方で家事や育児も大変ですので、お互いに尊重できると良いですね。

「一家を支える」の類語や言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「一家の大黒柱」
  • 「世帯主」

「一家の大黒柱」

一家の大黒柱というのは家族の中で大きな太い柱という意味になります。

かつては民家の土間と床との境にかける太い柱のことを指していました。

「世帯主」

世帯主というのは世帯を主宰する世帯員、という意味になります。

世帯を代表する人を指しており、一般的には男性が世帯主となります。

しかし、例えば女性が外国人男性と結婚した場合など、その男性は戸籍には入りませんので、その女性が世帯主となります。

もしも子供がいない場合はその世界にはその女性しかいないという状態になるのです。

icon まとめ

「一家を支える」というのはなかなか大変です。

収入があるからといって無駄遣いをするのではなく、節約しながら楽しく生活したいですね。