意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「驚き」とは?意味や使い方!例文や解釈

「驚き」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「驚き」という言葉を使った例文や、「驚き」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「驚き」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「驚き」とは?
  • 「驚き」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「驚き」を使った例文や短文など
  • 「驚き」を使った言葉と解釈

「驚き」とは?

みなさんは「驚き」という言葉を知っているでしょうか。

UFOなどを見て、「驚きの声を上げた」という人もいるかもしれません。

一方で、「驚き」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「驚き」という言葉の意味を紹介します。

  • 「驚き」の読み方
  • 「驚き」の意味

「驚き」の読み方

「驚き」「おどろき」と読みます。

難しく画数の多い漢字ですが、見慣れた漢字のため、読み間違えることも少ないでしょう。

「驚き」の意味

「驚き」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「驚き」には、「思いがけないことにびっくりすること」という意味があります。

UFOを偶然見つけるような時は、思いがけないことにびっくりするため、「驚き」という言葉を使ってしまうかもしれません。

街中に動物園から逃げてきたキリンなどが放たれたら、やはり思いがけないことにびっくりし、「驚きの声を上げる」かもしれません。

このように「驚き」には、「思いがけないことにびっくりすること」という意味があります。

「驚き」の類語や類似表現や似た言葉

次に「驚き」の類語や類似表現を紹介します。

「驚き」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ぎょっとする」
  • 「はっとする」
  • 「呆気にとられる」

「ぎょっとする」

「ぎょっとする」には、「急に胸にこたえて驚く」という意味があります。

後ろから大きな声を出された時などは、胸にこたえて驚くため、「ぎょっとする」かもしれません。

また、大勢がいる前で、自分の秘密を発表された時なども、胸にこたえて驚くため、「ぎょっとする」のではないでしょうか。

「はっとする」

「はっとする」という言い回しを使ったことがあるかもしれません。

「はっとする」には、「思いがけない突然のことに驚く」という意味があります。

例えば、突然、幼なじみから連絡があり、「はっとする」、元カノから電話があり「はっとする」などという使い方をします。

「呆気にとられる」

「呆気にとられる」「あっけにとられる」と読みます。

「呆気にとられる」には、「意外なことに呆れる」という意味があります。

「呆れる」には、「意外なことに驚いて、途方に暮れる」という意味があります。

何か意外なことが起こり、驚いた後、途方に暮れる時、「呆気にとられる」という言葉を使います。

例えば、街中で偶然、彼女が知らない男性とキスをしたのを目撃した時、意外なことに驚いて、さらに途方に暮れるのではないでしょうか。

そのため、「彼女が知らない男とキスをするのを見て、呆気にとられる」という文章にできます。

「驚き」を使った例文や短文など

次に「驚き」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「驚き」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「驚き」を使った例文1
  • 「驚き」を使った例文2

「驚き」を使った例文1

「会社が倒産すると聞いて、『驚き』のあまり声も出せない」

この例文は、会社が倒産するという、思いがけないことを言われた社員が、びっくりした様子を文章にしたものです。

びっくりしたため、声も出せず、呆然としている様子が見てとれます。

この例文のように、「驚き」が強すぎると、大きなリアクションを取れず、立ち尽くしたり、黙り込んだりしてしまいそうです。

「驚き」を使った例文2

「彼氏が実は妻子持ちだと聞き、彼女の顔に『驚き』の色が浮かぶ」

この例文は、結婚を前提に彼と付き合っていた女性が、彼が妻子持ちだと聞かされて、とても驚いている場面になります。

彼女の顔には、びっくりした時に浮かぶ、独特の表情が表れています。

思いがけないことにびっくりすると、心身に影響が出ます。

声に出たり、顔に出たり、動きに出たりしますが、彼女の場合は「驚き」が顔に出たようです。

「驚き」を使った言葉と解釈

最後に「驚き」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「驚き」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「驚きの声」
  • 「驚きのあまり」
  • 「驚きの表情」
  • 「驚きを隠せない」

「驚きの声」

「驚きの声」という言い回しがあります。

「驚きの声」「思いがけないことにびっくりして出した声」という意味があります。

意外なことを言われて、「えー!」というリアクションをした時、その声は「驚きの声」になるでしょう。

また「街の驚きの声を集めました」という時は、「なぜ驚いたのか」という意見を集めたものになります。

「声」とは言っていますが「意見」「理由」という意味になります。

「驚きのあまり」

「驚きのあまり」には「びっくりしたため」という意味があります。

例えば、「驚きのあまり、その場でジャンプした」という場合は、「びっくりしたため、その場で飛び上がった」という意味になります。

「驚きのあまり、立ち尽くした」「驚きのあまり、目をむいた」など、「驚きのあまり」という言い回しは、頻繁に使われています。

「驚きの表情」

「驚きの表情」という言葉もよく使います。

「驚きの表情」には、「びっくりした気持ちが表れた表情」「驚いた時に見せる顔」という意味になります。

テレビのバラエティ番組などを見ていると、ドッキリ企画が放送されることがありますが、箱の中からばね式の蛇が飛び出した時の芸能人の顔などが「驚きの表情」になります。

「驚きを隠せない」

「驚きを隠せない」という言葉もあります。

「驚きを隠せない」には、「びっくりした気持ちを、心の中にとどめておけない」「驚きが言動に出てしまう」という意味があります。

例えば、同じ職場の男女が付き合っていると知った時、思いがけないことにびっくりするかもしれません。

「えー!」と声に出たり、「驚きの表情」が出てしまった時、「驚きを隠せない」状態と言えます。

icon まとめ

「驚き」という言葉について見てきました。

何か思いがけないことが起こり、びっくりするということは、日常生活やビジネスシーンで時々起ります。

そのような時、「驚き」という言葉と、「驚きの表情」「驚きの声」などの言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。