意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「楽しみ」とは?意味や使い方!例文や解釈

「楽しみ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「楽しみ」という言葉を使った例文や、「楽しみ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「楽しみ」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「楽しみ」とは?
  • 「楽しみ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「楽しみ」を使った例文や短文など
  • 「楽しみ」の反対語
  • 「楽しみ」の英語

「楽しみ」とは?

「楽しみ」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事終わりにラーメンを食べるのが楽しみだ」などと思っている人もいるでしょう。

一方で、「楽しみ」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「楽しみ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「楽しみ」の読み方
  • 「楽しみ」の意味

「楽しみ」の読み方

「楽しみ」「たのしみ」と読みます。

「らくしみ」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「楽しみ」「たのしみ」と読みましょう。

「楽しみ」の意味

「楽しみ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「楽しみ」には、「楽しむこと」という意味があります。

また「娯楽」「気晴らし」という意味もあります。

「ラーメンを食べるのが楽しみ」という場合は、ラーメンを食べることが娯楽や気晴らしになっているのかもしれません。

また「最近、楽しみがない」という場合は、最近は楽しめないという意味になります。

このように「楽しみ」には「楽しむこと」または「娯楽」「気晴らし」という意味があります。

「楽しみ」の類語や類似表現や似た言葉

「楽しみ」の類語や類似表現を紹介します。

「楽しみ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「気晴らし」
  • 「快楽」
  • 「歓楽」
  • 「エンジョイ」

「気晴らし」

「気晴らし」には、「晴々した気持ちにすること」という意味があります。

また「気分転換」という意味もあります。

例えば、室内で作業が続いた時、散歩に行くと晴々した気持ちになるため、散歩は「気晴らし」になるでしょう。

また、仕事終わりに美味しいものを食べたり、友達とお酒を飲んだりする行為も「気晴らし」になるかもしれません。

「快楽」

「快楽」には、「快く楽しいこと」「生きることの楽しさを感じること」という意味があります。

「快楽を追い求める」「快楽にふける」となどという使い方をします。

ゴルフやゲームなどの大好きな趣味をしている時などは、生きていることの楽しさを感じるため、「快楽」という言葉が浮かんでくるかもしれません。

またマッサージを受けている時も「心地よく楽しい」という思いが浮かぶため、「快楽にふけられる」かもしれません。

「歓楽」

「歓楽」には、「喜びや楽しみ」という意味や、「喜び楽しむこと」という意味があります。

「歓楽街」という言葉がありますが、「喜びや楽しみがある街」「楽しいエリア」という意味があります。

「歓楽街」には、演劇や演芸が披露される劇場や、スポーツなどを楽しむ遊技場、美味しい料理を食べられる飲食店、温泉などが集まっています。

また大人向けの風俗店が集まっている街を「歓楽街」と呼ぶこともあります。

「エンジョイ」

「エンジョイ」「楽しむこと」という意味があるカタカナ語です。

「人生をエンジョイする」という言葉には、「人生を楽しむ」という意味があります。

つまらなそうにしている人に対して、「もっとエンジョイしなよ」などと、軽く声を掛ける時にも「エンジョイ」という言葉を使います。

「楽しみ」を使った例文や短文など

「楽しみ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「楽しみ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「楽しみ」を使った例文1
  • 「楽しみ」を使った例文2

「楽しみ」を使った例文1

「仕事終わりに、居酒屋でお酒を飲むのが『楽しみ』だ」

この例文のような人は多いのではないでしょうか。

友達を誘って居酒屋に行き、バカ話をして盛り上がるのも気晴らしになりますが、一人で居酒屋に行くのもいいものです。

お店の雰囲気を味わいながら、美味しいお酒を飲みながら、食事をするのは、大人の嗜みかもしれません。

このように、仕事でたまったストレスを発散するような行為を「楽しみ」と呼びます。

「楽しみ」を使った例文2

「桜が咲くのを、『楽しみ』にしている」

さらに大人になると、この例文のように季節の花が咲くのを「楽しみ」にする人も増えるかもしれません。

特に桜の花は、華やかで気持ちがわくわくするような魅力があります。

はるか昔に詠まれた和歌にも、桜は数多く登場するため、昔から桜が咲くのを「楽しみ」にしている人は多いでしょう。

花をめでるのが好きという人以外にも、桜の下で宴会をするのが「楽しみ」という人もいるでしょう。

「楽しみ」の反対語

「楽しみ」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「楽しみ」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「苦悩」
  • 「千辛万苦」

「苦悩」

「苦悩」には、「苦しみ悩む」という意味があります。

「仕事が上手くいかずに、苦悩する」「恋愛で苦悩する」などという使い方をします。

悩みがちな人は苦しんだり、悩んだりする機会が多いため、「苦悩」という言葉が登場する機会も多いかもしれません。

「千辛万苦」

「千辛万苦」「せんしんばんく」と読みます。

「千辛万苦」には、「多くの苦しみ」という意味があります。

物事を成し遂げるためには、多くの苦しみを超えて行く必要があるかもしれません。

このような時、「千辛万苦を超えて、夢を叶える」などと言います。

「楽しみ」の英語

「楽しみ」という言葉を英語にするとどのような言葉になるでしょうか。

「楽しみ」を意味する英語はいくつもありますので、代表的な物を紹介します。

まず「楽しみ」“recreation”(レクリエーション)という英語にできます。

“recreation”は、「レクリエーション」というカタカナ語としても、一般的に使われています。

また“amusement”(アミューズメント)や“entertainment”(エンターテーメント)などの英語も「楽しみ」という意味があります。

いずれもカタカナ語として、意味が通じる言葉ではないでしょうか。

このように「楽しみ」はいくつかの英語に直せますので、使ってみましょう。

icon まとめ

「楽しみ」という言葉について見てきました。

何かを楽しむ時、娯楽や気晴らしをする時に、「楽しみ」という言葉を使ってみましょう。

また幸せな毎日を過ごすため、自分なりの「楽しみ」をみつけてみましょう。