意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「楽しみすぎる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「楽しみすぎる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「楽しみすぎる」という言葉を使った例文や、「楽しみすぎる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「楽しみすぎる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「楽しみすぎる」とは?
  • 「楽しみすぎる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「楽しみすぎる」を使った例文や短文など

「楽しみすぎる」とは?

「楽しみすぎる」という言葉を知っているでしょうか。

「明日のデートが楽しみすぎる」と、現在まさに思っている人もいるでしょう。

一方で、「楽しみすぎる」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「楽しみすぎる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「楽しみすぎる」の読み方
  • 「楽しみすぎる」の意味

「楽しみすぎる」の読み方

「楽しみすぎる」「たのしみすぎる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えないようにしましょう。

「楽しみすぎる」の意味

「楽しみすぎる」にはどのような意味があるでしょうか。

「楽しみすぎる」「とても楽しみ」「楽しみでたまらない」という意味があります。

例えばデートの前の日になると、デートがとても楽しみで、たまらない気持ちになりますが、そのような気持ちを「楽しみすぎる」と言います。

「楽しみすぎる」の類語や類似表現や似た言葉

次に「楽しみすぎる」の類語や類似表現を紹介します。

「楽しみすぎる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ドキドキする」
  • 「ソワソワする」

「ドキドキする」

「ドキドキする」は、不安や恐怖、驚き、激しい運動などで胸の鼓動が速くなる時に使う言葉です。

恋愛で胸の鼓動が速くなる時も、「ドキドキする」と言います。

「明日がデートでドキドキする」という場合は、不安な気持ちと楽しみな気持ちが混在になり、そのため鼓動が速くなるという意味があります。

「ソワソワする」

「ソワソワする」には、「気持ちや態度が落ち着かない様子」という意味があります。

例えば受験結果の発表される朝は、気持ちや態度が落ち着かないため、「ソワソワする」のではないでしょうか。

またデート前など楽しいイベントの前も、気持ちが落ち着かないため、「ソワソワする」かもしれません。

「楽しみすぎる」を使った例文や短文など

続いて「楽しみすぎる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「楽しみすぎる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「楽しみすぎる」を使った例文1
  • 「楽しみすぎる」を使った例文2

「楽しみすぎる」を使った例文1

「夏休みが『楽しみすぎて』、カレンダーを何度も見る」

学生のみなさんは、この例文のように夏休みが待ち遠しく、楽しみで仕方ないかもしれません。

「楽しみすぎる」ため、夏休みまであと何日なのか、学校に行く必要があるのは何日なのか、カレンダーで確認してしまうかもしれません。

また、休みが「楽しみすぎる」のは、学生時代だけでなく、社会人になっても同じで、お盆休みやお正月休みを前にすると、「楽しみすぎる」と心の中で叫んでいるかもしれません。

「楽しみすぎる」を使った例文2

「ゲームの続編の発売が『楽しみすぎる』ため、旧作を始める」

この例文は、人気ゲームの続編が発表される前の、楽しみで、待ちきれない様子を文章にしたものです。

あまりにも「楽しみすぎる」時は、発売が待ちきれず、そのゲームの第一作を始めてしまうかもしれません。

旧作をクリアして、楽しみにしている気持ちをさらに高め、最高のテンションで、ゲームの発売日を迎えたいと願う人もいるでしょう。

このように、大好きなゲームや映画、小説の続編の発売が決まると、「楽しみすぎる」人は少なくないでしょう。

icon まとめ

「楽しみすぎる」という言葉について見てきました。

デートや新作の発売など、「とても楽しみ」「楽しみで仕方ない」と感じた時は、「楽しみすぎる」という言葉を使ってみましょう。