意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「天才肌」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「天才肌」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「天才肌」という言葉を使った例文や、「天才肌」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「天才肌」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「天才肌」とは?
  • 「天才肌」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「天才肌」を使った例文や短文など

「天才肌」とは?

みなさんは「天才肌」という言葉を知っているでしょうか。

身近に「天才肌」と感じる人がいるかもしれません。

一方で、「天才肌」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「天才肌」という言葉の意味を紹介します。

  • 「天才肌」の読み方
  • 「天才肌」の意味

「天才肌」の読み方

「天才肌」「てんさいはだ」と読みます。

「天才」「てんさい」「肌」「はだ」と読みます。

これを機会に「天才肌」「てんさいはだ」と覚えましょう。

「天才肌」の意味

「天才肌」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「天才肌」には「まるで天才のように優れて見える人」という意味があります。

「彼は天才肌だ」などという使い方をします。

一方で「彼は天才だ」と言わないのはなぜでしょうか。

そこには「天才」「天才肌」の違いがあるからでしょう。

「天才」は生まれつき何かを最高レベルにできる素質を持っている人のことで、「絵の天才」「勉強の天才」「仕事の天才」などがいます。

一方で「天才肌」「まるで天才のように」と、「天才ではない」という意味が含まれています。

そのため「天才肌」には、「努力の結果、天才と変わらないようなスキルを発揮している人、成果を出している人」と言えるかもしれません。

また天才のように努力している姿を見せないのも、「天才肌」の特徴かもしれません。

「天才肌」の類語や類似表現や似た言葉

「天才肌」の類語や類似表現を紹介します。

「天才肌」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「努力家」
  • 「秀才」

「努力家」

「努力家」という言葉があります。

「努力家」には、「何事にも努力を惜しまない人」という意味があります。

それほど能力が高くなくても、努力を惜しまずに頑張るため、一定以上の成果を出します。

さらに積み重ねた努力が力になり、元々能力が高い人を追い抜くこともあります。

「秀才」

「秀才」「他人より秀でている人」という意味があります。

「天才」ほどではありませんが、おしなべて能力が高く、優等生と見られやすい人です。

例えば中学校や高校で、学年トップの成績を取っていた人が、東京大学など、とても優秀な生徒が集まる学校に行くと、普通だと感じるかもしれません。

このような時、自分は天才ではなく、「秀才」だと知るのかもしれません。

「天才肌」を使った例文や短文など

最後に「天才肌」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「天才肌」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「天才肌」を使った例文1
  • 「天才肌」を使った例文2

「天才肌」を使った例文1

「彼は『天才肌』の選手で、特にコーチが教えることがなかった」

この例文に登場するのは、とても才能を持ったアスリートかもしれません。

天才と思えるような能力を持ち、自分で自分の能力を高められるため、コーチが口を出す必要がなかったのでしょう。

アスリートの世界には、「天才肌」と呼ばれる、センスがある人たちがたくさん登場します。

「天才肌」を使った例文2

「A君は『天才肌』というより、『努力家』だ」

この例文のように、人は優秀な人を評価したがる傾向があります。

彼は天才だ、いや「天才肌」だ、または「努力家」だ、などです。

A君は「天才肌」にせよ「努力家」にせよ、優秀なのは間違いないでしょう。

icon まとめ

「天才肌」という言葉について見てきました。

天才のように思えるような優秀な人を見た時に「天才肌」という言葉を使ってみましょう。