意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怒濤の勢い」の言葉の意味や使い方を紹介

「怒濤の勢い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「怒濤の勢い」という言葉を使った例文や、「怒濤の勢い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「怒濤の勢い」の言葉の意味や使い方を紹介>


目次

  • 「怒濤の勢い」とは?
  • 「怒濤の勢い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「怒濤の勢い」を使った例文や短文など

「怒濤の勢い」とは?

「怒濤の勢い」という言葉を知っているでしょうか。

サッカー中継などを見ていると「怒濤の勢いで、敵ゴールに迫る」というアナウンサーのセリフを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「怒濤の勢い」という言葉をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「怒濤の勢い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「怒濤の勢い」の読み方
  • 「怒濤の勢い」の意味

「怒濤の勢い」の読み方

「怒濤の勢い」「どとうのいきおい」と読みます。

「怒濤」「どとう」「勢い」「いきおい」と読みます。

読み方が難しい言葉のため、読み間違えないようにしましょう。

「怒濤の勢い」の意味

「怒濤の勢い」には、どのような意味があるでしょうか。

「怒濤の勢い」「怒濤」には、「激しく荒れ狂う大波」という意味があります。

激しく荒れ狂う大波が、海辺に向かって進んで行く様子をイメージすると、すさまじい勢いだと感じられるのではないでしょうか。

そのため「怒濤の勢い」には「大波のように激しい勢い」「ものすごい勢い」という意味があります。

「サッカーチームが、怒濤の勢いで敵陣に突き進む」という場合は、選手全員が、凄い勢いで敵陣に向かって駆け上がり、パス交換をしながら、ゴールに迫っている姿をイメージできるでしょう。

このように「怒濤の勢い」には、「大波のように激しい勢い」「ものすごい勢い」という意味があります。

「怒濤の勢い」の類語や類似表現や似た言葉

次に「怒濤の勢い」の類語や類似表現を紹介します。

「怒濤の勢い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「疾風怒濤」
  • 「獅子奮迅」

「疾風怒濤」

「疾風怒濤」「しっぷうどとう」と読みます。

とても難しい漢字が使われている、難読四文字熟語のひとつです。

「疾風怒濤」には、「激しい風と荒れ狂う波」という意味があります。

「疾風」には「激しい風」という意味があるためです。

「疾風怒濤の時代」という場合は、時代が激しく変化する様子を表しています。

「獅子奮迅」

「獅子奮迅」「ししふんじん」と読む、やはり読み方が難しい言葉になります。

「獅子奮迅」には、「獅子が奮い立って暴れまわるように、激しい勢いで物事に対処すること」という意味があります。

百獣の王と呼ばれる強いライオンが、さらに奮い立ち、暴れまわっているとイメージすると、その激しさが理解できるでしょう。

「獅子奮迅の活躍」「獅子奮迅の大暴れ」などという使い方をします。

「怒濤の勢い」を使った例文や短文など

続いて「怒濤の勢い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「怒濤の勢い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「怒濤の勢い」を使った例文1
  • 「怒濤の勢い」を使った例文2

「怒濤の勢い」を使った例文1

「A君は『怒濤の勢い』で、出世した」

この例文に登場するA君は、出世が早い人だったようです。

大きな波が通り過ぎるように、気付いたら、自分の地位を追い抜いていたという、凄い人です。

大相撲の世界など、実力の世界では、数か月で三役に駆けあがるような、この例文のように「怒濤の勢い」で出世する人が時々現れます。

「怒濤の勢い」を使った例文2

「『怒濤の勢い』で彼女に迫り、告白を成功させた」

この例文に登場する男性は、出会った瞬間に女性のことが好きになり、積極的にアプローチしたのでしょう。

その結果、告白を成功させるなど、「怒濤の勢い」の攻勢が上手く行ったようです。

短期決戦型で集中的努力して、何かを勝ち取る人がいますが、恋愛でもそのような勝ち方をする人がいるかもしれません。

icon まとめ

「怒濤の勢い」という言葉について見てきました。

大きな波が激しく荒れ狂うように、凄い勢いで何かをしている人を見た時に、「怒濤の勢い」という言葉を使ってみましょう。