意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「朝令暮改」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「朝令暮改」という表現も好きでしょうか。

新聞などでたびたび見かけることがありますね。

それならば「朝令暮改」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは「朝令暮改」という言葉について説明します。

Meaning-Book
「朝令暮改」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「朝令暮改」とは?
  • 「朝令暮改」の表現の使い方
  • 「朝令暮改」の語源
  • 「朝令暮改」を使った例文と意味を解釈
  • 「朝令暮改」の類語や類義語・言い換え

「朝令暮改」とは?

「朝令暮改」、というのは朝に出した命令を夕方に変更してしまうこと、あるいは法令が絶えず変わってしまっていてしないこと、という意味があります。

これは紀元前200年から8世紀にかけて栄えていた前漢の時代において作られた歴史書に書かれた表現です。

これは首都の長安に置いて起こったことだと考えられており、「朝令暮改」によって農民たちが苦しんだということが描かれています。

水害や灌漑、高額な税金等に関する命令が頻繁に変更されており、人々はかなり苦しんだと考えられています。

  • 「朝令暮改」の読み方

「朝令暮改」の読み方

「朝令暮改」というのは「ちょうれいぼかい」と読みます。

漢字検定4級レベルの熟語ですので、ぜひ知っておきましょう。

「朝令暮改」の表現の使い方

「朝令暮改」というのは草出された命令が夕方には変わってしまうためそれほどまでに方針がコロコロ変わる、ということを指しています。

頻繁に制度や法令が変化してしまうと混乱しますよね。

そのような状況を表すときに「朝令暮改」という表現が使えます。

一定しない、定まらない、という時もこの表現が使われます。

「朝令暮改」の語源

先ほども述べた通り、「朝令暮改」というのは前漢の時代に作られた表現であり、朝に出された命令が夕方には改められるという意味になります。

漢書の「食貨志上」という書物に最初に描かれました。

これは土地制度や専売制度、貨幣制度など、財政経済に関して書かれた書物になります。

「朝令暮改」を使った例文と意味を解釈

ここでは「朝令暮改」という表現を使った例文を紹介します。

  • 「朝令暮改」を使った例文1
  • 「朝令暮改」を使った例文2

「朝令暮改」を使った例文1

「頻繁に方針が変わってしまって、本当に朝令暮改だよ」

職場等において方針がコロコロ変わってしまうと、一体何をしたら良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

確かに朝出された命令が夕方に変わってしまうというのは極端な例ではありますが、それほどまでに頻繁に物事が変化してしまうと、今は何が適用されているのかわからないと感じる人も多いことでしょう。

「朝令暮改」を使った例文2

「朝令暮改はできる限り避けてほしいです」

「朝令暮改」が起こると、そもそも今はどのように物事を進めたら良いのかわからないなどと落ち着かなくなりますし、例えばどんどん税金が上がってしまったりするとそれはそれで大変ですよね。

落ち着いた生活をするためには、固定された制度というものが非常に重要です。

コロコロと方針を変えるのではなく、しっかりと吟味した上で制度を変えていきたいものです。

「朝令暮改」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「二転三転」【にてんさんてん】
  • 「定まらない」【さだまらない】
  • 「コロコロ変わる」【ころころかわる】

「二転三転」【にてんさんてん】

二転三転というのは状況や女性が何度も覆るという意味になります。

物の動きや事態などが激しく変化することを指しており、目まぐるしい様子を表します。

「定まらない」【さだまらない】

定まらないというのは方向性が度々変わる、一貫性がない、という意味です。

定まるという表現の未然形に打ち消しの助動詞をつけた形になります。

「コロコロ変わる」【ころころかわる】

コロコロ変わる、というのは次々と状況や様子が変化していく様、目まぐるしい変化、千変万化、などという意味になります。

話の内容や方針、目的が簡単に変わってしまうことを指しています。

icon まとめ

「朝令暮改」という表現はぜひ覚えておきたい表現の1つです。

そして「朝令暮改」を避け、落ち着いた生活をしていきたいですね。

頻繁に制度などを変える必要がないよう、何かを変更するときにはしっかりと話し合うことが重要です。