意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「二転三転」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「二転三転」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「二転三転」という言葉を使った例文や、「二転三転」の類語を紹介して行きます。

二転三転

Meaning-Book
「二転三転」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「二転三転」とは?意味
  • 「二転三転」の表現の使い方
  • 「二転三転」を使った例文や短文など
  • 「二転三転」の類語や類義語・言い換え


「二転三転」とは?意味

「二転三転」には、「物事の内容や状態、成り行きなどが、何度も変わること」という意味があります。

  • 「二転三転」の読み方

「二転三転」の読み方

「二転三転」の読み方は、「にてんさんてん」になります。



「二転三転」の表現の使い方

「二転三転」の表現の使い方を紹介します。

「二転三転」は、「物事の内容や状態などが、順調に進まず何度も変わること」を意味します。

そのため、物事の内容や状態などが、順調に進まず何度も変わるる様子を見た時、「二転三転」という言葉を使ってみましょう。

例えば、結婚を決めた二人が、新婚旅行の行先を話し合う場面があります。

ハワイにしようと決まったのに、数分後にパリに行きたいとなり、さらにアメリカに行きたいなど、何度も行き先が変わってしまうかもしれません。

このような様子は、「旅行先が二転三転する」などと、「二転三転」を使った文章にできます。

「二転三転」を使った例文や短文など

「二転三転」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「二転三転」を使った例文1
  • 「二転三転」を使った例文2

「二転三転」を使った例文1

「会議の途中で、結論が『二転三転』し、混乱する」

この例文は、ある会議の途中で、結論が出たと思ったら、その結論が打ち消されて、さらに違う結論が出るということが続き、会議が混乱するという文章になります。

このように「二転三転」には、「物事の内容や状態などが、順調に進まず何度も変わること」という意味があります。

「二転三転」を使った例文2

「ランチに何を食べるか、考えた『二転三転』して決められない」 この例文のような体験をしたことがあるかもしれません。

ランチに何を食べるか考え始め、様々な料理やお店が思いつくものの、決められないという場面になります。

あまりにも「二転三転」してしまうと、昼食の時間が無くなり、コンビニ弁当などになってしまうかもしれません。



「二転三転」の類語や類義語・言い換え

「二転三転」の類語や類似を紹介します。

  • 「くるくる変わる」【くるくるかわる】
  • 「慌ただしく動く」【あわただしくうごく】

「くるくる変わる」【くるくるかわる】

「くるくる変わる」は、「次々と状況や様子が変化し頻繁に変わる様子」を意味します。

「映画を見ていると、場面がくるくる変わり、落ち着かない」などという使い方をします。

「慌ただしく動く」【あわただしくうごく】

「慌ただしく動く」は、「状況や様子が激しく変化すること」を意味します。

「私の母は、朝の時間、慌ただしく動く」という文章には、「母が朝の時間帯に、落ち着きなくせわしなく動く」という意味があります。

icon まとめ

「二転三転」という言葉について見てきました。

物事の内容や状態、成り行きなどが、何度も変わることについて話す時、「二転三転」という言葉を使ってみましょう。