意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「改めて実感する」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

改めて実感する、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

何か改めて実感するという経験をすることも多いですよね。

ここでは改めて実感するという表現について紹介します。

改めて実感する

Meaning-Book
「改めて実感する」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「改めて実感する」とは?
  • 「改めて実感する」の表現の使い方
  • 「改めて実感する」の英語と解釈
  • 「改めて実感する」を使った例文と意味を解釈
  • 「改めて実感する」の類語や類義語・言い換え

「改めて実感する」とは?

改めて実感する、というのは同じことを再度身に染みて理解する、改めて思い知る、という意味です。

実感するという表現には心の底からそうだと感じるという意味があります。

例えば、親であれば誰でも子供のことを愛する者ですが、その子供が交通事故にあったなどということになれば、代わってあげたいと願う親もいるのではないでしょうか。

どれだけ普段子供を怒ることが多い、子供に対して苛立ちを覚えることが多い、と感じたとしても、いざ子供を失うかもしれないと思った時、自分がその子供をどれだけ愛しているかということを改めて実感するものです。

「改めて実感する」の表現の使い方

改めて実感する、というのはわかっていることを改めて思い知る、理解する、という時に使われます。

例えば、子供が交通事故に遭って手術を受けなければならなかったとしましょう。

その時の高い医療技術のおかげで子供が助かった、後遺症が残らなかった、などということになれば、日本の医療技術は非常に高いのだと改めて実感するのではないでしょうか。

日本の医療技術の高さは世界的にも高く評価されており、整形外科の技術も非常に高いと言われています。

いざ自分がそのようなものを利用した時、改めて実感することもあるのかもしれません。

「改めて実感する」の英語と解釈

改めて実感する meaning in english

改めて実感するという表現を英語にすると“realize again”などと言われます。

「ハロウィンの時期は危険であるということを改めて実感しました」ということであれば“I realized again that Halloween season is not safe.”になります。

「改めて実感する」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「改めて実感する」を使った例文1
  • 「改めて実感する」を使った例文2

「改めて実感する」を使った例文1

「なくしたものが見つからず、部屋の掃除をしなければならないということを改めて実感した」

何かがなくなった時、1番の方法は部屋を片付けることだと言われています。

部屋が散らかっていると何がどこにあるのかもわかりませんし、物をなくすことも多いでしょう。

部屋を片付ける重要さがわかります。

必要なものが見つからなくなると、部屋を片付けなければいけないと実感するのではないでしょうか。

「改めて実感する」を使った例文2

「自分が死ぬ前に遺産についてしっかり考えておかなければいけないということを改めて実感しました」

最近では自分が死ぬ前に遺産やお葬式、お墓について考えるという人が増えています。

残された家族が路頭に迷わないように、そして遺産相続等のトラブルに巻き込まれないように、しっかりと考えておかなければいけません。

お葬式も最近はお金がかからないものを選ぶ人が増えています。

「改めて実感する」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「改めて思う」
  • 「再認識する」
  • 「再実感する」

「改めて思う」

改めて思う、というのは再認識するという意味です。

もう一度思う、新たな気持ちで思う、という意味と同等です。

「再認識する」

再認識するというのは改めていう意識し直すという意味です。

ことの重大さを再認識するなどという表現でよく使われ、しばらく忘れていたり、いちど価値がないと見捨てていたものを再び認識するという意味になります。

「再実感する」

再実感するというのは改めて心のそこからそうだと考える、という意味になります。

再び思う、という時にこの表現が使われます。

icon まとめ

改めて実感するという表現は日常的にも使われます。

特に大切なことを改めて実感したときには、実現できるように意識しなければいけません。