意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「約束を違える」とは?意味や類語!表現の使い方

「約束を違える」という表現を知っているでしょうか。

友達などと約束をした時、その約束は守らなければいけません。

それならば、「約束を違える」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは「約束を違える」という言葉について紹介します。

Meaning-Book
「約束を違える」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「約束を違える」とは?意味
  • 「約束を違える」の表現の使い方
  • 「約束を違える」の英語と解釈
  • 「約束を違える」を使った例文と意味を解釈
  • 「約束を違える」の類語や類義語

「約束を違える」とは?意味

「約束を違える」という言葉には約束した内容を遵守しない、約束を破る、約束を反故にする、という意味があります。

約束は守らなければいけませんが、その決めた約束に対して従わない、その気がなかったとしても約束を守らない、という状態を「約束を違える」と表現します。

わざと約束を破ったわけではなかったとしても、約束を守らなかった場合は「約束を違える」という言葉が使えます。

これは「やくそくをたがえる」と読みます。

「ちがえる」では無いので気をつけましょう。

「約束を違える」の表現の使い方

「約束を違える」という表現は約束を守らないという意味です。

たとえ破ろうとして破ったわけではなかったとしても、約束を守らなかった場合は「約束を違えた」という表現が使えるのです。

今まで1度も約束を破ったことがないのであれば、「私は今まで1度も約束を違えた事はありません」と表現できます。

違えるという言葉は食い違わせる、違う方向に招く、約束にそむく、という意味があります。

「約束を違える」の英語と解釈

「約束を違える」という表現を英語にすると“break one's promise”“break one's word”になります。

英訳を調べるときには約束を破る、という意味愛で調べると簡単に見つけることが可能です。

「彼女は滅多に約束を違えない人だ」というのであれば“She barely breaks her word.”表現できます。

「約束を違える」を使った例文と意味を解釈

ここでは「約束を違える」という表現を使った例文を紹介します。

  • 「約束を違える」を使った例文1
  • 「約束を違える」を使った例文2

「約束を違える」を使った例文1

「彼は約束を違えたことが1度もない」

約束を簡単に破る人もいれば、約束は絶対に守るという人もいますよね。

約束を絶対に守る、約束は破らない、という人ならば周りからも信頼されます。

たとえ約束を守ったとしても、例えば直前になって「やっぱり今日は行けない」などと予定を変えてしまったり、ドタキャンをしてしまう人の場合、信頼されなくなってしまう可能性が高まります。

また、ドタキャンは約束を破ったと思われることもありますので気をつけましょう。

「約束を違える」を使った例文2

「母親が病気になり、約束を違えなければいけなくなった」

どんな約束をしていても、例えば家族が病気で倒れたなどということがあればそちらを優先しなければいけません。

それは相手も理解するべきことではありますが、それがドタキャン等になってしまった場合、相手に申し訳ないと感じることもあるかもしれませんね。

もしも約束が守れないというのであれば、早めに相手に連絡をすることが大切です。

「約束を違える」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介します。

  • 「約束を破る」【やくそくをやぶる】
  • 「反故にする」【ほごにする】
  • 「約束を守らない」【やくそくをまもらない】

「約束を破る」【やくそくをやぶる】

約束を破る、というのは約束した内容を守らないという意味で、最もよく使われる言い回しになります。

頻繁に約束を破る人は、約束を破るということに罪悪感を持っていない場合もあります。

「反故にする」【ほごにする】

反故にする、というのは主に相手の一方的な約束などを守らない、なかったことにする、という意味になります。

例えば約束を反故にする、契約を反故にする、という言い回しもあり、約束を守らないことを反故にすると短く表現することもあります。

「ほごにする」と読みます。

「約束を守らない」【やくそくをまもらない】

約束を守らない、というのは約束を破る、という表現と同じ意味になります。

約束を守らない人の中にはいい加減な人も多く、社会的に信頼をなくすこともあります。

icon まとめ

「約束を違える」という表現は約束を破る、という表現よりもあまり使われず、どちらかと言えば文法的な表現かもしれません。

誰かと約束をしたならば、違えることがないように気をつけたいですね。