意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頃合いを探る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「頃合いを探る」、という表現を知っているでしょうか。

何かをするときにはタイミングを見計らうことが大切ですので、頃合いを探ろうと意識する人もいるかもしれません。

ここでは「頃合いを探る」という表現について紹介します。

Meaning-Book
「頃合いを探る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「頃合いを探る」とは?
  • 「頃合いを探る」の表現の使い方
  • 「頃合いを探る」の英語と解釈
  • 「頃合いを探る」を使った例文と意味を解釈
  • 「頃合いを探る」の類語や類義語・言い換え

「頃合いを探る」とは?

「頃合いを探る」というのはちょうど良い時期や適当な機会を見計らうという意味になります。

この愛という言葉には潮時、適当な機会、ちょうど良い時期、などという意味があり、探るという表現には探し求める、感覚などを頼りにして目に見えないものを探す、などという意味があります。

この2つを合わせてちょうど良い時期を見計らう、ということになるのです。

  • 「頃合いを探る」の読み方

「頃合いを探る」の読み方

「頃合いを探る」という表現は「ころあいをさぐる」と読みます。

日常的にも使える良い方ですので、ぜひ覚えておきましょう。

「頃合いを探る」の表現の使い方

誰かに何かを報告しなければいけない時など、タイミングを見計らうという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

例えば、仕事でミスをしたときに上司に報告しなければいけない場合、できる限り上司の機嫌のよさそうな「頃合いを探る」という人もいるかもしれません。

タイミングによっては怒られるかもしれませんし、「次からは気をつけるように」と言われて終わるだけかもしれません。

「頃合いを探る」事は非常に大切です。

「頃合いを探る」の英語と解釈

「頃合いを探る」という表現を英語にすると“choose the proper timing”“right time”などという表現が使えます。

「彼は頃合いを探っている」ということであれば“he is choosing the proper timing.”になります。

「頃合いを探る」を使った例文と意味を解釈

ここでは「頃合いを探る」という表現を使った例文を紹介します。

  • 「頃合いを探る」を使った例文1
  • 「頃合いを探る」を使った例文2

「頃合いを探る」を使った例文1

「彼は仕事もミスを報告する頃合いを探っている」

仕事でミスをしてしまうと上司などに報告をしなければいけなくなります。

しかし、ミスを報告するならばできる限り上司の機嫌の良い時を選びたいと思う人もいるのではないでしょうか。

上司の機嫌が悪そうなタイミングを選んでしまえば、必要以上に怒られてしまう可能性が高まります。

「頃合いを探る」を使った例文2

「花瓶を壊したことを母に伝えなければいけないけれど、頃合いを探っていて未だに伝えられていない」 何かを壊してしまったときなど、家族に伝えなければいけない場合がありますよね。

しかし怒られたくないという意識が先行してしまい、なかなか言い出せないという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

怒られないで済むであろう頃合いを探りすぎて、なかなか伝えられない、いまだに伝えていないことがある、という人もいるかもしれませんね。

「頃合いを探る」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「機会を伺う」【きかいをうかがう】
  • 「タイミングを見計らう」【たいみんぐをみはからう】
  • 「タイミングを見極める」【たいみんぐをみきわめる】

「機会を伺う」【きかいをうかがう】

機会を伺う、という表現も物事をするタイミングをよく見極める、機会を探る、という意味になります。

機会という表現はよく使える言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。

「タイミングを見計らう」【たいみんぐをみはからう】

タイミングを見計らうという表現も良いタイミングを見極める、「頃合いを探る」、という意味になります。

ちょうど良い機会が来るのを待ち受けるという意味です。

「タイミングを見極める」【たいみんぐをみきわめる】

タイミングを見極めるという表現も物事にとって良いタイミングを見計らうという意味になります。

見極めるという表現にはしっかりと確認するという意味があるのです。

icon まとめ

何かをしようと思う時、タイミングを間違ってしまっただけでうまくいかないということがあります。

何かをするときには頃合いをしっかりと探り、良いタイミングで行動しましょう。