意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「度合い」とは?意味や使い方!例文や解釈

「度合い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「度合い」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます さらに「度合い」という言葉を使った例文や、「度合い」の類語を紹介して行きます。

度合い

Meaning-Book
「度合い」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「度合い」とは?
  • 「度合い」を使った言葉と解釈
  • 「度合い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「度合い」を使った例文や短文など


「度合い」とは?

みなさんは「度合い」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事の達成度合いを評価する」などと、ビジネスシーンで「度合い」を含んだ言葉を使った経験があるかもしれません。

一方で、「度合い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「度合い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「度合い」の読み方
  • 「度合い」の意味

「度合い」の読み方

「度合い」「どあい」と読みます。

特に難しい漢字はないため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「度合い」「どあい」と読みましょう。

「度合い」の意味

「度合い」には、どのような意味があるでしょうか。

「度合い」には、「具体的に計量し得る範囲」という意味があります。

また「目盛りに表れる範囲」という意味があります。

さらに「物事の程度」という意味もあります。

例えば、「仕事の達成度合い」という場合は、仕事がどの程度進んだのか、達成の程度を量る時に使います。

半分くらい進んでいる場合は、「仕事の達成度合いは五割程度です」などと言います。

このように「度合い」には、具体的に計量しうる範囲という意味や、物事の程度という意味があります。



「度合い」を使った言葉と解釈

続いて「度合い」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「度合い」を使った言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「成長の度合い」
  • 「度合いがひどくなる」
  • 「度合いが増す」

「成長の度合い」

「成長の度合い」という言葉があります。

例えば、進行中の事業がどの程度、成長しているのかを知りたい時に、「成長の度合い」を知りたいなどと言います。

また、このままでは成長の速度が遅すぎると感じる時、「成長の度合いが遅く、このままでは目標を達成できない」などと言います。

「度合いがひどくなる」

「度合いがひどくなる」には、どのような意味があるでしょうか。

「度合いがひどくなる」には「程度がひどくなる」という意味があります。

例えば、仲が悪いふたりがいる時、その仲の悪さが増しているような時、「仲の悪さの度合いがひどくなっている」などと言います。

「度合いが増す」

「度合いが増す」という言葉は、比較的よく使う言葉です。

例えば、最近仕事の負担が増しているなと感じる時、「負担の度合いが増す」と言います。

また慎重なタイプの人がいて、その慎重さがさらに増していると感じるような時、「慎重の度合いが増す」と言います。

以前よりも程度が増えているなと感じる時に、「度合いが増す」という言葉を使ってみましょう。

「度合い」の類語や類似表現や似た言葉

次に「度合い」の類語や類似表現を紹介します。

「度合い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「程度」
  • 「加減」
  • 「頃合い」
  • 「分」

「程度」

「程度」には「物事の度合い」という意味があります。

また「今あるものの段階を量ること」という意味があります。

例えば、仕事がどのくらい進んでいるかを量る時、「仕事の程度を量る」などと言います。

「程度の高い教育」という言葉には、レベルが高い教育という意味になります。

「加減」

「加減」には、「ある条件の具合によって、変わる程度」という意味があります。

「腹の空き加減」という場合は、「腹がどのくらい空いているか、程度」という意味があります。

「腹の空き加減」は食事を取ってからの経過時間や、運動内容などにより変化します。

「頃合い」

「頃合い」という言葉には、「ちょうどいいくらいの程度」という意味があります。

例えば、「そろそろ帰る頃合い」だという言葉には、「そろそろ、帰るのにちょうどいい程度だ」という意味があります。

例えば、飲み会で盛り上がり、終電が近づいてきた頃などは、「帰る頃合い」なのかもしれません。

「分」

「分」「ぶん」と読みます。

「分」には、「それくらいの程度」という意味や、「他と区別できる程度」という意味があります。

「この分なら、締め切りに間に合いそう」という場合は、「そのくらいの程度なら、締め切りに間に合いそうだ」という意味があります。



「度合い」を使った例文や短文など

「度合い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「度合い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「度合い」を使った例文1
  • 「度合い」を使った例文2

「度合い」を使った例文1

「筋肉の回復『度合い』を見て、次のトレーニング内容を決める」

この例文に登場する人は、筋トレをして、ボディメイクをしている男性か女性になります。

筋トレはダンベル運動やマシン運動により、筋肉を破壊する行為です。

破壊された筋肉は、回復後に、以前よりも強くなります。

しかし回復前に次のトレーニングをしてしまうと、うまく筋肉が育ちません。

この例文のように、筋肉の回復の程度を見て、次のトレーニングを決める必要があります。

例えば、回復の「度合い」を、1から10まで、自分の感覚で数値化すると便利かもしれません。

回復の「度合い」が8以上になるまで、絶対に次のトレーニングをしないと決めれば、効果的な筋トレができるようになるでしょう。

「度合い」を使った例文2

「結婚前と結婚後の、彼女の変化の『度合い』が激しい」

この例文は、結婚後に夫が妻の変化をしみじみと振り返っている心情を文章にしたものです。

この例文のように、結婚前の妻と、結婚後の妻が別人のように変化することがあるかもしれません。

もともと結婚後の妻が本当の妻で、恋愛中の彼女は幻だったのかもしれません。

または結婚後に妻が夫に幻滅して、態度を変えてきたのかもしれません。

いずれにせよ、変化の程度が激しいと感じた時に、「変化の度合いが激しい」などと言います。

icon まとめ

「度合い」という言葉について見てきました。

物事の程度について言葉にしたい時、「度合い」という言葉を使ってみましょう。

強弱や高低、多少や優劣などの程度を、「度合い」という言葉を使って表現してみましょう。