意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「歳月を重ねる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「歳月を重ねる」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、この言葉は、普段の生活の中で聞いたり、小説や記事の中で目にすることがある表現です。

しかし、どのような意味があるのか、自ら時間を作って調べてみる機会などがあまりないかと思いますので、ここで改めて意味や使い方についてフォーカスしてみることにします。

歳月を重ねる

Meaning-Book
「歳月を重ねる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「歳月を重ねる」の意味とは?
  • 「歳月を重ねる」の表現の使い方
  • 「歳月を重ねる」の英語と解釈
  • 「歳月を重ねる」を使った例文と意味を解釈
  • 「歳月を重ねる」の類語や類義語・言い換え


「歳月を重ねる」の意味とは?

「歳月を重ねる」とは、「長い時間が経過すること」という意味がある表現ですが、「歳月」「年月」という時間のことを言い表わす表現で、この時間を「重ねる」ということは、非常に長い時の流れを感じさせるフレーズでもあります。

  • 「歳月を重ねる」の読み方

「歳月を重ねる」の読み方

「歳月を重ねる」「さいげつをかさねる」「としつきをかさねる」という読み方になります。



「歳月を重ねる」の表現の使い方

「歳月を重ねる」という言葉が使われるシーンとしては、過行く時間と共に状況の変化をクローズアップして言う場合があります。

街の情景が年月と共に変化していく様や、人の考え方、習慣、嗜好が変わって行ったりと様々な変化を「歳月を重ねる」という言葉と合わせて表現することができます。

「歳月を重ねる」の英語と解釈

歳月を重ねる meaning in english

「歳月を重ねる」を英語で表現すると、“build up years”という言葉で訳すことができます。



「歳月を重ねる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「歳月を重ねる」を使った例文を見て行きながら、具体的な活用シーンをイメージして行くことにしましょう。

  • 「歳月を重ねる」を使った例文1
  • 「歳月を重ねる」を使った例文2

「歳月を重ねる」を使った例文1

「我が国の文化が長い歳月を重ねていくうちに、少しずつ海外の文化を取り入れて進化して行った」

文化はその国の習慣でもあり、歴史でもあるもので、日本でも独特の文化が海外から熱い関心を集めています。

他の国も当然、その国独自の文化がありますが、これが「歳月を重ねる」過程において、海外の思想や文化と取り入れて新たな流れを作ることもあります。

「歳月を重ねる」を使った例文2

「歳月を重ねて編み出された製造法が、その過程において改良を重ねられたのであり、1人の匠によって発明されたものではありません」

物を作る製造法もある意味、文化と言うことができるかもしれません。

その中でも、伝統工芸などの製造法は、「歳月を重ねる」中で、何世代の人々によって編み出された手法でもあるはずです。

決して、1人の超人的な存在によって成し遂げられたものではなく、「歳月を重ねる」ことから生まれてきた文化なのかもしれません。

「歳月を重ねる」の類語や類義語・言い換え

「歳月を重ねる」の類語としては、次のような言葉があります。

  • 「年輪を刻む」
  • 「時代の波をくぐる」

「年輪を刻む」

「年輪」とは、「樹木の茎や根の横断面にある1年間に出て来る輪状の部分」のことで、形成される部分の活動は春から始まり秋に終ります。

この「年輪」「時の経過」を比喩的に表現する場合に使われ。

「年輪を刻む」「歳月を重ねる」と同じ意味で解釈することができます。

「時代の波をくぐる」

「くぐる」「物の下を身体をすぼめるようにして通り抜ける」という意味がある言葉ですが、「時代の波をくぐる」「時や年月を通り越していく」という意味合いがあり、波乱万丈の人生を送るような意味合いで使われます。

icon まとめ

「歳月を重ねる」という言葉には、単なる年月の経過を意味するだけでなく、人の進化や国の歴史の変化を含めた時の流れを感じさせてくれる印象があります。

時間が誰もが平等に持っているものですが、この時間をいかに大切に有効的に活用できるかが、重要なことではないかと思います。

いたずらに「歳月を重ねる」のではなく有意義な時間を過ごせるように、日々意識して生活を送りたいものです。