意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鬱ゲー」とは?意味や表現の使い方について解釈

「鬱ゲー」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは「鬱ゲー」という言葉について詳しく解説していきます。

それでは一緒に見ていきましょう。

鬱ゲー

Meaning-Book
「鬱ゲー」とは?意味や表現の使い方について解釈>


目次

  • 「鬱ゲー」とは?意味
  • 「鬱ゲー」を使った例文と意味を解釈
  • 「鬱ゲー」をプレイする時の注意点
  • 「鬱ゲー」の類語や言い換え


「鬱ゲー」とは?意味

「鬱ゲー」とはゲームの内容が、不幸があったり、救いようのない状態になることで、プレイヤーが気が滅入ってしまう、鬱になるようなゲームのことを言います。



「鬱ゲー」を使った例文と意味を解釈

「鬱ゲー」という言葉の意味が理解できましたので、例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「鬱ゲー」を使った例文
  • 「鬱ゲー」を使った例文

「鬱ゲー」を使った例文

「気分が落ちている時は鬱ゲーはしない方がいいよ」

当たり前ではありますが、ハッピーエンドの展開、結末にならないゲームというのは後味がいいものではないでしょう。

自分のメンタルに自信がない時、疲れている時などはしない方が無難です。

「鬱ゲー」を使った例文

「そんなに言うほど、鬱ゲーとは感じなかったけどね」

「鬱ゲー」は遊ぶことで精神的ダメージを受ける、暗い気持ちになるとされるゲームのことを言いますが、精神的に非常にタフな人、感情移入をあまりしない人は、それほどダメージを受けない場合もあるようです。

人によって受けるダメージは違います。

感受性が強い人の方が鬱になりやすいでしょうか。

「鬱ゲー」をプレイする時の注意点

「鬱ゲー」で遊ぶ際の注意点としては、現在、鬱状態にある人は救いようがないストーリーのものはしない方がいいでしょう。

また落ち込んでいる時、夜中などもあまり好ましいとは言えません。

どうしても怖いもの見たさ的に「鬱ゲー」がしたいならば、明るい昼間、比較的精神的に健康な時にしましょう。



「鬱ゲー」の類語や言い換え

「鬱ゲー」の類語をいくつか紹介します。

  • 「泣きゲー」
  • 「無理ゲー」

「泣きゲー」

「泣きゲー」とは物語、登場人物へ共感し涙を誘うことを売りとしたゲームのことを言います。

恋愛などで残酷な運命に弄ばれる恋人といった内容のゲームは人気があるとされています。

しかし、気持ちが明るくはならないという点で「鬱ゲー」と同類とも言えるものもあるでしょう。

「無理ゲー」

「無理ゲー」とは、ゲームの難易度が高すぎること、クリアするのが無理なゲームという言葉です。

「鬱ゲー」も救いようがないストーリー、結末といったものもありますので、ハッピーエンドにはならないという意味で「無理ゲー」とも言えるでしょう。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「鬱ゲー」について解説をしました。

心身が疲れている時や、感受性が強く救いようのない話が苦手な人は「鬱ゲー」はしない方が無難です。