意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馬の背を分ける」とは?意味や例文

「馬の背を分ける」という言葉の意味を紹介します。

さらに「馬の背を分ける」の類語を紹介して行きます。

馬の背を分ける

Meaning-Book
「馬の背を分ける」とは?意味や例文>


目次

  • 「馬の背を分ける」とは?
  • 「馬の背を分ける」の類語や類似表現や似た言葉


「馬の背を分ける」とは?

「馬の背を分ける」という言葉を知っているでしょうか。

夕立の時に、偶然「馬の背を分ける」場所を見たことがあるかもしれません。

一方で、「馬の背を分ける」という言葉を、今回初めて目にした人も多いでしょう。

そこで「馬の背を分ける」という言葉の意味を紹介します。

  • 「馬の背を分ける」の読み方
  • 「馬の背を分ける」の意味

「馬の背を分ける」の読み方

「馬の世話を分ける」「うまのせをわける」と読みます。

特に難しい漢字はないため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「馬の背を分ける」「うまのせをわける」と読みましょう。

「馬の背を分ける」の意味

「馬の背を分ける」には、どのような意味があるでしょうか。

「馬の背を分ける」には、「あるエリアを境にして、雨が降っている場所と、晴れている場所がある」という天気を意味する言葉です。

雨は雨雲から落ちてくるため、雨雲がかかっていないエリアと、かかっているエリアでは、天気が違います。

その天気を分ける場所を、「馬の背を分ける」と言います。

また「馬の背を分ける」では、夕立について使うことが多い言葉のため、「夕立が降るエリアは、局地的で狭い」という意味もあります。

このように、「馬の背を分ける」には、「ある場所を境にし、雨が降る場所、晴れている場所がある」「夕立の降るエリアは狭い」という意味があります。



「馬の背を分ける」の類語や類似表現や似た言葉

次に「馬の背を分ける」の類語や類似表現を紹介します。

「馬の背を分ける」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「夕立」
  • 「ゲリラ豪雨」

「夕立」

「夕立」は夏の午後から、夕方にかけて降る雨のことで、激しいにわか雨のことを言います。

「夕立に降られて全身びしょ濡れになる」などという使い方をします。

「ゲリラ豪雨」

「ゲリラ豪雨」は最近、使われるようになった言葉で、激しい雨が局地的に短期間降ることを言います。

「夕立」よりもさらに激しい、猛烈な雨に対して、「ゲリラ豪雨」という言葉を使います。

icon まとめ

「馬の背を分ける」という言葉について見てきました。

偶然、雨が降る場所と降らない場所の境目を見た時は、「馬の背を分ける」という言葉を使ってみましょう。