意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「利用用途」とは?意味や使い方!例文や解釈

「利用用途」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「利用用途」という言葉の理解を深めていきましょう。

利用用途

Meaning-Book
「利用用途」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「利用用途」とは?
  • 「利用用途」の表現の使い方
  • 「利用用途」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「利用用途」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「利用用途」の反対語
  • 「利用用途」の英語と解釈


「利用用途」とは?

「利用用途」とは物やお金、サービスといったものの使い道を意味する言葉です。

また人の立場、能力などに対しても「利用用途がある、ない」と使うこともありますが、あまりいい使い方とは言えないでしょう。

  • 「利用用途」の語源や由来
  • 「利用用途」の読み方

「利用用途」の語源や由来

「利用用途」とは「利用」「用途」の二つの単語が合わさった言葉です。

「利用」とは物の機能や利点を活かして使うこと、またただ単に「使う」という意味合いでもあります。

また自分にとって利益となるように上手く使うという意味もあります。

「人を利用する」などと使ったりするのはこちらの意味となります。

続いて「用途」ですがこちらの意味は物、お金、サービスなどの使い道や使用方法ということになります。

「利用用途」の読み方

「利用用途」と書いて「りようようと」と読みます。



「利用用途」の表現の使い方

「利用用途」とは物、お金、サービスといったことの使い道、使い方という意味がある言葉です。

生活をする上において非常によく使われる部類の言葉と言えるでしょう。

例えば「この商品の利用用途は何ですか」「このサービスの利用用途を教えてください」などと買い物をすればアンケートでこのような質問をされることもよくあります。

また少々悪い言い方としては「人の使い道」「人を利用する」時にも「利用用途」という言葉を使って表すこともあります。

「あの会社の社員というだけで、彼にはまだ利用用途がある」「あなたの利用用途はもうなくなった」などと言いますが、悪く言ったり、相手を見下したりといい意味合いはありませんので、ドラマや小説でこのようなセリフがあったとしても現実的には使わない方がいい言葉です。

「利用用途」の類語や類似表現や似た言葉

言葉の意味が理解できましたところで、「利用用途」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「使い道」
  • 「使用目的」
  • 「使途」

「使い道」

「利用用途」を簡単な言葉で言い換えるならば「使い道」となります。

「使い道」とは使う方法、使用方法、役立て方といった意味です。

また使う方面、使いどころといった意味も含みます。

例えば「使い道がない物をもらっても仕方がない」「いいお金の使い道じゃないのはわかっている」「お小遣いの使い道」などと使います。

「使用目的」

「使用目的」とは使い方、使い道のことを言います。

例えば「このノートの使用目的は仕事に必要なことをメモする為です」「使用目的があるわけではないけれど、安いから買っておいた」といったように使います。

「使途」

「使途」とはお金などの使い道のことを言う言葉です。

「使途不明」「使途が明確でないのは困る」といったように使います。

「使い道」より少々お堅く、難しい印象を受ける言葉です。

仕事の場などでは「使い道」ではなく「使途」と使った方がいいでしょう。



「利用用途」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「利用用途」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「利用用途」を使った例文1
  • 「利用用途」を使った例文2

「利用用途」を使った例文1

「私にとって、この商品の利用用途は一つだけではないのです」

「利用用途」とは使い道のことを言います。

例文の内容は、一つの商品の使い方だけではなく、使い方は複数あるということを言っています。

「利用用途」という言葉は「利用用途が限られる」「利用用途が幅広い」といったようにも使います。

「利用用途」を使った例文2

「彼の利用用途があるうちは、彼女は何があっても手放さないさ」

「利用用途」とは物やサービスの使い道という意味合いですが、人に対しても使うことがあります。

ただし、意味合いとしては悪く、あまり品がいい表現とは言えないでしょう。

「人を利用する」という言い方をしますが、それと同じで「利用用途」「利用価値」といった言葉も使います。

「利用用途」の反対語

「利用用途」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「利用用途がない」
  • 「無価値」

「利用用途がない」

「利用用途」という言葉そのものは使い道となります。

通常「利用用途は何ですか」「このような利用用途がある」といった使い方になりますので「利用用途」自体に反対語はないのですが「利用用途がある」という場合は反対語は「利用用途がない」となります。

「無価値」

「利用用途」という言葉は物、サービス、お金などの使い道という意味ですから、何らかの価値がそこにはあるわけです。

その反対語となりますと、意味合いから考えた場合は「価値がない」となりますから「無価値」という言葉が当てはまるでしょう。

「利用用途」の英語と解釈

利用用途 meaning in english

「利用用途」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“a use”(用途)と言います。

例文では“have a variety of uses.”(用途が広くある)となります。

また「利用用途が限られる」ことは“have only limited uses.”(用途が限られる)と言います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「利用用途」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「利用用途」とはお金、物、サービス、また悪い意味合いにおいては人(能力、立場など)の使い道という意味がある言葉です。

「利用用途」自体に悪い意味はないのですが、人に対して使ったり、「利用用途がない」などと言えば悪い意味になりますので注意してください。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしていきましょう。