意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「気を利かせる」とは?意味や使い方!例文や解釈

「気を利かせる」とは、「相手の立場・気持ち・状況にふさわしい行動ができるように心を働かせること」です。

「気を利かせる」「意味・読み方・分解して解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・気を遣うとの違い・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

気を利かせる

Meaning-Book
「気を利かせる」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「気を利かせる」とは?
  • 「気を利かせる」の表現の使い方
  • 「気を利かせる」の類語や類似表現や言い換え
  • 「気を利かせる」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「気を利かせる」と「気を遣う」の違い
  • 「気を利かせる」の英語と解釈


「気を利かせる」とは?

「気を利かせる」という言葉は、「相手の立場・気持ち・状況に配慮して、それにふさわしい行動ができるように心を働かせること」を意味しています。

「気を利かせる」というのは、「相手の立場・気持ち(ニーズ)・状況」を先読みして感じ取り、それに応えられるように心(認知・行動の機能)を働かせることを意味しているのです。

例えば、「夫が気を利かせて、しばらくの間、私を一人にしてゆっくりさせてくれました」といった文章で、「気を利かせる」の典型的な意味を示せます。

  • 「気を利かせる」の読み方
  • 「気を利かせる」を分解して解釈

「気を利かせる」の読み方

「気を利かせる」の読み方は、「きをきかせる」になります。

「気を利かせる」を分解して解釈

「気を利かせる」の言葉を「気」「利かせる」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

「気」という言葉は、「目に見えない精神的なパワー・霊力・気迫」「心の働き・心から生み出される力」を意味しています。

「気」は古代中国の思想では、「万物を形成して生命・活力を与える宇宙的なエネルギー」としても解釈されていました。

「利かせる」という言葉は、「効果的に機能するように働かせること」を意味しています。

「気+利かせる=気を利かせる」で、「相手の気持ち・周囲の状況に配慮するような心の機能を働かせること」を意味しているのです。



「気を利かせる」の表現の使い方

「気を利かせる」の表現の使い方は、「相手の立場・気持ち・状況に配慮して、それにふさわしい行動ができるように心を働かせる場合」に使うという使い方になります。

また、「相手・状況に適切な配慮をして柔軟に動ける人」を指して、「気を利かせる」の言葉を使えます。

例えば、「取引先の担当者が気を利かせて、待合せ場所を駅の近くに設定してくれました」「彼女はいつも人に気を利かせています」といった文章で、「気を利かせる」の表現を正しく使用することができるのです。

「気を利かせる」の類語や類似表現や言い換え

「気を利かせる」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「気をまわす・気遣いをする」
  • 「忖度する・思いを汲む」
  • 「機転を利かせる・融通を利かせる」

「気をまわす・気遣いをする」

「気を利かせる」の類語・言い換えとして、「気をまわす・気遣いをする」があります。

「気をまわす」というのは、「相手に何か不都合がないかと、あれこれ考えて心配すること」を意味する言葉です。

「気遣いをする」というのは、「相手の気持ち・状況を推測して心配りすること」を意味しています。

これらの意味合いから、「気を利かせる」の表現は「気をまわす・気遣いをする」という表現に言い換えることができるのです。

「忖度する・思いを汲む」

「気を利かせる」の類似表現・言い換えとして、「忖度する(そんたくする)・思いを汲む(おもいをくむ)」があります。

「忖度する」という言葉は、「他人の気持ち・状況を推し量って配慮すること」を意味しています。

「思いを汲む」というのは、「相手の気持ち・信念を推測して理解しようとすること」を意味する言葉です。

これらの意味合いから、「気を利かせる」と良く似た意味を持つ類似表現として、「忖度する・思いを汲む」を上げることができます。

「機転を利かせる・融通を利かせる」

「気を利かせる」の類語・言い換えとして、「機転を利かせる・融通を利かせる(ゆうずうをきかせる)」があります。

「機転を利かせる」というのは、「相手の気持ちや周囲の状況に見合った行動ができるように心を働かせること」を意味する言葉です。

「融通を利かせる」という言葉は、「その場の状況・相手の気持ちなどに臨機応変に合わせて行動できること」を意味しています。

それらの意味から、「気を利かせる」の表現は「機転を利かせる・融通を利かせる」という表現に言い換えることが可能なのです。



「気を利かせる」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「気を利かせる」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「気を利かせる」を使った例文1
  • 「気を利かせる」を使った例文2

「気を利かせる」を使った例文1

「サービス業のリーディングカンパニーである当社では、お客様に対して臨機応変に気を利かせられる人材を強く希望しております」

この「気を利かせる」を使った例文は、「サービス業のリーディングカンパニーである当社では、お客様の気持ち・ニーズ・状況に対して臨機応変に心を働かせて動ける人材を強く希望している」ということを意味しています。

「気を利かせる」を使った例文2

「気を利かせる人は重宝されて人からは好かれますが、自分自身はストレスを感じて疲れきってしまいやすいのです」

この「気を利かせる」を使った例文は、「相手の心理・状況・立場に配慮してそれにふさわしい行動ができる人は、大事にされて人からは好かれますが、自分自身はストレスを感じて疲れきってしまいやすい」ということを意味しています。

「気を利かせる」と「気を遣う」の違い

「気を利かせる」「気を遣う」の違いは、「気を利かせる」「相手の気持ち・ニーズ・状況に配慮できるように心を働かせること」を意味していますが、「気を遣う」「自分が気まずい思いをしなくて済むように相手の気持ちを推測して動くこと」を意味しているという違いがあります。

「気を利かせる」「相手中心の配慮(相手のニーズを先読みしてそれに応えようとする)」ですが、「気を遣う」「自分中心の配慮(自分が良く思われたいや嫌われたくないで相手に配慮する)」になりやすいという点が、二つの言葉の違いになっています。

「気を利かせる」の英語と解釈

気を利かせる meaning in english

「気を利かせる」の英語は、“be sensible enough to do”(気を利かせて〜する)や“have the sense to do”(〜するのに気を遣う)、“tactfully”(巧みに・気を利かせて)で表現することができます。

  • “She was sensible enough to leave tired me alone.”

“She was sensible enough to leave tired me alone.”

この「気を利かせる」を使った英語の例文は、「彼女は気を利かせて、疲れている私を一人にしてくれました」ということを意味しています。

icon まとめ

「気を利かせる」という言葉について徹底的に解説しましたが、気を利かせるには「相手の立場・気持ち・状況にふさわしい行動ができるように心を働かせること」などの意味があります。

「気を利かせる」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「気をまわす・気遣いをする」「忖度する・思いを汲む」「機転を利かせる・融通を利かせる」などがあります。

「気を利かせる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。