意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意義を感じる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「意義を感じる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「意義を感じる」という言葉を使った例文や、「意義を感じる」の類語を紹介して行きます。

意義を感じる

Meaning-Book
「意義を感じる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「意義を感じる」とは?
  • 「意義を感じる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「意義を感じる」を使った例文や短文など


「意義を感じる」とは?

「意義を感じる」という言葉を知っているでしょうか。

自分の仕事に「意義を感じている」という人もいるでしょう。

一方で、「意義を感じる」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「意義を感じる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「意義を感じる」の読み方
  • 「意義を感じる」の意味

「意義を感じる」の読み方

「意義を感じる」「いぎをかんじる」と読みます。

「意義」「いぎ」「感じる」「感じる」と読みます。

難しい漢字がないため、読み間違えることは少ないでしょう。

「意義を感じる」の意味

「意義を感じる」には、どのような意味があるでしょうか。

「意義を感じる」には、「それにふさわしい価値を感じる」という意味があります。

自分の仕事に、「意義を感じる」という人は、自分の時間をかけるだけの価値を感じるということになります。

やる意味がある仕事、そのために自分の時間を犠牲にしても悔いはないような仕事を「意義を感じる仕事」などと言います。

このように「意義を感じる」には、「それにふさわしい価値を感じる」という意味があります。



「意義を感じる」の類語や類似表現や似た言葉

「意義を感じる」の類語や類似表現を紹介します。

「意義を感じる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「価値がある」
  • 「値打ちがある」

「価値がある」

「価値がある」という言葉も頻繁に使われる言葉です。

「価値がある」には、「物持っている値打ちがある」という意味があります。

例えば、「この壺には価値がある」という場合、「この壺には、ふさわしい価値がある」という意味になります。

例えば、一万円の壺を購入する時に、「この壺には価値がある」という場合は、一万円の価値があるという意味になります。

「値打ちがある」

「値打ちがある」という言葉も、広く使われています。

「値打ちがある」「値打ち」には、「物の役立つ程度、度合」という意味があり、「値打ちがある宝飾品」という場合は、程度が高い宝飾品という意味になります。

「意義を感じる」を使った例文や短文など

続いて「意義を感じる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「意義を感じる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「意義を感じる」を使った例文1
  • 「意義を感じる」を使った例文2

「意義を感じる」を使った例文1

「最近、人生の『意義を感じる』」

この例文に登場する人は、生活をしながら、人生を歩むことの価値を感じているようです。

自分が生まれてきて、この時代やこの場所で生きていることに対して、ふさわしい価値を感じています。

生まれてきてよかったという感覚や、手ごたえのある生活を手に入れているのかもしれません。

「意義を感じる」を使った例文2

「この本は読む、『意義を感じる』」

この例文は、本を読みながら、「読む価値が高い」と感じている人の気持ちを文章にしたものです。

面白くない本や、内容が薄いと感じられる本は、読むことに費やす時間を無駄にしているような錯覚に陥ります。

この例文のように、読む価値があると感じている人は、良い本を購入した、あるいは良い本を図書館などで借りられたと嬉しく思っているでしょう。



icon まとめ

「意義を感じる」という言葉について見てきました。

難しそうに思える言葉ですが、意味を知ると使い勝手がよい言葉だと感じられるでしょう。

「何かをするのにふさわしい価値がある」と思った時、「意義を感じる」という言葉を使ってみましょう。