意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意義深い」の意味とは?類語、英語や使い方、例文を紹介!

物事には重要なこともあればそうでないこともあります。

しかし多くは気づかないところで重要なことにあふれており、それを理解した時「意義深い」と表現することもあります。

しかし「意義深い」とは普段使う機会の少ない言葉ですが、耳にすることはあるため知っておく必要があります。

Meaning-Book
「意義深い」の意味とは?類語、英語や使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「意義深い」の意味とは?
  • 「意義深い」の読み方と使う年齢層
  • 「意義深い」の英語(解釈)
  • 「意義深い」の対義語
  • 「意義深い」の言葉の使い方
  • 「意義深い」を使った例文や短文(解釈)
  • 「意義深い」の類語や類義表現


「意義深い」の意味とは?

「意義深い」とはその対象となるものに対してしっかりとした価値があったり、重要としていることを意味します。

そもそも「意義」とは意味が二つあり、一つはその言葉で表すことが出来ることです。

そしてもう一つは物ごとにおける価値を意味しており、価値の対象は様々です。

「意義深い」での意味としては後者が適応となります。

また「深い」について、ここでの意味として物事における奥深さを意味しています。

奥深いほど重要かつ価値があるとされており、合わさることで物ごとの価値の深さ・重要性と言った意味として解釈されます。



「意義深い」の読み方と使う年齢層

「意義深い」という言葉は「いぎぶかい」と読みます。

そしてこの言葉を使う年齢層について、若年層では少なく、中高年世代に多く見られています。

「意義」という言葉自体を若年層が使う機会も少なく、それほどの物事に関わる機会もなかなかありません。

多くはビジネス上や司会など特別な場面であることが多いです。

そのため自然とそのような機会が多い中高年世代の使用頻度・利用率が高くなっています。

「意義深い」の英語(解釈)

「意義深い」とは物事における重要さや価値などを意味しており、英語でも表現されています。

単語では“significant”とされており、物事における意味やその重要性・影響力と言った訳・解釈となり、「意義深い」と同義の単語とされています。

また文章では“full of meaning”となります。

“meaning”「意味」と解釈され、“full”が付くことでその意味の十分さ・充足差と言った解釈とされ、意味の深さを表しています。

また時には“meaningful”と単語でも表記されることもあり、同じ意味のため文章に応じて使い分けも可能です。



「意義深い」の対義語

「意義深い」という言葉には対義語も存在しており、解釈によってその言葉も変わって来ます。

メジャーなものであれば「つまらない」となります。

「つまらない」という言葉は面白くないとも解釈されます。

「意義深い」の対義語としての意味としては物事における価値・重要性が低いため、関心を持てない・興味を惹かれないことから「つまらない」と表現されます。

また「薄っぺらい」とも表現されます。

「薄っぺらい」とは物事においてその価値や重み・内容の質を問いています。

内容や意味・価値・重要性などが希薄であり、厚みを感じられないため、「薄っぺらい」と形容的に表現しています。

「意義深い」の言葉の使い方

「意義深い」という言葉は普段の会話で使うことは少ないです。

多くはビジネス上の会話・ミーティング・挨拶といった特殊な環境・条件下に手用いられます。

そして使い方としては相手の発言や行動など、何かしらのアクション・変化に対しての感想・意見として用いられることが多いです。

相手の何かに対して、とても「価値やその深みを感じた」と伝えることになります。

また自身が特に重要・大切と感じたことを周囲へ発信する使い方もあります。

「意義深い」を使った例文や短文(解釈)

「意義深い」という言葉はなかなか使う機会の少ない言葉ですが、物事における価値綾重要性の高さを伝える際には有効な言葉です。

そのため使うときに間違えて使わないよう、適切な使い方の例文とその解釈を紹介します。

  • 「意義深い」の例文1
  • 「意義深い」の例文2
  • 「意義深い」の例文3

「意義深い」の例文1

「友人が芸術作品を見て『これはなんて意義深い作品なんだ』と話していた」

この場合、芸術作品を見た時に感じたことを友人が話しています。

友人が感じた感想として、芸術作品には非常に高い価値があり、その大きさ・凄さを「意義深い」という言葉で相手に伝えています。

「意義深い」の例文2

「彼にとって一番つらい時期ではあったが、それが将来を見据えた時にとても意義深い時期になったようだ」

この場合、彼とされる人物の過去の出来事の重要性を表しています。

過去につらいとされる時期があったが、結果的にそれは将来的には必要なことであり、とても重要・大切な時期であったことを「意義深い」と用いて表現しています。

「意義深い」の例文3

「知人の学校を訪問し『私はこれほど意義深い教訓を見たことがない。』と驚きを伝えた」

これは知人の学校にある教訓に内容に対して「意義深い」と用いています。

教訓の内容は過去と比較してこれまでに見たことがないほど非常に大切なことを要約して伝えており、その価値・重要性から用いられています。

「意義深い」の類語や類義表現

「意義深い」という言葉は日常で使う機会は少ないのですが、同じような意味は類語・類義表現で用いられることがあります。

どのような類語・類義表現があるか紹介していきます。

  • 「意味深長」
  • 「有意義」
  • 「枢要」

「意味深長」

この言葉の解釈として、相性の持つ意味に対して深みがあり複雑であることを表しています。

「意味」はそのまま対象の持つ意味を表し「深長」はその意味の深さ・重要さなどを表すため、合わさることで「意義深い」の類語として用いられます。

時には「意味深」と略称で用いられることもあります。

「有意義」

「有意義」について、その意味として対象となるものにどれほどの値打ち・価値があるかと言う意味があります。

そのため対象の事象の価値の大きさと言う意味で「意義深い」の類語とされています。

「枢要」

この言葉の意味として、物事を動かす上で最たる中心・重要となる場所を表す言葉です。

「意義深い」と比較すると対象がすでに一番大切であることは明確化されており、その程度に変化はありません。

しかし「一番大切」ということからもその価値・重要性の高さを表す言葉として類義表現に用いられます。

icon まとめ

「意義深い」という言葉は普段の会話ではなかなか使うことは少なく、特別な環境・条件下にて用いられることが多いです。

非日常で用いられることからも使い方や意味・解釈を誤ってしまうとトラブルにもなりかねないため注意が必要です。

また類語・類義表現もたくさんあるため、使いやすさ・必要に応じて使い分けることも可能です。