意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出来が悪い」とは?意味や使い方!例文や解釈

「出来が悪い」という言葉は日常会話などでもわりと頻繁に使う機会が多いのではないでしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「出来が悪い」という言葉の理解を深めていきましょう。

出来が悪い

Meaning-Book
「出来が悪い」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「出来が悪い」とは?
  • 「出来が悪い」の表現の使い方
  • 「出来が悪い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「出来が悪い」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「出来が悪い」の反対語
  • 「出来が悪い」の英語と解釈


「出来が悪い」とは?

「出来が悪い」とはできあがったものが悪いこと、また農作物の実り具合が悪かったり、収穫量が少ない時にも言います。

それから言い方が良くはありませんが、成績が悪い、能力が低いことを「出来が悪い」とも言い表します。

  • 「出来が悪い」の語源や由来
  • 「出来が悪い」の読み方

「出来が悪い」の語源や由来

「出来が悪い」「出来」とは、できること、できあがるという意味です。

農作物の実り具合、収穫量、成績、仕事の能力といったことも「出来はいい」「出来が悪い」といった言葉で言い表します。

ですが「出来が悪い」とは人に使うのは、悪口や罵る言葉ともなりますのであまり望ましい使い方とは言えないでしょう。

「出来が悪い」の読み方

「出来が悪い」と書いて「できがわるい」と読みます。



「出来が悪い」の表現の使い方

「出来が悪い」という言葉は日常会話において、よく使われる言葉の部類に入ります。

例えば「今年の実りは、去年に比べて出来が悪い」という言い方は、何か農作物、植物など育てている場合はよく出てくることでしょう。

また成績がふるわない、仕事の能力がない、人として性格的に問題がある、劣っているという場合に「あいつは出来が悪い」などと悪く言う時もよく出てくる言い回しですが、これは悪口となりますし、本人に向かって「お前は出来が悪い」などと言うのは罵る言葉として解釈できますので、使い方には注意が必要です。

その場の雰囲気で冗談で言う場合、お互いに言い合っても問題がない関係性ならばいいのですが、通常は面と向かって言う言葉ではありません。

「出来が悪い」の類語や類似表現や似た言葉

言葉の意味が理解できましたところで、「出来が悪い」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「質が低い」
  • 「十分でない」
  • 「拙い」

「質が低い」

物事のレベル、質が良くないという意味での「出来が悪い」の場合は「質が低い」という言葉と同じ意味合いとなります。

「この作品は出来が悪い」「この作品は質が低い」と言い換えることができます。

例えば「これは初めて間もない頃の作品でまだ質が低いなあ」「質が低い映画だった、お金を損した気分だ」といった使い方になります。

「十分でない」

物事の結果や、出来が気に入らないという意味で「出来が悪い」と使うことがあります。

同じ意味合いを持つ言葉に「十分でない」という言葉が当てはまります。

「練習不足で出来が悪かった」「練習不足で十分でない」と言っても意味は同じです。

「十分でない」の使い方としては「まだ十分でないのに、独立するなんて無理でしょう」「彼の技術は頑張ってはいるが、十分ではない」「今年は収穫量が十分でないので困っている」となります。

「拙い」

技術が足りない、作ったものの「出来が悪い」「拙い」(つたない)という言葉で言い換えることができます。

「拙い」の意味は物事が巧みではない、技術が未熟、下手といった意味になります。

「拙い手つきなので見ている方がヒヤヒヤする」「拙い文章だけど心はこもっている」などと使います。



「出来が悪い」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「出来が悪い」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「出来が悪い」を使った例文1
  • 「出来が悪い」を使った例文2

「出来が悪い」を使った例文1

「今回の絵は出来が悪いので人に見せるのは恥ずかしい」

「出来が悪い」という言葉は自分のことに関して使うことは失礼でもありませんし、謙遜の意味合いが含まれていることもあります。

例文のように「出来が悪い」と使うのは本当にできあがりが未熟な場合もありますが、そうではなく謙遜しているだけということも案外多いのです。

また褒められた時に「出来が悪くて恥ずかしいです」と答えることもあります。

これは「いえいえ、そんな」といったニュアンスで決まり言葉のようなものです。

「出来が悪い」を使った例文2

「彼は性格はいいのだけど、仕事の能力という面では出来が悪いので今回は他の人に任せよう」

「出来が悪い」という言葉は陰でこっそり言う場合は大抵、悪口、批判となります。

この例文の場合は「彼は仕事ができないから任せられない」ということを言っています。

「出来が悪い」の反対語

「出来が悪い」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「出来が良い」
  • 「上出来」

「出来が良い」

「出来が悪い」の反対語は「出来が良い」「出来がいい」になります。

意味はできあがったものが良い、収穫量が多い、質が良い、能力があるなど「出来が悪い」の反対となります。

「上出来」

「上出来」とは出来栄えが良いこと、結果、状態が十分に満足できる程度にあることを言います。

「今日作った作品は上出来だ」「会う約束をとりつけてきただけでも上出来と言えるよ」といった風に使います。

また満足した時には「上出来、上出来」と繰り返して言ったりもします。

「出来が悪い」の英語と解釈

出来が悪い meaning in english

「出来が悪い」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では質が悪い、好ましくない、道徳的に悪いということは“bad”という単語で言い表します。

例えば“That movie was so bad”(あの映画は出来が悪かった)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「出来が悪い」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

日頃から会話に「出来が良い」「出来が悪い」は使われることが多い言葉です。

「出来が悪い」は、単純にできあがりが悪い、収穫量が少ないといった意味で使う場合と、人の成績、能力、人間性などを言う場合と何種類か意味合いがありますので使い方には気をつけるようにしましょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。