意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「芋を引く」とは?意味や類語!表現の使い方

「芋を引く」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「芋を引く」という言葉の理解を深めていきましょう。

芋を引く

Meaning-Book
「芋を引く」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「芋を引く」とは?
  • 「芋を引く」の表現の使い方
  • 「芋を引く」現代風に解釈
  • 「芋を引く」を使った例文と意味を解釈
  • 「芋を引く」の類語や類義語・言い換え


「芋を引く」とは?

「芋を引く」とは、ビビっている、弱腰になる、怖気づくといった意味で使います。



「芋を引く」の表現の使い方

「芋を引く」という言葉は、怖気づく、恐れる、ビビるといった感じで使う言葉です。

「あいつが土壇場で芋を引いた」「あいつが土壇場で怖気づいた」となるわけです。

あまり上品な言葉遣いとは言えないですので、女性向けではないでしょう。

また男性でも親しい友達同士ならば問題はありませんが、仕事の場などで使うのは避けましょう。

  • 「芋引く前に足洗え」の意味

「芋引く前に足洗え」の意味

「芋引く前に足洗え」とは、どういう意味かと言いますと、直訳するならば「怖気づく前に止めておけ」ということになります。

「芋を引く」現代風に解釈

「芋を引く」という言葉の意味が理解できましたでしょうか。

関連用語として「いもる」という言葉があります。

これは最近の言葉と言えるのですが、その意味を見ていきましょう。

  • 「いもる」

「いもる」

インターネット上のやり取りで「あの人、すぐいもる」「いもっている」などと使うことがあるのですが、意味は「怖気づくこと」「緊張しておどおどしたこと」となります。

対戦型のゲームなどで動かない場合にも使われます。

そのようなプレイをするプレイヤーを「いも」と呼び、「いもプレイ」などとも言います。

「いもってんじゃねえよ」「いもるだけかと思ったら、今日は違った」という使い方です。

また「おどおどしたこと」で使う場合は「怖かったから、いもってしまった」「合コンに行っていもるのはなしだよ」などと言います。



「芋を引く」を使った例文と意味を解釈

それでは「芋を引く」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「芋を引く」を使った例文1
  • 「芋を引く」を使った例文2

「芋を引く」を使った例文1

「すぐに芋を引くくせに強がる」

すぐに怖がったり、怖気づくくせに、強がったり何でもやろうとする人に対して使います。

また「怖がるな」という意味で「芋を引くなよ」などとも言います。

「芋を引く」を使った例文2

「先輩が芋を引いたのは意外だった」

普段、怖いものなどなさそうな人、強そうな人がいざという時に使いものにならなかったり、おどおどした時に使います。

おどおどし始めた時に「芋を引き出した」と言ったりもします。

「芋を引く」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「芋を引く」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「気後れする」
  • 「怖がる」
  • 「弱腰になる」

「気後れする」

「気後れする」とは恐れたり、恥ずかしさから、心がひるむことを言います。

「大勢の人の前で気後れするのは仕方ない」といったように使います。

「怖がる」

「芋を引く」を簡単な言葉に言い換えるならば「怖がる」が当てはまるでしょう。

「大げさに怖がる」「いざとなったら急に怖がる」といったように使います。

「弱腰になる」

「弱腰になる」とは相手に対して強い態度に出ることができないこと、弱気であることを言います。

「すぐに弱腰になる」「弱腰になって、逃げてしまった」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「芋を引く」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「芋を引く」は方言とも言われていますが、国語辞典に載っている言葉ではありませんので、公式な場、会社などでは使わない方がいいでしょう。