意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「夢を描く」とは?意味や類語!表現の使い方

皆さんは、「夢を描く」という慣用句を耳にしたことがあるかと思いますが、どのような言葉なのか、改めてじっくりと考える機会がないことでしょう。

そこで今回は、この「夢を描く」という言葉について、その意味や活用法を説明して行くことにします。

Meaning-Book
「夢を描く」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「夢を描く」とは?意味
  • 「夢を描く」の表現の使い方
  • 「夢を描く」の英語と解釈
  • 「夢を描く」を使った例文と意味を解釈
  • 「夢を描く」の類語や類義語・言い換え


「夢を描く」とは?意味

「夢を描く」とは、「自分の未来について空想する」「将来への希望を心に描く」という意味がある慣用句です。

「描く」という語句を聞くと、真っ白なキャンパスに絵を描くことをイメージしますが、それと同じように「頭の中で自分の未来などを思い描く」ことになります。

曲であった「未来予想図」と言ったところでしょうか。

  • 「夢を描く」の読み方

「夢を描く」の読み方

「夢を描く」「ゆめをえがく」という読み方になります。



「夢を描く」の表現の使い方

「夢を描く」を使うシーンとしては、幼い頃に自分が大人になってから、色々とやりたいことや、自分がなりたい姿をイメージするような場合に使われることになります。

「夢を描く」の英語と解釈

「夢を描く」を英語で言うなら、“draw a dream”“think of a dream”という言葉で表現することができます。



「夢を描く」を使った例文と意味を解釈

ここで「夢を描く」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「夢を描く」を使った例文1
  • 「夢を描く」を使った例文2

「夢を描く」を使った例文1

「僕は小学生の頃に大学卒業後の夢を描いていた仕事に就くことができた」

このような例文のことを経験した人は、たくさんいたと思います。

幼い頃には、自分が大人になってから、どんな仕事をするのか、色々と空想することがあります。

そして、「夢を描いた」ことを実現させることができたなら、これ程素晴らしいことはないでしょう。

「夢を描く」を使った例文2

「君が夢を描いたことを聞かされた時は、本当に感動した。まさかそれを本当に実現させたのだからね」

誰が見ても1度や2度は頭の中で、「夢を描く」ことがあるはずです。

しかし、その夢を本当に現実にすることができる人は、そんなに多くはないでしょう。

大人になってから、現実的な見方で仕事に就くことがあるからです。

したがって、幼い頃の夢に向かって努力してきた人が、その夢を果たすことは、とてもすごいことだと思います。

「夢を描く」の類語や類義語・言い換え

「夢を描く」を他の言葉で言い換えるとするなら、次のような言葉が挙げられるでしょう。

  • 「夢を追う」【ゆめをおう】
  • 「理想に燃える」【りそうにもえる】
  • 「理想の実現を目指す」【りそうのじつげんをめざす】

「夢を追う」【ゆめをおう】

「夢を追う」とは、「子供の頃に夢見て来たことを現実のものにするために必死に頑張ること」という意味の言葉です。

これも「夢を描く」と同じような意味になりますが、1度夢見たことを追いかけている姿は、感動さえ覚えてしまいますね。

「理想に燃える」【りそうにもえる】

「理想に燃える」とは、「自分の描いている理想の姿を手にしたり、実現させるために努力する」という解釈になります。

「燃える」とは、単純に「火がついて焼かれる」ことを指しているのではなく、「目標に向かって熱い情熱の心の火がメラメラと燃えている」ということになります。

「理想の実現を目指す」【りそうのじつげんをめざす】

「理想の実現を目指す」「夢を描く」と同じ意味の表現です。

と言うより、ストレートに表現している言い回しで、意味はそのまま解釈することができます。

icon まとめ

「夢を描く」ということは、単なる空想の世界ではなく、それを実現させるための基本構想を子供の頃から、頭の中で作り上げていることかもしれません。

親御さんもそのような子供の考えを尊重して、大きく成長した的に、その夢を実現できるように後押ししてあげるといいでしょう。

「夢を描く」ことは大人でもできることですが、子供の頃のイマジネーションは、それを遥かに上回るものがありそうで将来が楽しみになってきます。