意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「注意を促す」とは?意味や類語!表現の使い方

皆さんは、何か間違った行動をしていて、「注意を促す」ようなことを言われたことがないでしょうか? この「注意を促す」という行為は、日常生活の中で、とても重要な意味合いが含まれている言葉なので、ここでこの言葉について、説明していくことにします。

Meaning-Book
「注意を促す」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「注意を促す」とは?意味
  • 「注意を促す」の表現の使い方
  • 「注意を促す」の英語と解釈
  • 「注意を促す」を使った例文と意味を解釈
  • 「注意を促す」の類語や類義語・言い換え


「注意を促す」とは?意味

「注意を促す」とは、「周囲の人や組織、住民などの団体やグループに対して、特定のことについて注意を呼び掛けること」を言っています。

言い換えると「周りの人や関係する人に呼びかけて対象へ注意を振り向けさせること」という解釈ができます。



「注意を促す」の表現の使い方

「注意を促す」は、予知できない危険など想定することが難しいことに対して、喚起したり、声を掛けるような場面で使われることになります。

「注意を促す」の英語と解釈

「注意を促す」を英語で表現すると、“call for attention”“to alert”と言ったような文章で訳すことができます。



「注意を促す」を使った例文と意味を解釈

ここで「注意を促す」を使った例文を挙げてみることにしますので、具体的な活用シーンをイメージしてください。

  • 「注意を促す」を使った例文1
  • 「注意を促す」を使った例文2

「注意を促す」を使った例文1

「未成年の飲酒や喫煙の危険性について注意を促すことで、健康の必要性を自覚させる」

未成年の飲酒・喫煙が良くないことは言うまでもありませんが、それは法律的で禁止されているからだけでなく、健康上でも問題があることを説いて理解してもらうことも大切だということを言っています。

「注意を促す」を使った例文2

「友人が気付いていない過ちに対して注意を促してやったのです。それで初めて自分の行いが間違っていることが理解できたようです」

人は誰でも過ちを犯してしまうものですが、自分が間違った行動をしていることさえ気付かない人もいます。

そんな時に「注意を促す」ことをあげるのですが、素直に気付いてくれる人は、とてもラッキーです。

それで自分の行いが正されるのですから。

「注意を促す」の類語や類義語・言い換え

「注意を促す」は他にどのような言葉で言い換えることができるのか、ここで類義語を見ていくことにします。

  • 「注意喚起」
  • 「警告する」
  • 「忠告する」

「注意喚起」

「注意喚起」「周りの人々や、特定のグループの人達に対して、あるテーマや話題について注意を呼び掛けること」を指している言葉です。

この言葉は、子供から大人まで広い範囲で遣われていますので、「注意喚起」がなされたなら、意識してその内容をしっかりと理解することが大切にです。

「警告する」

「警告する」は、「良くない事態や緊急事態などに遇わないようにするために、事前に注意をすること」という意味があります。

「注意喚起」「注目を促す」は、失敗したり、物事が最悪な事態がなった後でも使われることがありますが、「警告する」はトラブルが発生する前にするものです。

危険回避、問題防止を注意する時に使われることを覚えておくといいでしょう。

但し、「注意を促す」より緊急度が高いので、「警告する」は重たく受け止めておくことが大切です。

「忠告する」

「忠告する」は、「相手への親切心から、その過ちや失敗などを注意したり、指摘する」という意味が込められています。

「注意を促す」は、どんな相手に対しても使うことができる言い方ですが、「忠告する」を使う相手としては、かなり仲の良い親しい友人や知人であったりする場合になってきます。

逆に言うと、「忠告する」人は、相手のことを心配してくれているので、感謝すべき存在の人なのです。

icon まとめ

「注意を促す」という言葉を見てきましたが、この言葉は、とても大切なことを教えてくれるものです。

したがって、このような場面に遇ったなら、素直にその言葉に耳を傾けることが重要です。