意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思いの丈をぶつける」の意味や類語、例文を紹介

「思いの丈をぶつける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「思いの丈をぶつける」という言葉を使った例文や、「思いの丈をぶつける」の類語を紹介して行きます。

思いの丈をぶつける

Meaning-Book
「思いの丈をぶつける」の意味や類語、例文を紹介>


目次

  • 「思いの丈をぶつける」とは?
  • 「思いの丈をぶつける」を使った例文や短文など
  • 「思いの丈をぶつける」の類語や類似表現や似た言葉


「思いの丈をぶつける」とは?

「思いの丈をぶつける」という言葉を知っているでしょうか。

片想いの相手に「思いの丈をぶつけた」経験があるかもしれません。

一方で、「思いの丈をぶつける」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「思いの丈をぶつける」という言葉の意味を紹介します。

  • 「思いの丈をぶつける」の読み方
  • 「思いの丈をぶつける」の意味

「思いの丈をぶつける」の読み方

「思いの丈をぶつける」「おもいのたけをぶつける」と読みます。

「思いの丈」「おもいのたけ」と読みます。

「おもいのじょう」などと読み間違えないように、気を付けましょう。

これを機会に「思いの丈をぶつける」「おもいのたけをぶつける」と読みましょう。

「思いの丈をぶつける」の意味

「思いの丈をぶつける」には、どのような意味があるでしょうか。

「思いの丈をぶつける」には「思うことのありったけをぶつける」という意味があります。

また「恋い慕う気持ちのすべてを、好きな人にぶつける」という意味があります。

例えば、仕事の不満を上司に対して、全力で話す時、「上司に思いの丈をぶつける」と言います。

また片想いの相手に、好きな気持ちを全て包み隠さず伝える時、「片想いの相手に思いの丈をぶつける」と言います。



「思いの丈をぶつける」を使った例文や短文など

「思いの丈をぶつける」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「思いの丈をぶつける」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「思いの丈をぶつける」を使った例文1
  • 「思いの丈をぶつける」を使った例文2

「思いの丈をぶつける」を使った例文1

「就活で、第一志望の企業の面接官に『思いの丈をぶつけた』」

この例文のように、第一志望の企業の面接は、気合が入りそうです。

悔いがないように、面接官に対して「思いの丈をぶつけた」という人もいるかもしれません。

どのくらい会社に入りたいか、自分が会社に入ればどのような役に立つかを熱く伝えることは、きっと無駄にはならないでしょう。

縁があれば、その気持ちが伝わって、合格できるかもしれません。

「思いの丈をぶつける」を使った例文2

「幼なじみの女性に『思いの丈をぶつける』」

この例文に登場するのは、幼なじみの女性をずっと好きだった男性です。

後悔がないように、好きな気持ちを思い切り伝えたのではないでしょうか。

近すぎる関係では、告白するというリスクを冒すことを避けやすくさせます。

しかし、いつまでも友達のままではいられないため、「思いの丈をぶつける」ことになるかもしれません。

「思いの丈をぶつける」の類語や類似表現や似た言葉

「思いの丈をぶつける」の類語や類似表現を紹介します。

「思いの丈をぶつける」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「洗いざらい話す」
  • 「ありったけの思いを伝える」

「洗いざらい話す」

「洗いざらい話す」には、「思っていることを余すことなく話す」という意味があります。

「思いの丈をぶつける」と似た意味がありますが、「思いの丈をぶつける」ほど熱い思いではなく、知っていることを全て話す、気になっていることを全て話す時に、「洗いざらい話す」という言い方をします。

「事件について洗いざらい話す」などという使い方をします。

「ありったけの思いを伝える」

「ありったけの思いを伝える」には、「思っていることを全部、相手に伝える」という意味があります。

告白する時にも「ありったけの思いを伝える」という表現をします。



icon まとめ

「思いの丈をぶつける」という言葉について見てきました。

みなさんも好きな人に告白する時は、「思いの丈をぶつけて」みてはいかがでしょうか。