意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面食らった」とは?意味や類語!表現の使い方

「面食らった」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面食らった」という言葉を使った例文や、「面食らった」の類語を紹介して行きます。

面食らった

Meaning-Book
「面食らった」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「面食らった」とは?
  • 「面食らった」を使った例文や短文など
  • 「面食らった」の類語や類似表現や似た言葉


「面食らった」とは?

みなさんは「面食らった」という言葉を知っているでしょうか。

突然告白されて、「面食らった」人も、いるかもしれません。

一方で、「面食らった」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「面食らった」という言葉の意味を紹介します。

  • 「面食らった」の読み方
  • 「面食らった」の意味
  • 「面食らった」の語源

「面食らった」の読み方

「面食らった」「めんくらった」と読みます。

「面」「めん」「食らった」「くらった」と読みます。

これを機会に、「面食らった」「めんくらった」と読みましょう。

「面食らった」の意味

「面食らった」という言葉の意味を紹介します。

「面食らった」には、「突然のことに慌てふためいた」という意味があります。

また「狼狽した」という意味もあります。

突然告白されて「面食らった」という場合は、突然の告白に対して心の準備ができていないため、慌てふためいたという意味があります。

「面食らった」の語源

「面食らった」には、どのような語源があるでしょうか。

「面食らった」の元になる「面食らう」は、「橡麺棒を食らう」を略したものとされています。

「橡麺棒」「橡の実を使って麺を作る時に使う麺棒」という意味があります。

橡の実を練り込んだ生地は固まるのが早いため、急いで麺棒を振るう必要があります。

そこで「狼狽する」という意味がある「とちめく」「橡麺棒を慌てて振るう様子」を混ぜて、「橡麺棒を食らう」「狼狽する」という意味を付けたとされています。



「面食らった」を使った例文や短文など

「面食らった」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「面食らった」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「面食らった」を使った例文1
  • 「面食らった」を使った例文2

「面食らった」を使った例文1

「急にビンタされて、『面食らった』」

この例文のように誰かにいきなりビンタされたら、狼狽するのではないでしょうか。

相手にはあなたをビンタする理由があったのかもしれませんし、人違いかもしれません。

あるいは、何かしらの誤解があった可能性もあります。

いずれにせよ、誰かに突然暴力を振るわれた時は、頭にくるよりも先に、「面食らう」のではないでしょうか。

「面食らった」を使った例文2

「会社が倒産し、『面食らった』」

この例文に登場する会社は、社員に経営状態が悪いことを隠していたため、会社が倒産した時に、社員が驚いたのかもしれません。

または経営状態が悪くても、倒産するほど悪いとは思っていなかったのかもしれません。

このような不測の事態が起こった時に、「面食らった」という言葉を使います。

「面食らった」の類語や類似表現や似た言葉

「面食らった」の類語や類似表現を紹介します。

「面食らった」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「びっくりする」
  • 「泡を食う」

「びっくりする」

「びっくりする」には、「意外なことに驚く様子」という意味があります。

例えば後ろから声を掛けられた時、予測していない時は驚いて、「びっくりする」のではないでしょうか。

「泡を食う」

「泡を食う」には、「驚き慌てる」という意味があります。

そのため「泡を食って逃げ出す」には、「驚き慌てて逃げ出す」という意味があります。

例えば子供は大人に大声で怒鳴られたら、驚き慌てるため、「泡を食う」と表現できるでしょう。



icon まとめ

「面食らった」という言葉について見てきました。

みなさんが驚き慌てた時や、周囲の人が驚いたり慌てたりしている時に、「面食らった」という言葉を使ってみましょう。