意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「脳裏をかすめる」とは?意味や類語!表現の使い方

「脳裏をかすめる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「脳裏をかすめる」という言葉を使った例文や、「脳裏をかすめる」の類語を紹介して行きます。

脳裏をかすめる

Meaning-Book
「脳裏をかすめる」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「脳裏をかすめる」とは?
  • 「脳裏をかすめる」を使った例文や短文など
  • 「脳裏をかすめる」の類語や類似表現や似た言葉


「脳裏をかすめる」とは?

「脳裏をかすめる」という言葉を知っているでしょうか。

焼肉を食べに行く前に、「ダイエット」という文字が、「脳裏をかすめた」という経験があるかもしれません。

一方で、「脳裏をかすめる」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「脳裏をかすめる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「脳裏をかすめる」の読み方
  • 「脳裏をかすめる」の意味

「脳裏をかすめる」の読み方

「脳裏をかすめる」「のうりをかすめる」と読みます。

「脳裏」「のうり」と読みます。

「のううら」などと読み間違えると恥ずかしいため、気を付けましょう。

これを機会に、「脳裏をかすめる」「のうりをかすめる」と読みましょう。

「脳裏をかすめる」の意味

「脳裏をかすめる」には、どのような意味があるでしょうか。

「脳裏をかすめる」には、「ほんの短い間、ある考えが頭をよぎること」という意味があります。

火花のように、パチッとある考えが浮かぶ時、「脳裏をかすめる」と言います。

例えば焼肉を食べに行く前に「ダイエット」という文字が浮かんだのは、「ダイエット中のため、焼肉は食べない方がいいのでは」という考えが、一瞬浮かんだのかもしれません。

このように「脳裏をかすめる」には、「ほんの短い間、ある考えが頭をよぎること」という意味があります。



「脳裏をかすめる」を使った例文や短文など

続いて「脳裏をかすめる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「脳裏をかすめる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「脳裏をかすめる」を使った例文1
  • 「脳裏をかすめる」を使った例文2

「脳裏をかすめる」を使った例文1

「つり橋を渡る時、『落ちたら死ぬかもしれない』という考えが、『脳裏をかすめる』」

この例文のように、危険な場所に行くと、様々な思いが、短い間にいくつも浮かぶかもしれません。

「死ぬかも」「怖い」「帰りたい」など、様々な思いが湧きあがるのではないでしょうか。

「脳裏をかすめる」を使った例文2

「プレゼン前に『失敗したらどうしよう』という思いが『脳裏をかすめる』」

この例文のように、プレゼンなどの大切な舞台の前に、ネガティブな思いが浮かんでくるかもしれません。

ほんの短い時間でも、そのような考えに、衝撃を受けるかもしれません。

悪い考えが「脳裏をかすめる」時は、深呼吸をして落ち着いてから、大切な舞台に立ちましょう。

「脳裏をかすめる」の類語や類似表現や似た言葉

「脳裏をかすめる」の類語や類似表現を紹介します。

「脳裏をかすめる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ちらっと考える」【ちらっとかんがえる】
  • 「一瞬思う」【いっしゅんおもう】

「ちらっと考える」【ちらっとかんがえる】

「ちらっと考える」には、「すこしだけ考える」「ほんの少し、考えが脳裏に浮かぶ」という意味があります。

浮気をする時に、「彼女に悪いかもしれない」と少し考えた時、「彼女に悪いと、ちらっと考えた」という文章にできます。

「一瞬思う」【いっしゅんおもう】

「一瞬思う」には、「ほんの短い時間、考える」「とても短い時間だけ、思いが浮かぶ」という意味があります。

例えば、友達だと思っている男性と並んで歩いている時に、ほんの短い時間だけ、「好きかも」と感じるかもしれません。

このような時、「男友達を、好きかもと、一瞬思う」という文章にできます。



icon まとめ

「脳裏をかすめる」という言葉について見てきました。

みなさんも、短い時間にある考えを持つことがあるかもしれません。

そのような時に、「脳裏をかすめる」という言葉を使ってみましょう。

「脳裏をかすめる」言葉を、客観的に見ると、瞑想のような効果があるかもしれません。