意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「露程も思っていない」とは?意味や類語!

「露程も思っていない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「露程も思っていない」という言葉を使った例文や、「露程も思っていない」の類語を紹介して行きます。

露程も思っていない

Meaning-Book
「露程も思っていない」とは?意味や類語!>


目次

  • 「露程も思っていない」とは?
  • 「露程も思っていない」を使った例文や短文など
  • 「露程も思っていない」の類語や類似表現や似た言葉


「露程も思っていない」とは?

「露程も思っていない」という言葉を知っているでしょうか。

誰かに好きと言われたものの、自分は相手のことを好きだと、「露程も思っていない」という経験があるかもしれません。

一方で、「露程も思っていない」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「露程も思っていない」という言葉の意味を紹介します。

  • 「露程も思っていない」の読み方
  • 「露程も思っていない」の意味

「露程も思っていない」の読み方

「露程も思っていない」「つゆほどもおもっていない」と読みます。

「露程」「つゆほど」と読みます。

「ろてい」などと読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に「露程も思っていない」「つゆほどもおもっていない」と読みましょう。

「露程も思っていない」の意味

「露程も思っていない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「露程」には「少しも」「ちっとも」という意味があります。

「露」は、「はかなく、すぐに消える」「とても小さい」という意味がある言葉のためです。

また「露程」の後には、打消しの言葉が来るというルールがあります。

そのため「露程も思っていない」には、「少しも思っていない」「ちっとも思っていない」という意味があります。

相手のことを好きだと「露程も思っていない」という場合は、「相手のことを、少しも好きだと思っていない」という意味があります。



「露程も思っていない」を使った例文や短文など

次に「露程も思っていない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「露程も思っていない」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「露程も思っていない」を使った例文1
  • 「露程も思っていない」を使った例文2

「露程も思っていない」を使った例文1

「この仕事が自分に向いているとは、『露程も思っていない』」

この例文のように、感じながら仕事をしている人もいるかもしれません。

自分には向いていない、ちっとも仕事が楽しくないという人は、仕事が自分に向いていると「露程も思っていない」のではないでしょうか。

しかし、仕事を続けているうちに、仕事が楽しいと感じたり、自分に向いているかもしれないと思うことがあります。

まず始めてみたり、試しに続けて見ることも大切かもしれません。

「露程も思っていない」を使った例文2

「A君のことをダメな人だとは、『露程も思っていない』」

この例文に登場するA君は、自分のことをすぐに「ダメだ」と言う、卑屈なタイプなのかもしれません。

しかし、周囲の人からすれば、それほどダメな人だとは感じていない可能性があります。

自己肯定感がない人は、周囲の人の意見を聞いて、自己評価を変えてみてはいかがでしょうか。

「露程も思っていない」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「露程も思っていない」の類語や類似表現を紹介します。

「露程も思っていない」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「露知らず」
  • 「露命」

「露知らず」

「露知らず」には、「全く知らない」「少しも知らない」という意味があります。

「そんなこととは、露知らず」という言葉には、「そんなことになっているとは、少しも知らなかった」という意味があります。

「露命」

「露命」「ろめい」と読みます。

「露命」には「露のようにはかない命」という意味があります。



icon まとめ

「露程も思っていない」という言葉について見てきました。

みなさんも「全く思っていない」「少しも思っていない」と感じた時に、「露程も思っていない」という言葉を使ってみましょう。