意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恩義を感じる」とは?意味や類語!表現の使い方!

皆さんは「恩義を感じる」という言葉を普段の生活の場面や仕事をしている中で、そのように思ったり、実際に口に出して使ったことがあるでしょうか?

何気なく使っているような言葉かもしれませんが、改めて考えてみると、意外に意味が分からないこともあるかもしれません。

そこで今回は、この「恩義を感じる」について見ていくことにします。

Meaning-Book
「恩義を感じる」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「恩義を感じる」とは?意味
  • 「恩義を感じる」の表現の使い方
  • 「恩義を感じる」を分解して解釈
  • 「恩義を感じる」の英語と解釈
  • 「恩義を感じる」を使った例文と意味を解釈


「恩義を感じる」とは?意味

「恩義を感じる」とは、「自分に対する他人の行いに感謝すること」「ありがたく思うこと」という意味がある表現です。

  • 「恩義を感じる」の読み方

「恩義を感じる」の読み方

「恩義を感じる」「おんぎをかんじる」という読み方になりますが、「恩義」という言葉を覚えておけば、困ることはないでしょう。



「恩義を感じる」の表現の使い方

「恩義を感じる」場面としては、他人から優しくしてもらったり、配慮してもらった時に使われることになります。

特に自分が困った時に支援してくれた人に対して「恩義を感じる」を使われることが多いですね。

「恩義を感じる」を分解して解釈

では、この言葉を「恩義」「感じる」という2つの言葉に分けて解釈してみましょう。

  • 「恩義」
  • 「感じる」

「恩義」

「恩義」とは「報いるべき義理がある」、あるいは「暖かい恩」という意味がある言葉で、人の思いやりのある対応や支援に感謝する場合に使われます。

「感じる」

「感じる」は、「しみじみと思い返すこと」という解釈ができます。

この他にも「痛みを感じる」「優しさを感じる」「苦しく感じる」など人の喜怒哀楽を表すものですが、「恩義を感じる」でも使われる言葉です。



「恩義を感じる」の英語と解釈

「恩義を感じる」を英語で表すと、“I feel my gratitude”という訳し方で表現することができます。

「恩義を感じる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「恩義を感じる」を使った例文を見て、具体的な活用シーンを解釈してみることにしましょう。

  • 「恩義を感じる」を使った例文1
  • 「恩義を感じる」を使った例文2

「恩義を感じる」を使った例文1

「僕はいくら感謝してもしきれないくらいに彼らに深い恩義を感じています」

どれだけの支援や応援を彼らにしてもらったのでしょうか?

人は誰かの支援や理解があってこそ、成長していくことができます。

この例文にあるように、彼らのおかげで今の自分があるということです。

いつまでも、この気持ちを持ち続けて欲しいですね。

「恩義を感じる」を使った例文2

「ここまで対応してあげた僕に少しは恩義を感じて欲しいな」

いつも心配して影で応援をしていた相手から感謝もなく、冷たい仕打ちをされたなら、こんなセリフも言いたくなるでしょう。

しかし、相手に「恩義を感じて」もらうことを期待してサポートすることもどうなのでしょうか?

時には無償の愛ということも必要かもしれません。

icon まとめ

「恩義を感じる」ことは、「人に感謝する気持ちを持つこと」でもあります。

人は、1人では生きていけない生き物だとよく言われるのですが、ちょっとしたことでも「恩義を感じる」気持ちはとても大切なことです。

この気持ちを忘れてしまっては、周りの人からソッポを向かれてしまうかもしれません。

日々感謝する気持ちが大切です。