意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未来を見据える」とは?意味や類語!対義語や表現の使い方!

これからどうなるかが読めない現代において「未来を見据える」という言葉は非常に重要かつ重みのある言葉とされています。

しかし正しく意味を理解していない・使いこなしていないという人も多い言葉であり、どのような言葉か紹介してきます。

Meaning-Book
「未来を見据える」とは?意味や類語!対義語や表現の使い方!>


目次

  • 「未来を見据える」とは?意味
  • 「未来を見据える」の表現の使い方
  • 「未来を見据える」を分解して解釈
  • 「未来を見据える」の英語と解釈
  • 「未来を見据える」を使った例文と意味を解釈
  • 「未来を見据える」の類語や言い換え


「未来を見据える」とは?意味

「未来を見据える」という言葉は未来を想定する・見極めるといった意味を持ちます。

「見据える」という言葉は対象をじっと見つめる・注視するといった意味に加え物事の本質を見抜くといった意味も持ちます。

「未来を見据える」においては後者が適応し、その対象は未来となります。

そのため未来をしっかりと見つめてどうなっていくかを考える事を意味します。

  • 「未来を見据える」の読み方と使う世代について

「未来を見据える」の読み方と使う世代について

「未来を見据える」という言葉は「みらいをみすえる」と読みます。

言葉自体は広い世代で知られており、使う機会も多いです。

しかし多くは若年層よりも中高年世代に使われます。

「未来を見据える」という言葉は深いレベルで考える・分析するためただ将来を考える・今後を想定するのではなくより深く落とし込んで熟考することを表しています。

そのため自然と精神年齢が高い人が使ったり、若い世代に対してアドバイス・指導として用いられる機会が多いため自然と中高年世代に多く用いられます。



「未来を見据える」の表現の使い方

「未来を見据える」という言葉の使い方として自身やその周りの将来展開・コンゴと一体未来を深く考える際に用いられます。

しかしその他にも世の中がこれからどう展開していくかといった規模の大きいことに対しても適応します。

「未来を見据える」を分解して解釈

「未来を見据える」という言葉は大きく分けて「未来」「見据える」の二つに分解することができ、それぞれが合わさることで意味を成します。

それぞれどのような意味・解釈になるか紹介します。

  • 「未来」
  • 「見据える」

「未来」

「未来」はこれから・先を表す意味ですが、ここでは直近ではなく遠い未来を意味しています。

後に「見据える」と続くことからもこれからどうなるか安易に読むことが出来ない遠い未来を表しています。

「見据える」

「見据える」という言葉は見つめることで対象の本質を見極める・見定めることを意味し、その対象は「未来」です。

しかし「未来」はどれだけ見据えても確定できるものではありません。

そのため「見据える」うえで必要な経験・情報・資料などを集め、そこから分析・想定・予測するという意味合いとなります。



「未来を見据える」の英語と解釈

「未来を見据える」という言葉は非常に重要な言葉であり、英語でも様々な役で表現されています。

実際にどのように表現されるか紹介していきます。

“look ahead to”

ここでの“ahead”は前に出る・進むという意味ではなく「将来・未来へ向けて」といった意味を持ちます。

それに見ることを表す“look”が合わさることで未来・将来を見ると意味し、「未来を見据える」と解釈されます。

「未来を見据える」を使った例文と意味を解釈

「未来を見据える」という言葉は効くことも使うこともありますが正しい使い方を知らない人も多いです。

実際にどのように用いるか紹介していきます。

  • 「未来を見据える」を使った例文1
  • 「未来を見据える」を使った例文2

「未来を見据える」を使った例文1

「これからはどれだけ未来を見据えることが出来るかで将来が決まるよ」

この場合、今後どう生きていくか・将来どうなるかは「未来を見据える」ことが出来るかどうかで左右されると表しており、予測・想定の重要性・必要性を伝えています。

「未来を見据える」を使った例文2

「親に『未来を見据えるためにも勉強の幅を広げたい』と伝えた」

この場合、子供が親に対してより勉強をしたいとお願いしています。

しかしそれは勉強することでこれからの未来に備える・考える力を養うためとしています。

「未来を見据える」の類語や言い換え

「未来を見据える」という言葉は様々な場面で適応し、類語や言い換えた表現も存在します。

どのような言葉があるか紹介します。

  • 「今後をにらむ」
  • 「先行きを考える」

「今後をにらむ」

「にらむ」とは強い視線を送ることですが、この場合では「今後」という読めない・見えないものを見ようとするため視線が強くなることを意味します。

しかし実際に見るわけではないため、未来・将来を深く考えることの比喩表現となります。

「先行きを考える」

「先行き」とはこれからどう展開していくか・どう事が進んでいくかということを表しています。

それを「考える」と続くため類語に分類されます。

しかし「未来を見据える」と違い、感がれる程度・深さのレベルは違いがあり、浅く考える場合もあります。

icon まとめ

「未来を見据える」という言葉は先が読めない現代において非常に重要な言葉です。

また今後を考えて行動・生活していかないと生きていくうえで支障が出ることもあるため、より多くの人に必要な言葉でもあり、正しく理解して使うことが求められます。