意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怒涛の如く」とは?意味や類語!表現の使い方!

「怒濤の如く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「怒濤の如く」という言葉を使った例文や、「怒濤の如く」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「怒涛の如く」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「怒濤の如く」とは?
  • 「怒濤の如く」を使った例文や短文など
  • 「怒濤の如く」の類語や類似表現や似た言葉


「怒濤の如く」とは?

「怒濤の如く」という言葉を知っているでしょうか。

サッカーを見ている時、「怒濤の如く攻撃する」チームを見たことがあるかもしれません。

一方で、「怒濤の如く」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「怒濤の如く」という言葉の意味を紹介します。

  • 「怒濤の如く」の読み方
  • 「怒濤の如く」の意味

「怒濤の如く」の読み方

「怒濤の如く」は読み方が難しい漢字ではないでしょうか。

「怒濤の如く」「どとうのごとく」と読みます。

「怒濤」「どとう」「如く」「ごとく」と読みます。

これを機会に「怒濤の如く」「どとうのごとく」と読むことを覚えおきましょう。

「怒濤の如く」の意味

「怒濤の如く」には、どのような意味があるでしょうか。

「怒濤の如く」には、「極めて激しい様子」「荒れ狂っている大波のように、規模や勢いの程度がすごい様子」という意味があります。

「怒濤」には「荒れ狂う波」「激しい波」という意味があり、「如く」には「○○のように」という意味があります。

「怒濤の如く攻撃する」には、激しい大波のように、攻めるという意味があります。

サッカーチームのイレブンが、一気に敵陣に駆けあがり、敵チームが呑み込まれるよに点を取られてしまうような時に、「怒濤の如く」という言葉を使います。



「怒濤の如く」を使った例文や短文など

「怒濤の如く」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「怒濤の如く」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「怒濤の如く」を使った例文1
  • 「怒濤の如く」を使った例文2

「怒濤の如く」を使った例文1

「騎馬隊が『怒濤の如く』相手陣内に迫る」

この例文は、戦国時代の合戦の一部を切り取ったものです。

大きな波が敵の兵を飲み込むような勢いで進む時、「怒濤の如く迫る」などという言葉を使います。

騎馬隊が進む迫力を、「怒濤」と表現するしかないような時に使います。

「怒濤の如く」を使った例文2

「怒った彼女が『怒濤の如く』彼氏しにしゃべり始めた」

この例文は、カップルのケンカの場面を文章にしたものです。

初めは彼氏が適当な言い訳をして彼女を言いくるめようとしていたものの、彼女が怒り、反撃を食らっている場面です。

押し寄せる波のような勢いで、彼氏のしたことを攻撃し始めると、彼氏は黙って聞く他ないでしょう。

「怒濤の如く」の類語や類似表現や似た言葉

「怒濤の如く」の類語や類似表現を紹介します。

「怒濤の如く」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「疾風怒濤」【しっぷうどとう】
  • 「爆発的に」【ばくはつてきに】
  • 「ドラスティックに」【どらすてぃっくに】

「疾風怒濤」【しっぷうどとう】

「怒濤」は、「怒濤の如く」と同様に、「荒れ狂う波」という意味があります。

「疾風」には、「激しい風」という意味があるため、「疾風怒濤」には、「激しい風と荒れ狂う波」という意味があります。

「爆発的に」【ばくはつてきに】

「爆発的に」には、「物事が激しい勢いで起こる様子」「急激に広がる様子」という意味があります。

「爆発的にヒットする」という言葉には、音楽や作品が、急激に広がって行く様子という意味があります。

「ドラスティックに」【どらすてぃっくに】

「ドラスティック」というカタカナ語には、「社会の変化や政策などが、徹底的で、過激な様子」という意味があります。

「ドラスティックな改革」という場合は、徹底的な改革という意味があります。



icon まとめ

「怒濤の如く」という言葉について見てきました。

みなさんも激しい波のように、誰かを攻撃したり、迫っている様子を見た時に、「怒濤の如く」という言葉を使ってみましょう。