意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「抜きん出る」とは?意味や使い方!例文や解釈

「抜きん出る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「抜きん出る」という言葉を使った例文や、「抜きん出る」の類語を紹介して行きます。

抜きん出る

Meaning-Book
「抜きん出る」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「抜きん出る」とは?
  • 「抜きん出る」の使い方
  • 「抜きん出る」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「抜きん出る」を使った例文や短文など
  • 「抜きん出る方法」


「抜きん出る」とは?

「抜きん出る」という言葉を知っているでしょうか。

「職場で抜きんでる存在だね」などと、「抜きん出る」を使った経験がある人もいるかもしれません。

一方で、「抜きん出る」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「抜きん出る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「抜きん出る」の読み方
  • 「抜きん出る」の意味

「抜きん出る」の読み方

「抜きん出る」「ぬきんでる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「抜きん出る」「ぬきんでる」と読みましょう。

「抜きん出る」の意味

「抜きん出る」の意味を紹介します。

「抜きん出る」には、「周囲の物よりも突き出ているいる「他と比べて突出している」という意味があります。

例えば、アルプスの中で、ひときわ高く突き出ている山を見て、「あの山は、抜きん出ている」などと言います。

また人に対しても、「抜きん出る」という言葉を使います。

「抜きん出る」は、「大勢いるなかでいい意味で抜きん出ている」という意味があります。

先ほどの、「職場で抜きんでる存在」と呼ばれる人は、職場にいる、大勢の社員の中で、特に優れた存在の人という意味になります。



「抜きん出る」の使い方

「抜きん出る」という言葉の使い方を紹介します。

「抜きん出る」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

  • 「抜きん出た存在」【ぬきんでたそんざい】
  • 「ライバルに抜きん出る」【らいばるにぬきんでる】

「抜きん出た存在」【ぬきんでたそんざい】

「抜きん出た存在」は、大勢の中で目立った存在、特に優れた存在と言う意味があります。

例えば会社の中に、一人だけ別世界にいるような、優れた人がいる時、「彼は抜きん出た存在だし」などと言われます。

すでに同期社員などとは、大きく差が開いた、将来が約束されたような存在に対して使います。

「ライバルに抜きん出る」【らいばるにぬきんでる】

「ライバルに抜きん出る」には、「ライバルに差をつけて、特に優れた人になる」という意味があります。

逆に言えば、このようなセリフを口にしている時は、まだライバルと差がない状態と言えます。

どうすれば、「ライバルに抜きん出られるか」を考えて、実行して行く必要があります。

「抜きん出る」の類語や類似表現や似た言葉

「抜きん出る」の類語や類似表現を紹介します。

「抜きん出る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ずば抜ける」【ずばぬける】
  • 「図抜ける」【ずぬける】
  • 「頭一つ抜け出る」【あたまひとつぬけでる】

「ずば抜ける」【ずばぬける】

「ずば抜ける」には、「他の物や普通の物よりも、程度が優れている」という意味があります。

たくさんの中で、群を抜いて優れている人や、人並み外れて優れている人に対して、「ずば抜ける」という言葉を使います。

徒競走で圧倒的な差をつけて一位になるような人は、走力が「ずば抜けている」と言えるでしょう。

「図抜ける」【ずぬける】

「図抜ける」「ずば抜ける」と同じような意味があります。

「多くの物の中で特に際立っている」「並はずれている」存在に対して、「図抜ける」という言葉を使います。

「頭一つ抜け出る」【あたまひとつぬけでる】

「頭一つ抜け出る」には、「たくさんの人が競い合うような環境で、スキルや能力などが、他を引き離すように卓越していること」という意味があります。

ライバル関係にある社員の中で、能力やスキルが卓越している存在に対して使います。

ある年までは、ライバル同士切磋琢磨していた人も、ぐっと力を付けて、「頭一つ抜け出る」ことができるかもしれません。



「抜きん出る」を使った例文や短文など

「抜きん出る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「抜きん出る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「抜きん出る」を使った例文1
  • 「抜きん出る」を使った例文2

「抜きん出る」を使った例文1

「みんなから『抜きん出る』ために、資格取得を狙う」

ライバル社員に差を付けられない人が、資格取得することで、他の社員との差別化をはかろうとしているのが、この文章になります。

他の能力が同等の場合は、一つの資格により、「抜き出られる」可能性はあります。

「抜きん出る」を使った例文2

「恋のライバルから『抜き出る』ため、指輪を買った」

この例文のように、たくさんの恋のライバルから彼女を勝ち取るために、高価なプレゼントを購入する人もいるかもしれません。

恋のライバルがたくさんいる時点で、彼女はモテる存在なのでしょう。

このようなモテる女性を彼女にするためには、普通の恋愛よりも努力が必要になるかもしれません。

「抜きん出る方法」

最後にビジネスシーンで「抜きん出る方法」を紹介します。

ライバルに差をつけて、頭一つ抜け出るためには、どのようなことをすればいいでしょうか。

  • 「抜きん出た人から学ぶ」【ぬきんでたひとからまなぶ】
  • 「基本を身に付ける」【きほんをみにつける】
  • 「小さな達成を積み重ねる」【ちいさなたっせいをつみかさねる】

「抜きん出た人から学ぶ」【ぬきんでたひとからまなぶ】

自分の目標になるような、すでに「抜きん出た人」から、そうなるための方法を学んでみましょう。

どのようなライフスタイルを送っているか、他の社員とどのように接しているか、コミュニケーションの方法なども探ってみましょう。

まねできる部分を身に付けていけば、ライバルに少しずつ差を付けられるかもしれません。

「基本を身に付ける」【きほんをみにつける】

「抜きん出る」ために、まず基本を身に付ける方法があります。

仕事はできるが、敬語が使えないなど、弱点が目立つと、どれだけ頑張っても評価されない可能性があるためです。

最低限の基本をすべて身に付けたうえで、強みを生かして行きましょう。

「小さな達成を積み重ねる」【ちいさなたっせいをつみかさねる】

いきなり「抜きん出た人」になるのが難しい場合は、小さな目標を作り、それを達成することをおすすめします。

1つずつ、メモリを上げるよう、達成して行けば、気が付けば10の高みに到達できます。

自分ができることを、少しずつ増やして行けば、いずれ「抜きん出た人」になれるかもしれません。

気が付いていたら「抜き出でていた」というのが理想かもしれません。

icon まとめ

「抜きん出る」という言葉について見てきました。

みなさんも、「抜きん出る」ために、何かと努力を重ねているかもしれません。

まずは身近にいる「抜きん出た人」を良く見て、自分に取り入れられることを取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。