意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「笑いのツボが浅い」とは?使い方や例文!言い換えや表現の使い方(meaning)

「笑いのツボが浅い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「笑いのツボが浅い人」の特徴や、長所や短所を紹介して行きます。

さらに「笑いのツボが浅い」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「笑いのツボが浅い」とは?使い方や例文!言い換えや表現の使い方(meaning)>


目次

  • 「笑いのツボが浅い」とは?
  • 「笑いのツボが浅い人」の特徴
  • 「笑いのツボが浅い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「笑いのツボが浅い」を使った例文や短文など
  • 「笑いのツボが浅い」の長所と短所


「笑いのツボが浅い」とは?

「笑いのツボが浅い」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの周囲にも、「笑いのツボが浅い」と感じる人がいるかもしれません。

一方で、「笑いのツボが浅い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「笑いのツボが浅い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「笑いのツボが浅い」の意味
  • 「笑いのツボが浅い」の使い方

「笑いのツボが浅い」の意味

「笑いのツボが浅い」という言葉には、「すぐに笑う」「何かあったら笑う」という意味があります。

特におもしろいことを言っていないのに、すぐに笑ってしまうような人のことを、「笑いのツボが浅い」と言います。

もし漫才を見たら、ギャグを言う前の段階、漫才師の挨拶のシーンで大爆笑してしまうような人を、「笑いのツボが浅い」と言います。

「笑いのツボが浅い」の使い方

「笑いのツボが浅い」という言葉は、どのような使い方をすればいいでしょうか。

「笑いのツボが浅い」には「すぐに笑う」「何かあったら笑う」という意味があるため、何を見てもすぐに笑う人を見つけた時に使ってみましょう。

職場で、誰かが小さく転んだ時に、大爆笑する人がいるかもしれません。

またアイドルが軽く言ったジョークで大爆笑している人がいるかもしれません。

このような人を見た時に、「笑いのツボが浅い」と言ってみましょう。



「笑いのツボが浅い人」の特徴

「笑いのツボが浅い人」は、同じような特徴を持っています。

そこで「笑いのツボが浅い人」に共通する特徴を紹介します。

  • 「根が明るい」【ねがあかるい】
  • 「空気を読む」【くうきをよむ】
  • 「リズムに反応して笑う」【りずむにはんのうしてわらう】

「根が明るい」【ねがあかるい】

「笑いのツボが浅い人」の最大の特徴は、「根が明るい」ということです。

基本的にいつも笑顔で機嫌よく暮らしている人は、少しおもしろい出来事が起こっただけで、爆笑してしまいます。

逆に性格が暗い人は、笑う気持ちになるまで時間がかかります。

また心の中で笑っていても、表情に出るまでに時間がかかります。

普段から口角が上がっている根が明るい人は、すぐに笑えますが、表情筋を使ったことがないような暗いタイプの人は、なかなか笑えないでしょう。

「空気を読む」【くうきをよむ】

「笑いのツボが浅い人」は空気を読む傾向があります。

楽しげな空気に敏感に反応して、それだけで笑ってしまいます。

バラエティ番組を見ていると、「これはおもしろい場面です」と視聴者に感じさせるような合図を送るような効果音や字幕が出ることがあります。

空気を読む人は、このような制作側の意図をくみ取り、すぐに笑います。

「リズムに反応して笑う」【りずむにはんのうしてわらう】

「笑いのツボが浅い人」はリズムに反応して笑うという特徴があります。

例えば漫才には、漫才特有のリズムがあります。

「笑いのツボが浅い人」は、このリズムに反応して、例え内容はイマイチでも笑ってしまいます。

同じように、友達同士の会話のリズムが楽しくて笑ってしまう、真面目な場面でも不思議なリズムがあると笑ってしまうなど、何が面白いのか分からないような時に、笑ってしまう傾向があります。

「笑いのツボが浅い」の類語や類似表現や似た言葉

「笑いのツボが浅い」の類語や類似表現を紹介します。

「笑いのツボが浅い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「笑い上戸」【わらいじょうご】
  • 「笑顔が絶えない」【えがおがたえない】

「笑い上戸」【わらいじょうご】

「笑い上戸」「お酒を飲み酔った時に出る、大笑いする癖」のことです。

酔ったら素面の時と性格が変わる人がいますが、大笑いする癖がある人は、「笑い上戸」になります。

場が明るくなるため、酔った時の癖としては好かれやすく、飲み会に誘われやすい人になります。

「笑顔が絶えない」【えがおがたえない】

「笑顔が絶えない」には、「いつも笑顔のまま」という意味があります。

基本の表情が笑顔というタイプの人がいますが、このような人は「笑顔が絶えない」人と言われるでしょう。



「笑いのツボが浅い」を使った例文や短文など

次に「笑いのツボが浅い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「笑いのツボが浅い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「笑いのツボが浅い」を使った例文1
  • 「笑いのツボが浅い」を使った例文2

「笑いのツボが浅い」を使った例文1

「Aさんは『笑いのツボが浅い』ので、一緒にいて楽しい」

職場や学校のクラスに、Aさんのような「笑いのツボが浅い」人がいたら、場が楽しくなるでしょう。

いつも笑い声が絶えない、楽しい雰囲気の職場や学校になるため、みんなが一緒にいて欲しいと思うかもしれません。

「笑いのツボが浅い」を使った例文2

「彼女は『笑いのツボが浅い』ので、一緒にお笑い番組を見たくない」

この例文のように、お笑い好きな人からすると、「笑いのツボが浅い」人は、物足りない存在になるかもしれません。

「ここはまだ、笑うタイミングでない」と思うタイミングで先に笑われると、自分が笑えなくなってしまうためです。

「笑いのツボが浅い」の長所と短所

「笑いのツボが浅い」ことには、長所と短所があります。

最後に「笑いのツボが浅い」ことの長所と短所を紹介します。

  • 「笑いのツボが浅い長所」
  • 「笑いのツボが浅い短所」

「笑いのツボが浅い長所」

「笑いのツボが浅い」ことの長所は、一緒にいる人が楽しい気持ちになる点です。

少しのジョークで笑ってくれる人がいたら、誰でも楽しませたいと思います。

会話が楽しい職場は、素敵な職場になるため、「笑いのツボが浅い人」がいるだけで、職場の空気が華やぐでしょう。

「笑いのツボが浅い短所」

「笑いのツボが浅い」ことの短所は、「笑い」という文化に対して、深掘りできない点です。

素人の冗談で大笑いしている人は、お笑い芸人の漫才やコントを見る必要がなく、お笑い文化に触れる機会がないでしょう。

趣味として「お笑い」に触れにくい点が、「笑いのツボが浅い」ことの短所です。

またもし、「笑いのツボが浅い」人も、プロの芸人の芸をたくさん見ると、「笑いのツボが浅くなくなる」かもしれません。

icon まとめ

「笑いのツボが浅い」という言葉について見てきました。

「笑いのツボが浅い」ことには長所と短所がありますが、どちらかと言えば好かれるタイプの特徴です。

もしみなさんが「笑いのツボが浅い」タイプなら、そのままでいいのかもしれません。