意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優位を占める」とは?意味や類語!表現の使い方!

皆さんは「優位を占める」という表現を耳にして、どんなことを連想するでしょうか?

この言葉は、主にビジネスシーンで聞くことがありそうな言葉ですが、どんな意味か具体的に説明しようとすると、意外に難しいかもしれません。

そこで今回は、この「優位を占める」について触れて行きたいと思います。

Meaning-Book
「優位を占める」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「優位を占める」とは?意味
  • 「優位を占める」の表現の使い方
  • 「優位を占める」の英語と解釈
  • 「優位を占める」の類語や言い換え
  • 「優位を占める」を使った例文と意味を解釈


「優位を占める」とは?意味

「優位を占める」を解釈する前に2つの言葉に分解して解釈していると、「優位」とは、「位置や地位などが他より勝ること」を意味しています。

また、「占める」は、「そこを自分の勢力下に入れること」「我が物として得る」「占有する」という意味があります。

このことから「優位を占める」とは、「圧倒的に強く優れた立場で、他のものを圧倒すること」を言うことになります。



「優位を占める」の表現の使い方

「優位を占める」とは、大きな力で他のライバルや競争相手を席巻するような意味合いがあるために、ビジネス業界などで大きなシェアを持つ企業のことを指したり、スポーツの世界でも、1、2位を独占するような場面で使われることになります。

「優位を占める」の英語と解釈

「優位を占める」を英語で表現すると、“hold a dominant position”というイディオムで訳すことができます。



「優位を占める」の類語や言い換え

「優位を占める」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような類義語があるでしょうか?

いくつか似たような解釈の表現を挙げてみることにします。

  • 「優位に立つ」
  • 「優位な戦局」

「優位に立つ」

「優位に立つ」という表現が「優位を占める」に近い類義語として挙げられます。

「優位な立場にいる」「他と比べて、勝負に勝てる環境にいる」というような理解ができるでしょう。

「優位な戦局」

「優位な戦局」も近いニュアンスがありますが、「戦局」とは「戦いの流れ」を指しており、この流れが「自分が勝負に勝つ方向に向いている」ということになります。

勝負に勝つためには、流れを自分でコントロールできるようにできることがポイントなので、「優位な戦局」にすることが必勝パターンなのです。

「優位を占める」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「優位を占める」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「優位を占める」を使った例文1
  • 「優位を占める」を使った例文2

「優位を占める」を使った例文1

「今年の空手選手権では、日本勢が1、2位を獲得して優位を占めたのだ」

スポーツの世界ではよく出てくる表現ですが、空手のように日本のお家芸とも言われているものが、外国選手に圧倒されていることが少なくありません。

そのような環境で上位を日本勢で占めることは、大変難しいことです。

「優位を占める」を使った例文2

「我が同社は、インターネットで新たなネットビジネスを展開することで、スマホのアクセサリーの販売で市場の優位を占めるようになりました」

このような表現もビジネスシーンでよく目にすることです。

メーカーは、特定マーケットで「優位を占める」ために色々な施策を展開していきますが、インターネットを活用したビジネスモデルも、今や当たり前のこととなっています。

icon まとめ

「優位を占める」という言葉は、競争原理が働く場面では、色々なところで使うことができる言葉です。

何でも、勝つことが必須となる企業間の競争においては、2位、3位の同業他社と接戦するより、圧倒的なシェアを獲得して、「優位を占める」戦略を取ろうするはずです。

しかし、そのためには常日頃から市場のニーズを的確に把握して、タイムリーな対応し続けることが必要です。

それでも、「優位を占める」ことは、並大抵の努力ではなし得ないくらいに難しく大変なことです。