意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「再生時間」とは?意味や使い方!例文や解釈を紹介

「再生時間」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「再生時間」という言葉を使った例文や、「再生時間」の類語を紹介して行きます。

再生時間

Meaning-Book
「再生時間」とは?意味や使い方!例文や解釈を紹介>


目次

  • 「再生時間」とは?
  • 「再生」の意味
  • 「再生」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「再生時間」を使った例文や短文など
  • 「再生時間」の英語


「再生時間」とは?

「再生時間」という言葉を知っているでしょうか。

「動画の再生時間をチェックする」などと、「再生時間」という言葉を日常的に使っている人もいるかおしれません。

一方で、「再生時間」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「再生時間」という言葉の意味を紹介します。

  • 「再生時間」の読み方
  • 「再生時間」の意味

「再生時間」の読み方

「再生時間」「さいせいじかん」と読みます。

「再生」「さいせい」「時間」「じかん」と読みます。

難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「再生時間」「さいせいじかん」と読むようにしましょう。

「再生時間」の意味

「再生時間」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「再生時間」には、「動画や音楽データなどを、すべて視聴するためにかかる時間」という意味があります。

例えばAという動画の「再生時間」が10分と記されている時、動画を再生し、見終わるまで10分かかるという意味になります。

また「再生時間」には「動画や音楽データが再生された総時間数」という意味があります。

動画サイトには、ある動画がすべての人からどれだけ再生されたかを、見られるデータが発表されていることがあります。

動画の「再生時間」が長いほど、人気が高い動画だということが分かります。

分析用のデータとして使用されることも多くなっています。

また再生中の動画の位置を「再生時間」と呼ぶこともあります。

例えば10分の動画の、現在見ている場所が5分なら、「再生時間は5分」となります。



「再生」の意味

「再生時間」「再生」には、どのような意味があるでしょうか。

「再生」には大きく分けて3つの意味があるため、それぞれの意味を紹介して行きます。

  • 「再生産」の意味の「再生」
  • 「生まれ変わる」意味での「再生」
  • 「生き返る」という意味での「再生」

「再生産」の意味の「再生」

「再生」には、「廃物を利用して、使えるようにすること」という意味があります。

例えば、「廃物を再生する」という場合は、廃物を使えるようにするという意味があります。

また「再生紙」という言葉があります。

「再生紙」は、廃物を原料にして、紙として使えるようになったものです。

「生まれ変わる」意味での「再生」

「再生」には、「もう一度生まれ変わること」という意味があります。

例えばプロ野球界には、「野村再生工場」という言葉がありました。

他の球団で活躍できなかった選手が、野村監督に指揮されると、生まれ変わったように活躍するようになるためです。

選手たちは、プロ野球選手として、もう一度生まれ変わり、スター選手になっています。

「生き返る」という意味での「再生」

「再生」には、「生き返ること」という意味もあります。

「この世に再び、生まれ変わること」という意味があります。

また「生物の失われた部分が元通りになる」という意味もあります。

トカゲのしっぽが切り落とされた後、また元通りになることを、「しっぽが再生する」と言います。

このように、比喩ではなく、生き返ることを「再生」ということもあります。

「再生」の類語や類似表現や似た言葉

「再生」の類語や類似表現を紹介します。

「再生」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「息を吹き返す」
  • 「リバイバル」
  • 「生産」

「息を吹き返す」

「息を吹き返す」には、「再び呼吸する」という意味があります。

また「生き返る」という意味もあります。

溺れた人が、人工呼吸などの処置により再び呼吸することを「息を吹き返す」と言います。

また、仕事がうまくいっていなかった人が、再び軌道に乗り、復活することを、「息を吹き返す」と言うことがあります。

「リバイバル」

「リバイバル」には、「古いものや廃れたものの復活」という意味があります。

例えば昔ヒットした曲が、現代で再び注目された時、「リバイバルソング」などと呼ばれます。

「生産」

「生産」には、「物を作りだすこと」「生活に必要な物を作り出すこと」という意味があります。

「食品を生産する」「水を生産する」などという使われ方をします。



「再生時間」を使った例文や短文など

続いて「再生時間」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「再生時間」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「再生時間」を使った例文1
  • 「再生時間」を使った例文2

「再生時間」を使った例文1

「映画を見ようとしたが、『再生時間』が200分と知り、躊躇する」

この例文のように、面白そうと映画を再生しようとした時、「再生時間」が長すぎることを知り、躊躇した経験があるかもしれません。

映画は90分程度が心地よいと考えている人からすれば、200分はあまりにも長い「再生時間」と言えるでしょう。

一気に見られないと感じたら、二日に分けて見ようなどと、計画を練り直すかもしれません。

「再生時間」を使った例文2

「この動画は『再生時間』が長いから、きっと面白いだろう」

この例文のように、「総再生時間」が分かる時、視聴者数が多いことがわかります。

人気のある商品には、売れるだけの理由があると考えるように、「再生時間」が長い動画は、面白いのではないか、と考える人がいるでしょう。

少なくとも平均程度の「再生時間」があると見られる動画に絞って、動画を見るようにしている人も多いかもしれません。

このように「再生時間」が長い動画を見ると、なぜ「総再生時間」が長いのか、それなりの理由をみつけられるかもしれません。

「再生時間」の英語

再生時間 meaning in english

「再生時間」を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「再生時間」は英語で、“play time”(プレイタイム)になります。

英文の中に「再生時間」という言葉を入れたい時は、“play time”という言葉を使ってみましょう。

icon まとめ

「再生時間」という言葉について見てきました。

映画などの動画や、音楽データを聞く時に、「再生時間」という言葉を目にするでしょう。

「再生時間」という言葉にはいくつかの意味があるため、状況に応じて使い分けてみましょう。

また「再生時間」に使われている「再生」の意味や使い方も知っておきましょう。