意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生産」の意味とは?「生産」と「製造」の違い・英語・対義語・類語

仕事をする環境の中では毎日出てくるような言葉として、「生産」という言葉があります。

日々、オフィスや工場でも出てくる用語でもあるので、改めて意味を調べるようなことがないかと思いますが、今回はこの言葉について解説していくことにします。

Meaning-Book
「生産」の意味とは?「生産」と「製造」の違い・英語・対義語・類語>


目次

  • 「生産」の意味とは?
  • 「生産」の読み方
  • 「生産」の英語(解釈)
  • 「生産」の対義語
  • 「生産」の言葉の使い方
  • 「生産」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「生産」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「生産」の類語や類義表現
  • 「生産」と「製造」の違い


「生産」の意味とは?

「生産」とは、「自然の物質を加工して生活やビジネスで必要になったり、消費するものを作り出すことや、効果を上げることや増やすこと」という意味を持つ言葉です。



「生産」の読み方

「生産」「せいさん」という読み方になりますが、職場などでは当たり前のように出てくる言葉なので、読み方については、困る場面はあまりないと思われます。

「生産」の英語(解釈)

「生産」を英語で表現すると、“production”という言葉で訳すことができ、動詞形の「生産する」となると“product”という言葉を使うことになります。



「生産」の対義語

「ものを作る」という意味を持つ「生産」の対義語としては、「消費」という言葉になります。

意味は「お金やもの、労力などを活用して失くすこと」ということを指しており、まさに「生産」と対をなす言葉と言えます。

「生産」の言葉の使い方

「生産」は、企業において、製品を作ることや、作業を行う時の効率を高めるようなケースでよく使われています。

「生産」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

ビジネスシーンでは「生産」という言葉を含んだ用語が頻繁に出てきます。

ので、それらの言葉の意味を解釈していくことにします。

  • 「生産技術」
  • 「生産性」
  • 「生産管理」
  • 「生産活動」

「生産技術」

「生産技術」とは、「色々な部品や自然なものから製品などを作っていく上で必要なに、設計段階から始まり生産工程の間で、高い品質と効率性を目的とた方法を1つの工程として設計する技術」という意味があります。

メーカーは自社の業績を上げるためには、この「生産技術」が要になってきます。

「生産性」

「生産性」とは、「生産の活動に必要な労働や資本などのリソース(資源)を活用して資いかに付加価値の高い成果を産み出すかの効率のレベルのこと」を言っています。

一定の資源や材料、部品などから、どれだけの付加価値や製品を作り出せるかが、「生産性」の基本的な考え方なのですが、限られたリソースを最大限に活用することも「生産性」の捉え方の1つとなっています。

「生産管理」

「生産管理」は、「事業計画や販売計画に基づき計画される生産計画、組織計画まで含んだ総合的な管理活動のこと」を指しています。

「生産活動」

「生産活動」とは、「生産計画や生産管理に基づき、実施される活動のこと」という意味があります。

特にメーカーの工場においては、「付加価値の創造」「生産活動」と言い換えることができます。

「生産活動」を実施することで、製品やサービスを作り出すことが、具体的な「価値の創造」となります。

「生産」を使った例文や短文など(意味を解釈)

では、ここで「生産」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「生産」を使った例文1
  • 「生産」を使った例文2

「生産」を使った例文1

「生産計画に基づき最大の付加価値を生み出すためには、生産設備のプログラムを綿密に検討して組み込む必要がある」

企業でもものを作るメーカーでは、部材の仕入計画も含めた「生産計画」が重要なことになりますが、「生産設備」を円滑に稼働させて最大の効果を生み出すために、設備のプログラムを綿密に検討することも重要なことです。

「生産」を使った例文2

「現代社会のビジネスでは、限られた人的資源・時間・機器などを最大限に活用して最大の付加価値を生み出すように生産性を高める必要がある」

昔の企業とは事なり、今の企業の労働環境は、「生産効率」を高めることが求められています。

このことは工場の「生産効率」だけでなく、オフィスの「生産性向上」を含まれています。

「生産」の類語や類義表現

「生産」という言葉と同じような解釈ができる類義語として、他にどのような言葉があるでしょうか?

  • 「生成」
  • 「作り上げる」

「生成」

「生成」という言葉が「生産」の類義語として挙げられますが、「何かを生み出す行為や過程」という意味があります。

その一方で人が介在する活動で「生み出す」他に、化学反応などの作用で新たな物質が作り出される場合でも、「生成」が出てくることもあります。

「作り上げる」

「作り上げる」という表現も「生産」の類義語となるでしょう。

意味としては、「人工のものあるいは自然の物質から組み立てられる」ということになりますが、日常的な会話の中でもよく使われる言葉でもあるので、個人レベルの会話どあれば、「生産」よりも平易な言い方かもしれません。

「生産」と「製造」の違い

「生産」とよく比較される言葉に「製造」という言葉が引き合いに出されますが、この2つの言葉には、どんな違いがあるでしょうか? 「生産」は、身近な観点からすると「生活に必要なものを作ること」と言えるでしょう。

農作物のように自然に手を加えて生活に必要な物資の原料となるものを作ることから、それをさらに加工して生活物資を作り出すことまでを含んだ解釈ができるでしょう。

時として、形のないサービスの類いも「生産」が当てはまることがあります。

これに対して、「製造」は、「生産の中で原料を加工して作ること」という意味があり、機械製品、IT機器などを作るイメージがあります。

「生産」という言葉には、「自然の物質から原料となる素材を抽出する段階から始まり、それら原料に物資を作ること」という広い範囲での解釈になりますが、「製造」は、原料を加工して製品を生み出す部分に絞られた言葉であることから、「製造」「生産」の一部と言えると思います。

icon まとめ

「生産」という言葉は、ビジネスの場面でよく使われる言葉だけに、もの作りだけでなく、作業の効率性を高める場面でも使われる言葉です。

今のビジネス環境は、ワークスタイルの変化で大きく様変わりをしてきていますので、昔のように夜遅くまで残業をして仕事を片付けるのではなく、限られた時間や資源をフル動員して、自分に与えられた仕事をしっかりと完了させなければなりません。

そのような時にも「生産」という言葉が重要なキーワードになってくるのです。