意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワンオフ」とは?意味や類語!

「ワンオフ」とは、「ある目的のためだけに製作された専用品・一点もの」です。

「ワンオフ」「意味・使い方・ワンオフを使った言葉・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

ワンオフ

Meaning-Book
「ワンオフ」とは?意味や類語!>


目次

  • 「ワンオフ」とは?意味
  • 「ワンオフ」の表現の使い方
  • 「ワンオフ」を使った言葉と意味を解釈
  • 「ワンオフ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「ワンオフ」の類語や言い換え
  • 「ワンオフ」の英語と解釈


「ワンオフ」とは?意味

“one-off”(ワンオフ)という言葉は、「ある目的のためだけに製作された専用品」「顧客のオーダー(注文)を受けて作られた一点もの」を意味しています。

「ワンオフ」というのは、「その場で一回限りのものとして製造された一点ものの商品」「大量生産ではない受注生産の専用品」のことを意味しているのです。

例えば、「個性的なバイクのカスタマイズをしたいのであれば、やはりワンオフパーツを使った方が良いでしょう」などの文章において、「ワンオフ」の典型的な意味を示せます。



「ワンオフ」の表現の使い方

「ワンオフ」の表現の使い方は、「特定の目的・顧客のためだけに製作された専用品」を指して使うという使い方になります。

あるいは、「ワンオフ」の表現は「顧客のオーダー(注文)を受けてからオーダーメイドで作られた一点もの」を指示して使われます。

例えば、「こだわりがあるので、ワンオフの部品をオーダーすることにしました」「ワンオフであれば、細かい部分まで注文することができます」などの文章で、「ワンオフ」という言葉を正しく使用することができます。

「ワンオフ」を使った言葉と意味を解釈

「ワンオフ」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「ワンオフパーツ」
  • 「ワンオフ仕様」

「ワンオフパーツ」

「ワンオフパーツ」というのは、「特定の顧客のオーダー(注文)によって作られた専用のパーツ(部品)」「業者がハンドメイド・一点ものとして販売している専用パーツ」を意味する言葉です。

「ワンオフパーツ」という言葉は、自動車やバイクのカスタマイズなどに使用される「受注生産の一点もの」「特定の顧客のためだけに製造された専用品」を意味しているのです。

例えば、「ワンオフパーツで組み立てれば、自分好みの車の外観を作り上げることができます」などの文章で使われます。

「ワンオフ仕様」

「ワンオフ仕様」という言葉は、「大量生産ではなく、ハンドメイド(手作り)や一点もので作られた希少性のある仕様」を意味しています。

「ワンオフ仕様」というのは、「特定の目的・顧客のために製造された一度限りの仕様・形式」を意味していて、「ワンオフ仕様」になるとその希少価値から通常のモデルよりも価格が高くなってきます。



「ワンオフ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「ワンオフ」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「ワンオフ」を使った例文1
  • 「ワンオフ」を使った例文2

「ワンオフ」を使った例文1

「細かい部分にまで自分の好み・趣味を活かしたいのであれば、ワンオフでオーダー(注文)した方が満足できると思います」

この「ワンオフ」を使った例文は、「細かい部分にまで自分の好み・趣味を活かしたいのであれば、自分の好み・希望を細かく伝えた一点もの(受注生産)でオーダー(注文)した方が満足できると思う」ということを意味しています。

「ワンオフ」を使った例文2

「マイナーな車種をカスタムする時には、どうしてもワンオフのパーツを注文する必要性が出てきます」

この「ワンオフ」を使った例文は、「マイナーな車種をカスタム(改造)する時には、どうしても特定の車種・目的のためだけに製造した専用品のパーツを注文する必要性が出てくる」ということを意味しています。

「ワンオフ」の類語や言い換え

「ワンオフ」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「一点もの・一回限りの製品」
  • 「受注生産・オーダーメイド」
  • 「特注品・専用品」

「一点もの・一回限りの製品」

「ワンオフ」の類語・言い換えとして、「一点もの・一回限りの製品」があります。

「ワンオフ」というのは、「特定の目的や顧客のためだけに製作された一点ものの製品」「注文を受けて生産した一回限りの製品」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「ワンオフ」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「一点もの・一回限りの製品」を上げることができるのです。

「受注生産・オーダーメイド」

「ワンオフ」の類語・言い換えとして、「受注生産(じゅちゅうせいさん)・オーダーメイド」があります。

「ワンオフ」というのは、「特定の顧客から注文(オーダー)を受けて生産する一点ものの製品」「オーダーメイドの製品」のことを意味しています。

“order-made”(オーダーメイド)という言葉の意味は、「注文を受けて製造すること・注文を受けて製造したもの」になります。

それらの意味から、「ワンオフ」の言葉は「受注生産・オーダーメイド」という言葉に言い換えることができるのです。

「特注品・専用品」

「ワンオフ」の類語・言い換えとして、「特注品(とくちゅうひん)・専用品(せんようひん)」があります。

「ワンオフ」という言葉は、「大量生産の量産品ではなくて、特定の顧客の注文を受けて製造される特注品」のことを意味しています。

「ワンオフ」というのは、「特定の目的や顧客のために製造された専用品・受注品」のことを意味しているのです。

それらの意味合いから、「ワンオフ」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「特注品・専用品」を上げることができます。

「ワンオフ」の英語と解釈

ワンオフ meaning in english

「ワンオフ」という言葉は、“one-off”(一度限りの商品・一回限りの製品)や“one-of-a-kind”(大量生産ではない一点もの)などの英語で表現することができます。

  • “The nice muffler on this bike is expensive one-off parts.”

“The nice muffler on this bike is expensive one-off parts.”

この「ワンオフ」という言葉を使った英語の例文は、「このバイクの格好いいマフラーは、高価なワンオフパーツです」ということを意味しています。

icon まとめ

「ワンオフ」という言葉について徹底的に解説しましたが、「ワンオフ」には「ある目的のためだけに製作された専用品・一点もの」などの意味があります。

「ワンオフ」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「一点もの・一回限りの製品」「受注生産」「特注品・専用品」などがあります。

「ワンオフ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。