意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ただただ好き」とは?意味や類語・英語での表現の使い方!俗語

感情の表現の仕方は非常に様々であり、行動・態度意外に言葉もあります。

そして好きという気持ちは伝え方も大事であり多くの方が悩みます。

そんな表現の一つに「ただただ好き」という言葉がありますが、どういう意味でどう使われるか、紹介していきます。

Meaning-Book
「ただただ好き」とは?意味や類語・英語での表現の使い方!俗語>


目次

  • 「ただただ好き」とは?意味
  • 「ただただ好き」の表現の使い方・注意点
  • 「ただただ好き」の意味の英語
  • 「ただただ好き」の類語や言い換え
  • 「ただただ好き」を使った例文と意味を解釈


「ただただ好き」とは?意味

「ただただ好き」という言葉の意味として「好き」という感情を強調した意味となります。

そもそも「ただただ」という言葉の意味としてはひたすらに・もっぱら・とにかくといった意味で用いられる事が多く、対象となる事象しかないと解釈されます。

「ただただ好き」では「好き」という感情しかないと解釈されることからより「好き」を強調した言葉となります。



「ただただ好き」の表現の使い方・注意点

「ただただ好き」という言葉の使い方として「好き」の対象となる人や物・事象に対し、「好きという感情しかない」のような意味合いで用いることとなります。

しかし「好き」を強く強調した使い方・伝え方となるため多用すると言葉の信用を損ないかねません。

また人に対して用いる際、強く行為を持っていると思われる可能性が高いです。

そのため人間関係のトラブルにも発展する可能性もあるため、使い方・場面・頻度など注意が必要となります。

「ただただ好き」の意味の英語

「ただただ好き」という言葉の意味が適応・用いられる機会はたくさんあり、特に感情表現が豊かな国ではより増していきます。

実際に英語で表現した際にどのような訳になるか、紹介してい行きます。

  • “Just like”

“Just like”

“Just”「ちょうど」と訳されることが多いですが、ここでの“Just」には「他にはない・それだけ・まさに」といった意味で解釈されます。

そしてその対象は“like”となるため、「ただただ好き」と訳されます。

また「好き」“like”で表現されることが多いですが、その感情の程度によっては“love”も適応します。



「ただただ好き」の類語や言い換え

「ただただ好き」という言葉は感情をより強調した言葉のため、なかなか使う機会がない・使う自信がないといった人もいます。

そのため言い換えた表現や類語で伝えることもありますが、どのような表現になるか例を紹介していきます。

  • 「もっぱら好き」
  • 「首ったけ」

「もっぱら好き」

ここでの「もっぱら」とは漢字では「専ら」と書き、一途・のめり込むほど・そのことばかりといった意味となります。

そのため「好き」にしか意識がないという意味となり、「ただただ好き」の類語とされています。

「首ったけ」

この言葉の意味として、その対象となる事象に対して深くほれ込んでおり、夢中になっている状態を表す言葉です。

事象の多くは人とされており、惚れて盲目状態にあり、好き以外に何もない状態と解釈されることから類語となります。

「ただただ好き」を使った例文と意味を解釈

「ただただ好き」という言葉ですが実際に使う際にはどのように用いられるか、例文とその解釈を紹介していきます。

  • 「ただただ好き」を使った例文1
  • 「ただただ好き」を使った例文2

「ただただ好き」を使った例文1

「出会った時からあの人のことがただただ好きなんだ。それ以外は何もない」

ここでは「あの人」とされる人物に対して強い好意を抱いていることを表しています。

またそれも「出会った時から」とあることから一時的ではなく継続した感情であり、好き以外の感情が浮かばないと伝えています。

「ただただ好き」を使った例文2

「私はうまく気持ちを言葉で伝えられないから、告白の時はただただ好きと伝えた」

ここでは告白の際に語った言葉を伝えています。

感情表現がうまくないため、好きとしか言えない・好き以外の言葉がないといった意味合いで用いています。

icon まとめ

「ただただ好き」という言葉は好意を強く表現し伝える言葉です。

そのため使い方にも注意が必要ですが、うまく使いこなすことで円滑な関係性を築くことも可能です。