意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「待ち合わせ」とは?意味や使い方!例文や解釈

「待ち合わせ」の意味や使い方を紹介します。

さらに「待ち合わせ」を使った例文や、「待ち合わせ」におすすめの時間や場所を紹介して行きます。

Meaning-Book
「待ち合わせ」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「待ち合わせ」とは?
  • 「待ち合わせ」を使った例文や短文
  • 「待ち合わせ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「待ち合わせ」の何分前に着くべきか?
  • 「デートの待ち合わせ」おすすめの場所


「待ち合わせ」とは?

みなさんは「待ち合わせ」という言葉を知っているでしょうか。

ほとんどの人が、「待ち合わせ」をしたことがあるでしょう。

今回は改めて、「待ち合わせ」の意味や、「待ち合わせ」の使い方を紹介して行きます。

  • 「待ち合わせ」の意味
  • 「待ち合わせ」の使い方

「待ち合わせ」の意味

「待ち合わせ」には、どのような意味があるでしょうか。

「待ち合わせ」「待ち合わせる」のことで、「あらかじめ約束して、待ってさらに会うこと」という意味があります。

例えばAさんと「待ち合わせ」をする時は、Aさんとあらかじめ会う約束をして、場所を決めて待ち、会うことを言います。

そのため、約束無く会う時や、待たずに会う時は、「待ち合わせ」とは言わないため注意しましょう。

このように、「待ち合わせ」には、「あらかじめ約束して、待って、さらに会うこと」という意味があります。

「待ち合わせ」の使い方

「待ち合わせ」の使い方を紹介します。

ビジネスシーンでは、打ち合わせのために、仕事関係者と「待ち合わせ」をするかもしれません。

あらかじめアポイントを取り、約束の時間と場所を決めて、その場で待って会うことを「待ち合わせ」と言います。

例えば取引先にアポイントを取り、ホテルのロビーを待ち合わせ場所にして、翌日の午後1時に会うと決め、待つことを「待ち合わせ」と呼びます。

デートの「待ち合わせ」、友達と旅行のための「待ち合わせ」など、約束をして、日時と場所を決めて、待って会う時に、「待ち合わせ」という言葉を使ってみましょう。



「待ち合わせ」を使った例文や短文

次に、「待ち合わせ」を使った例文や短文を紹介します。

「待ち合わせ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「待ち合わせ」を使った例文1
  • 「待ち合わせ」を使った例文2

「待ち合わせ」を使った例文1

「駅前で『待ち合わせ』をし、スマホを見ながら友達を待つ」

この例文のような「待ち合わせ」は一般的でしょう。

特に友達など、気を使わない相手との待ち合わせに、駅前を選ぶケースは多くなります。

最近は誰でもスマホを持ち歩いているため、「○○駅」と決めておけば、駅に着いた後で連絡を取り合えます。

このように、気心が知れた相手との「待ち合わせ」風景を、切り取った例文になります。

「待ち合わせ」を使った例文2

「デートの『待ち合わせ』に遅れそうになり、全力で走る」

この例文のような経験をした人がいるかもしれません。

デートの約束の時間に遅れてしまうと、彼氏や彼女を不安にさせ、機嫌を損ねる可能性があります。

遅れないよう事前に目的地に着くよう、心掛けましょう。

「待ち合わせ」の類語や類似表現や似た言葉

次に「待ち合わせ」の類語や、類似表現を紹介します。

「待ち合わせ」と似た意味の言葉を紹介して行きます。

  • 「待ち伏せ」【まちぶせ】
  • 「乗り合わせる」【のりあわせる】

「待ち伏せ」【まちぶせ】

「待ち伏せ」は、「不意を突くために、隠れて待つ」という意味があります。

例えば戦国時代の武将の戦術として、敵が予想していない場所で待ち、不意を突いて攻撃する方法があります。

このような戦術は、現代風に言えば「待ち伏せ」になります。

「乗り合わせる」【のりあわせる】

「乗り合わせる」という言葉があります。

「乗り合わせる」には、「同じ乗り物で一緒になる」という意味があります。

例えば「電車で乗り合わせる」という場合は、同じ電車で一緒になるという意味があります。



「待ち合わせ」の何分前に着くべきか?

続いて「待ち合わせ」のマナーを知っておきましょう。

ビジネスシーンでの「待ち合わせ」、デートの場面での「待ち合わせ」の時に、約束時間の何分前に到着すべきでしょうか。

  • ビジネス編
  • デート編

ビジネス編

ビジネスシーンでの「待ち合わせ」は時間厳守が鉄則です。

そのため約束時間を守ることが大切になります。

その上で理想的なのが、「5分前」になります。

約束時間の5分前に、約束場所に到着するのがベストでしょう。

会社の受付を通して、約束の相手と会う場合は、受付時間を5分前に設定しましょう。

それよりも早いと、相手の予定を繰り上げさせる事態になるかもしれません。

仕事を終えて、スッキリした気持ちで「待ち合わせ」をしてもらうため、約束時間の5分前を基本にしましょう。

デート編

デートの時、約束の時間の何分前に着けばいいでしょうか。

デートの場合は、早い方が安心かもしれません。

そのため、約束時間の15分前から5分前までに約束の場所に着くと良いでしょう。

ただし、恋の駆け引きが必要な場合は別です。

約束の時間に少し遅れて、相手をドキドキさせたいと思う時は、約束の時間の5分後に約束場所に行ってみましょう。

その場合は、「遅れてごめん」と謝ること、さらに走って約束場所に行くなどの気配りが必要でしょう。

「デートの待ち合わせ」おすすめの場所

最後に「デートの待ち合わせ」でおすすめの場所を紹介します。

待ちやすく、楽しい場所、分かりやすい場所がおすすめです。

  • 「カフェ」【かふぇ】
  • 「本屋」【ほんや】
  • 「駅の改札」【えきのかいさつ】
  • 「ホテルのラウンジ」【ほてるのらうんじ】

「カフェ」【かふぇ】

オシャレなカフェなら、待っている時間が楽しくなります。

30分前にカフェに着き、読書を楽しみながらデートの時間を待つこともできます。

この場合は、「先にドリンクを頼んでもOK」という意思疎通をしておきましょう。

「本屋」【ほんや】

本屋で「待ち合わせ」をすると、時間をつぶすのが容易です。

またデートをするエリアの情報を、雑誌などで仕入れることもできおます。

「駅の改札」【えきのかいさつ】

いちばん分かりやすい「待ち合わせ」場所が、駅の改札になります。

ただし、大きすぎるターミナル駅などは避けると良いでしょう。

さらに「○○駅の、○○という改札」と、改札口の指定もしておきましょう。

「ホテルのラウンジ」【ほてるのらうんじ】

ホテルのラウンジは、静かで「待ち合わせ」がしやすい場所です。

ソファーの質も良く、待っていることが苦になりません。

大人っぽい二人の「待ち合わせ」場所にぴったりでしょう。

icon まとめ

「待ち合わせ」という言葉について見てきました。

みなさんも、「待ち合わせ」をした経験があるでしょう。

「待ち合わせ」のタイミングが相手の第一印象を決めることがあるため、行く時間、場所の設定には気を配りましょう。