意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「あまりにも」とは?意味や使い方!例文や解釈

「あまりにも」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「あまりにも」を使った言葉を紹介し、「あまりにも」の類語や、「あまりにも」を使った例文を紹介して行きます。

あまりにも

Meaning-Book
「あまりにも」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「あまりにも」とは?
  • 「あまりにも」を使った言葉
  • 「あまりにも」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「あまりにも」を使った例文や短文など


「あまりにも」とは?

みなさんは、「あまりにも」という言葉を知っているでしょうか。

「あまりにも悲しい」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「あまりにも」という言葉の意味を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「あまりにも」の意味を紹介します。

  • 「あまりにも」の漢字
  • 「あまりにも」の意味

「あまりにも」の漢字

「あまりにも」は、漢字表記できます。

「あまりにも」「余りにも」という漢字を使えます。

これを機会に「あまりにも」「余りにも」と書けることを知っておきましょう。

「あまりにも」の意味

「あまりにも」という言葉には、「普通の程度をひどく超して」という意味があります。

また「普通の程度をはるかに超える悪い物事」という意味もあります。

普通よりもはるかに程度が上のことに対して、悪い意味、良い意味で使えます。

例えば「あまりにも悲しい」という言葉には、「悲しみの度合いが、ふつうの程度をはるかに超えている」という意味があります。

「とても悲しい」「悲しすぎる」などの意味があります。

このように「あまりにも」には、「普通の程度をひどく超して」という意味があります。



「あまりにも」を使った言葉

次に「あまりにも」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「あまりにも」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「あまりにもひどい」
  • 「あまりにも辛い」
  • 「あまりにも変わった」
  • 「あまりにも親切」
  • 「あまりにも速い」
  • 「あまりにも強い」

「あまりにもひどい」

「あまりにもひどい」という言葉があります。

「あまりにもひどい」には、「普通の程度をひどく超えて、ひどい」という意味になります。

例えば、付き合っているカップルの片割れが浮気をしているだけで、普通にひどい状態ですが、三股や四股を掛けている場合、「あまりにもひどい」ということになります。

「あまりにも辛い」

「あまりにも辛い」という言葉を、口に出したことがあるかもしれません。

普通に「辛い」という程度をはるかに超えて、「辛すぎる」「半端じゃなく辛い」という時に、「あまりにも辛い」という言葉が出ます。

例えば一日残業するだけでも、翌日の体調が悪くなり「辛い」ですが、三日残業が続けば「あまりにも辛い」という言葉が出てきそうです。

「あまりにも変わった」

「あまりにも変わった」という言葉も良く使われます。

例えば結婚した二人が、この言葉を使うことがあります。

結婚前は優しかった女性が、結婚した直後、豹変するという話があります。

また結婚前は真面目に働いていた男性が、急に働かなくなることがあります。

このような時、パートナーを見て「変わりすぎ」という意味を込め、「あまりにも変わった」と言います。

「あまりにも親切」

「あまりにも親切」という言葉もあります。

「あまりにも親切」は、「親切過ぎて、度を越している」人に対して使われます。

友達の家に泊まりに行った時、食事だけでなく、お風呂や寝具まできちんと用意されていて、翌朝の朝食などもしっかり作ってもらえると、「あまりにも親切で、恐縮しちゃうよ」などという感想が湧いてくるでしょう。

「あまりにも速い」

「あまりにも速い」には、「速すぎる」「度を超えて速い」という意味があります。

インターハイに出場するような陸上選手と、学校の授業で一緒に走ったりすると、あまりの速さに驚くのではないでしょうか。

きっと「あまりにも速い」と言ってしまうでしょう。

「あまりにも強い」

「あまりにも強い」は、格闘技などを見ている時、口をついて出てくる言葉かもしれません。

ボクシングのタイトルマッチで、初回KOなどを見せつけられると、「あまりにも強い」と強すぎるボクサーを見て思うでしょう。

「あまりにも」の類語や類似表現や似た言葉

「あまりにも」という言葉の類語や、類似表現を紹介します。

「あまりにも」に似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「桁外れ」
  • 「過度」
  • 「とびきり」
  • 「スーパー」

「桁外れ」

「桁外れ」には「水準から、かけ離れていること」という意味があります。

「桁外れに美味しい」という料理は、一般的な料理の水準から、かけ離れて美味しい料理という意味になります。

「とても美味しい」という意味があります。

「過度」

「過度」には、「程度を越していること」という意味があります。

「過度に緊張する」という時は、「普通の程度以上に緊張する」という意味があります。

「とびきり」

「とびきり」という言葉を使うことがあるかもしれません。

「とびきり」には、「ずば抜けていること」という意味があります。

例えば会社の中の異性で、ダントツに素敵な人がいる時、「とびきり素敵」と言います。

「スーパー」

「スーパー」には、「ずっと上の」「超」という意味があります。

「超楽しい」という言葉を、「スーパー楽しい」に言い換えられます。



「あまりにも」を使った例文や短文など

「あまりにも」という言葉を使った例文や短文を紹介して行きます。

「あまりにも」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「あまりにも」を使った例文1
  • 「あまりにも」を使った例文2

「あまりにも」を使った例文1

「仕事がうまく行って『あまりにも』嬉しい」

仕事が成功した時は、とても嬉しいものです。

しかも、自分の手柄で仕事が成功した時、自分が高く評価された時は、度を超えて嬉しいと感じるでしょう。

このような感情を「あまりにも嬉しい」と表現します。

「あまりにも」を使った例文2

「『あまりにも』切ない、ラブストーリー」

この例文のようなラブストーリーを、小説や映画などで目にしたことがあるかもしれません。

ラブストーリーはたいてい切ないものですが、涙が止まらないくらい度を超えて切ないラブストーリーがあるかもしれません。

このような小説や映画を見た時、「あまりにも切ない」と言いたくなるかもしれません。

icon まとめ

「あまりにも」という言葉について見てきました。

度を越えた感情を、人に対して伝えたい時に、「あまりにも」という言葉を使ってみましょう。