意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「招聘」とは?意味や類語!「招聘」と「招待」の違いとは?

「招聘」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「招聘」「招待」という、二つの言葉の違いを紹介して行きます。

さらに「招聘」を使った例文を紹介して行きます。

招聘

Meaning-Book
「招聘」とは?意味や類語!「招聘」と「招待」の違いとは?>


目次

  • 「招聘」とは?
  • 「招聘」を使った言葉と解釈
  • 「招聘」の類語や関連語
  • 「招聘」を使った短文など


「招聘」とは?

みなさんは「招聘」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「監督を招聘する」などという言葉を、スポーツニュースなどで聞いたことがあるかもしれません。

一方で、今回初めて「招聘」という言葉を聞いという人もいるでしょう。

そこで「招聘」の読み方と意味を紹介して行きます。

  • 「招聘」の読み方
  • 「招聘」の意味
  • 「招聘」と「招待」の違い

「招聘」の読み方

「招聘」の読み方を紹介します。

「招聘」「しょうへい」と読みます。

かなり難しい漢字のため、いきなり正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「招聘」「しょうへい」と読めるようにしましょう。

「招聘」の意味

「招聘」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「招聘」には、「礼を尽くして人を招くこと」という意味があります。

例えばプロ野球で、大物の監督に来てもらう時、礼を尽くして招くため「監督を招聘する」と言います。

このように、簡単には来てもらえないような人に対して、礼を尽くして招くことを「招聘」と言います。

「招聘」と「招待」の違い

「招聘」と似た意味の言葉に「招待」があります。

「招聘」「招待」という二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「招待」には、「客を招いてもてなすこと」という意味があります。

例えば「パーティに招待する」という時は、パーティに客を招いて、もてなすという意味になります。

パーティ会場ではホスト役の人が、来場してくれた人の面倒をあれこれ見ることになりますが、このような気遣いも含めて「招待」になります。

「招聘」には「もてなす」という意味がなく、その代わりに「礼を尽くして招く」という意味があります。

よりシリアスな場面で、一定の地位にいる人を招く時に、「招聘」を使います。

このように「招待」「招聘」には、意味の違いが見て取れます。



「招聘」を使った言葉と解釈

次に「招聘」という言葉を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「招聘」という言葉を使いやすくするような言葉を紹介して行きます。

「招聘者」

「招聘者」「しょうへいしゃ」と読みます。

「招聘者」は、「招聘する人」という意味があり、招きたいと思う人にお願いする人という意味になります。

例えば日本代表のメンバーを「招聘」するのは、代表監督になるかもしれません。

この場合は、代表監督が「招聘者」になります。

「招聘教授」

「招聘教授」という言葉もあります。

「招聘教授」「教授」は、大学で生徒を指導する立場の人です。

教授にも様々な種類があり、学部や学科の責任者のことを、「主任教授」と言います。

また、研究や教育に専念する教授職を「専任教授」と言います。

さらに、特別の目的があり、外部から「招聘」した教授を「招聘教授」と言います。

「招聘」の類語や関連語

「招聘」という言葉の類語や、関連語を紹介します。

「招聘」とよく似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「招請」
  • 「招致」
  • 「召集」
  • 「召喚」

「招請」

「招請」「しょうせい」と読みます。

「招請」には、「招き迎えること」という意味があります。

また「頼んできてもらうこと」という意味もあります。

「招聘」とよく似た言葉ですが、「招請」よりも「招聘」で招く人のほうが、やや格上という印象があります。

「招致」

「招致」は、「しょうち」と呼びます。

オリンピックが開催される都市を決める前に「招致活動」がありますが、その「招致」のことです。

「招致」には、「招いてきてもらうこと」という意味があります。

例えばオリンピック「招致」は、オリンピックを開催し、たくさんの人に来てもらうことを言います。

「召集」

「召集」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「召集」には、「召し集める」という意味があります。

国会議員などを集める時に、「召集」という言葉を使います。

「召喚」

「召喚」「しょうかん」と読み、「呼び出し」という意味があります。

裁判所など、官庁に誰かを呼び出す時に、「召喚」という言葉を使います。

さらにファンタジー作品などで、魔物や妖怪などを、離れた場所から手元に呼び寄せる時「召喚」という言葉を使うことがあります。

「魔物を召喚する」などという言葉を使います。



「招聘」を使った短文など

「招聘」という言葉を使った例文を紹介します。

「招聘」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「招聘」を使った例文1
  • 「招聘」を使った例文2

「招聘」を使った例文1

「大物メジャーリーガーを、東京のチームに『招聘』する」

この例文のように、現役の大物メジャーリーガーが、日本のプロ野球チームに来ることがあります。

また日本のプロ野球よりも、メジャーリーグの方がリーグとしての格が上で、そこで活躍する選手にはステータスがあるため、「招聘」という言葉を使います。

実際に日本で活躍できるかどうかは、バッティングスタイルや、投球スタイルなどにも違いがあり、来日する選手によって違います。

しかし、何となく日本に来る選手より、日本で一から学ぼうという姿勢がある選手の方が、成功しやすいと言われています。

「招聘」を使った例文2

「ヘッドハンティングして、IT系の技術者を『招聘』する」

みなさんの会社でも、この例文のようなシーンがあるかもしれません。

IT系の分野に対して苦手意識がある会社が、専門職を「招聘」して、他の企業に負けないようにします。

招かれた技術者は、給料や手当などが恵まれた環境で働けて、会社はIT系の分野が強くなるため、上手くいけばwin-winの関係になります。

しかし、成果が上がらない場合や、招かれた人が周囲の人間関係に溶け込めない時は、不幸な出会いになるかもしれません。

icon まとめ

「招聘」という言葉について見てきました。

みなさんの会社や学校に、「招聘」された社員や先生がいるかもしれません。

またみなさんも、いつか企業や学校から「招聘」されることになるかもしれません。

その時のため、「招聘」とは何かを知っておきましょう。