意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悠揚迫らざる態度」とは?意味や使い方や例文!

「悠揚迫らざる態度」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「悠揚迫らざる態度」を使った例文や短文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「悠揚迫らざる態度」とは?意味や使い方や例文!>


目次

  • 「悠揚迫らざる態度」とは?
  • 「悠揚迫らざる態度」の使い方
  • 「悠揚」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「悠揚迫らざる態度」を使った例文や短文など


「悠揚迫らざる態度」とは?

みなさんは「悠揚迫らざる態度」という言葉を知っているでしょうか。

「悠揚迫らざる態度」と聞いて、すぐに誰かの顔が浮かんだ人もいるでしょう。

それは、みなさんの上司だったり、友達かもしれません。

一方で、「悠揚迫らざる態度」という言葉を今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「悠揚迫らざる態度」という言葉の読み方と意味を紹介して行きます。

  • 「悠揚迫らざる態度」の読み方
  • 「悠揚迫らざる態度」の意味を紹介します。

「悠揚迫らざる態度」の読み方

「悠揚迫らざる態度」「ゆうようせまらざるたいど」と読みます。

「悠揚」「ゆうよう」「迫らざる」「せまらざる」「態度」「たいど」になります。

「悠揚」は比較的読むのが難しい言葉のため、読み間違えないように注意しましょう。

これを機会に、「悠揚迫らざる態度」を、「ゆうようせまらざるたいど」と読むよう、覚えておきましょう。

「悠揚迫らざる態度」の意味を紹介します。

「悠揚迫らざる態度」「悠揚」には、「物事にこだわらず、ゆったりとして落ち着いている様子」という意味があります。

「迫らざる」には「切羽詰まったところがない」「落ち着いている」などの意味があります。

そのため、「悠揚迫らざる態度」という言葉には、「物事に拘らず、切羽詰まったところがない、ゆったりとして落ち着いている様子」という意味があります。

身の回りに、いつもゆったりとして落ち着いた態度を取っている人や、物事にこだわらず、切羽詰まったところがない人がいるかもしれません。

そのような人は「悠揚迫らざる態度」の人だと言えるでしょう。



「悠揚迫らざる態度」の使い方

「悠揚迫らざる態度」という言葉の使い方を紹介します。

「悠揚迫らざる態度」には、物事に拘らず、切羽詰まったところがない、ゆったりとして落ち着いている様子という意味があります。

例えばビジネスシーンで、このような様子の人はいるでしょうか。

職場の上司に、このような人がいるかもしれません。

もしいたら、他の人に上司の様子を伝える時に、「上司は、悠揚迫らざる態度を取る人です」などと言ってみましょう。

学生時代の友達など、プライベートの知り合いに、このような態度を取る人がいるかもしれません。

他の友達と会わせたい時などに、「悠揚迫らざる態度を取る人だよ」などと伝えると、相手がどのような人か理解しやすいかもしれません。

「悠揚」の類語や類似表現や似た言葉

「悠揚迫らざる態度」に使われている「悠揚」の類語や似た意味の言葉を紹介します。

「悠揚」と同じような意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「泰然」【たいぜん】
  • 「自若」【じじゃく】
  • 「平静」【へいせい】
  • 「冷静」【れいせい】

「泰然」【たいぜん】

「泰然」には、「落ち着いていて、物事に動じない様子」という意味があります。

「泰然と物事にあたる」という場合は、何かをする時に、動じたりしない様子を意味します。

「自若」【じじゃく】

「自若」には、「いつもと同じように落ち着いていて、少しも慌てない様子」という意味があります。

例えば、「どのようなピンチがきても、彼は『自若』としている」という場合、ピンチが訪れても、彼はいつもと同じように落ち着いていて、少しも慌てないという意味になります。

「自若」「泰然」と合わさって、「泰然自若」という四文字熟語になることもあります。

「泰然自若」には、「落ち着いていて動じないこと」という意味があります。

「平静」【へいせい】

「平静」という言葉もあります。

「平静」には、「落ち着いていて慌てない様子」という意味があります。

「いつでも『平静』を保っている」という場合は、いつでも落ち着いていて慌てることがないという意味になります。

「冷静」【れいせい】

「冷静」は、比較的良く使われている言葉ではないでしょうか。

「冷静」には、「落ち着いていて、一時の感情に走らない様子」という意味があります。

例えば「冷静に判断する」という場合は、落ち着いて考えて判断し、一時の感情で物事決めない様子という意味があります。

「沈着」という、「落ち着いて物事に動じない様子」という言葉と合わせて、「冷静沈着」という四文字熟語になることもあります。



「悠揚迫らざる態度」を使った例文や短文など

次に「悠揚迫らざる態度」という言葉を使った、例文や短文を紹介します。

「悠揚迫らざる態度」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悠揚迫らざる態度」を使った例文1
  • 「悠揚迫らざる態度」を使った例文2

「悠揚迫らざる態度」を使った例文1

「プロジェクト失敗の危機でも、Aさんは『悠揚迫らざる態度』で切り抜けた」

この例文に登場するAさんのように、かなりのピンチでも動じることなく、落ち着いた物腰でことに当たれる人がいます。

Aさんの落ち着いた様子が、周囲の人に伝播して、グループ全体に落ち着きを与えます。

その結果、失敗の危機に陥っていたプロジェクトが成功裏に終わる可能性が高くなります。

グループに一人欲しい、有用な性格の持ち主は「悠揚迫らざる態度」を取れる人です。

「悠揚迫らざる態度」を使った例文2

「私の彼は『悠揚迫らざる態度』を取れる人だ」

この例文のように、自分の彼氏や友達に、「悠揚迫らざる態度」を取れる人がいるかもしれません。

友達などに、彼氏や親友を紹介する時、外見の特徴や学歴や勤めている会社を伝えるよりも、「悠揚迫らざる態度」を取れる人だと伝えた方が、人となりが伝わりやすいかもしれません。

かなりの魅力のため、他の部分がどうであっても、あまり関係ないと思えるほどでしょう。

もし男性が、彼女を作りたいと思った時は、「悠揚迫らざる態度」を取れるよう心がけると良いかもしれません。

このような頼りになる男性を嫌いになれる女性は少ないためです。

icon まとめ

「悠揚迫らざる態度」という言葉について見てきました。

みなさんの周囲に「悠揚迫らざる態度」を取れる人がいるでしょうか。

もしいたら、その人は周囲の人に慕われているのではないでしょうか。

このように「悠揚迫らざる態度」という特徴は、その人のかなりのストロングポイントになるかもしれません。