意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「電話をかける」とは?類語や敬語の言い換え!「電話をかける」と「電話をする」の違い

「電話をかける」とは、「電話機(携帯電話・スマホ)を操作して相手を呼び出すこと」です。

「電話をかける」「意味・電話をかけると電話をするの違い・例文と解釈・ビジネス敬語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

電話をかける

Meaning-Book
「電話をかける」とは?類語や敬語の言い換え!「電話をかける」と「電話をする」の違い>


目次

  • 「電話をかける」とは?
  • 「電話をかける」と「電話をする」の違い
  • 「電話をかける」を使った例文と意味を解釈
  • 「電話をかける」の英語(解釈)
  • 「電話をかける」のビジネス敬語での使い方
  • 「電話をかける」の類語


「電話をかける」とは?

「電話をかける」とは、「電話機(携帯電話・スマホ)を適切に操作して相手を呼び出すこと、相手の電話の呼び出し音を鳴らすこと」を意味する言葉です。

「電話をかける」ための操作は、電話機の形態・機能の変化によって変わってきています。

かつての黒電話のようなダイヤル式電話では、「ダイヤルを回す動作」によって電話をかけていました。

その後のプッシュ式電話では、「物理的なボタンを押す動作」によって電話をかけました。

スマホ以前の携帯電話(ガラケー)では、「物理的なボタンを押す動作」「電話帳から相手を選ぶ操作」によって電話をかけます。

スマホでは「タッチパネル上のボタンを押す動作」「電話帳から相手を選ぶ操作」で電話をかけることになります。



「電話をかける」と「電話をする」の違い

「電話をかける」「電話をする」の言葉は、どちらも「電話機(携帯電話・スマホ)で相手の電話番号を押したり選んだりして、相手を呼び出すこと」を意味しています。

「電話をかける」「電話をする」の言葉は基本的には同じ意味になりますが、「電話をかける」「電話をする」よりも少しクラシカル(古風)な言葉の使い方になります。

「電話をかける」の漢字表記は「電話を掛ける」であり、「電話機を操作して(ダイヤルを回して)相手を呼び出す」といった意味のニュアンスが残っています。

そのため、「電話をする」の方が現代では一般的な言い回しの語感があり、特にスマホ・携帯電話を利用した通話では「電話をかけます」よりも「電話をします」の言い方のほうが使用頻度が多い違いがあります。

また、「電話をかけています」という言葉は「電話で相手を呼び出していること」を意味しますが、「電話をしています」という言葉は「電話を使って相手と通話中であること」を意味するという違いもあります。

「電話をかける」を使った例文と意味を解釈

「電話をかける」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「電話をかける」を使った例文1
  • 「電話をかける」を使った例文2

「電話をかける」を使った例文1

「昨日の午後の約束していた時間に電話をかけましたが、友人は電話に出ませんでした」

この「電話をかける」を使った例文は、「昨日の午後の約束していた時間に電話を鳴らしてみましたが(電話で相手を呼び出してみましたが)、友人は電話に出なかった」ということを意味しています。

「電話をかける」を使った例文2

「電話をかける時には、相手が今何をしているのかを想像して、迷惑にならない時間を選んだ方が良いでしょう」

この「電話をかける」を使った例文は、「電話を操作して相手の電話の呼び出し音を鳴らす時には、相手が今何をしているのかを想像して、迷惑にならない時間を選んだ方が良いだろう」ということを意味しています。



「電話をかける」の英語(解釈)

「電話をかける」という言葉は、“phone”(電話をかける)や“make a phone call”(電話をかける・相手をコールで呼び出す)、“ring”(電話をかける・呼び出し音を鳴らす)、“dial”(電話機のダイアルを回す)などの英語で表現することができます。

  • “I made a phone call to my mother last night.”

“I made a phone call to my mother last night.”

この「電話をかける」という言葉を使った英語の例文は、「私は昨夜、母に電話をかけました」ということを意味しています。

同じ意味の例文として、“I phoned to my mother last night. “も上げることができます。

「電話をかける」のビジネス敬語での使い方

「電話をかける」という言葉のビジネス敬語での使い方について、説明していきます。

  • 電話を後日かける時の言い換え
  • 電話を後日かけてもらう時の言い換え

電話を後日かける時の言い換え

「後日、私(こちら)からお電話を差し上げますので、よろしくお願い致します」

この言い換えの文章が、「電話を自分から後日かける時」「ビジネス敬語」になります。

「電話をかける」ことをへりくだっていう謙譲語の敬語表現が、「電話を差し上げる」になります。

そのため、「電話をかける」のビジネス敬語の言い方は、「お電話を差し上げます」ということになります。

電話を後日かけてもらう時の言い換え

「恐縮ですが、後日、お電話を頂けませんでしょうか?」 この言い換えの文章が、「電話を相手から後日かけてもらう時」「ビジネス敬語」になります。

また、「恐縮ですが、後日、お電話を頂けませんでしょうか?」は、「恐れ入りますが、後日、ご連絡を頂けませんでしょうか?」という表現に言い換えても、同じ敬語の意味合いを伝えることができます。

「電話をかける」の類語

「電話をかける」の類語(シソーラス)について、分かりやすく解説していきます。

  • 「電話をする・TELする」
  • 「架電する」

「電話をする・TELする」

「電話をかける」の類語・言い換えとして、「電話をする・TELする(テルする)」があります。

「電話をかける」という言葉は、「電話をすること」を意味しています。

「電話をかける」ということを意味する、昔から使われている日常的な言い回しとして、「TELする(テルする)」があります。

これらの意味から、「電話をかける」の言葉は、類語(シソーラス)である「電話をする・TELする(テルする)」という言葉で言い換えることができます。

「架電する」

「電話をかける」の類語・言い換えとして、「架電する(かでんする)」があります。

「架電する」という言葉の意味は、「電話をかけること・電話をすること」になります。

「架電する」という言葉は畏まったニュアンスが強い言葉であり、一般的な話し言葉ではなく、「公文書・法律文書」などで使われる傾向があります。

「架電する」の意味合いから、「電話をかける」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として解釈することができます。

icon まとめ

「電話をかける」という言葉について徹底的に解説しましたが、「電話をかける」には「電話機(携帯電話・スマホ)を操作して相手を呼び出すこと」などの意味があります。

「電話をかける」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「電話をする・TELする」「架電する」などがあります。

「電話をかける」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。